プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:南紀・熊野詣での旅
~前回のあらすじ~

 お昼を食べた後、観光遊覧船乗り場に向かいます。
1009191152_DSC_1553

 ちょうどお昼休み中で、次の便まで少し時間が出来てしまいました。

 とりあえず足湯に浸かってのんびり~。
1009191159_DSC_1564

 そしてお祭りの最中。
1009191222_DSC_1588

 ・・・大黒天様だ^^;
1009191217_DSC_1575

 イコールといわれる大国主様とは相性の悪い私、距離を取り遠目に写真をとりつつ、

 紀の松島、遊覧船に乗船だ!
1009191256_DSC_1626




 1時ちょうど、出港です。
1009191300_DSC_1628

 紀の松島めぐり。
1009191300_DSC_1631

 まぐろ~
1009191301_DSC_1634

 大トロのにぎりが食べたかった・・・
1009191302_DSC_1637

 いや、実はbodaiで一貫くらい食べたいなと思っていたのですが・・・
1009191304_DSC_1640

 メニューに大トロってなかったんですよね^^;
1009191304_DSC_1645

 貧乏人の私でもがんばれば一貫くらいは食べられると思って楽しみにしていたのですが。
1009191305_DSC_1650

 残念ながら大トロを食すことは出来ませんでした。
1009191305_DSC_1652

 ちなみに紀の松島と呼ばれるこの辺り。
1009191306_DSC_1658

 紀伊の松島とたとえられる風光明媚な場所です。
1009191306_DSC_1659

 那智勝浦、海側のハイライトですね。
1009191306_DSC_1663

 岩と岩の間を越えていき~
1009191307_DSC_1672

 すぐ側には岩。
1009191307_DSC_1673

 こういう遊覧船に乗っているといつも思います。
1009191307_DSC_1675

 座礁しないだろうなと^^;
1009191307_DSC_1676

 この遊覧船でもう一つ見たかったことがあります。
1009191311_DSC_1686

 沿岸から一筋の白い線、那智大滝が見えるとのこと。
1009191314_DSC_1687

 あった!
1009191314_DSC_1688

 これは観光案内とかに載っていた情報ではありませんでした。
1009191315_DSC_1694

 記憶は定かではないのですが、司馬遼太郎の作品の一節だったか・・・
1009191316_DSC_1708

 テレビで見た時のナレーションの一節だったか。
1009191318_DSC_1711

 とにかく、見れたことがなによりうれしかったです。
1009191320_DSC_1715

 ホテル浦島の海岸側ですね。
1009191315_DSC_1697

 有名な洞窟温泉。
1009191315_DSC_1699

 そしてこの高台も全部ホテル浦島とか。
1009191316_DSC_1704

 埠頭から見えていた側の建物が一番安く、太平洋側、そして高台とどんどん宿泊料が高くなっていくそうで。
1009191321_DSC_1718

 でも食事はバイキングで一緒だし、内湯めぐりは差異なく回れますし。
1009191323_DSC_1726

 母が泊まったことがあるそうで、その時の感想を聞きました。
1009191325_DSC_1734

 お風呂に入るのにものすごい距離を移動しなければ行けないとのこと。
1009191326_DSC_1737

 とにかく沢山あり、いろんなお風呂があるとのこと。
1009191328_DSC_1748

 埠頭側というか町側だとものすごく安くて、ツアーだとだいたいそっち。
1009191329_DSC_1750

 だからリゾートホテルで激安ツアーが組めるので、チラシとかでは必ず案内が載っているとか。
1009191329_DSC_1752

 さらにもう一方の雄がホテル中の島w
1009191330_DSC_1755

 その裏にあるこれまた有名な露天風呂、らくだの湯。
1009191330_DSC_1757

 船でここまで来ます。
1009191330_DSC_1760

 てか他にも露天風呂がいろいろありましたが丸見えじゃん^^;
1009191331_DSC_1764

 ちなみにお年寄りばかりですので、楽しくはないですよ?w
1009191332_DSC_1770

 なんて言ってるうちに30分。
1009191333_DSC_1774

 1時36分、中間地点です。
1009191336_DSC_1775

 太地くじら浜公園に到着です。
1009191337_DSC_1776



 つづく~
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 和歌山 那智勝浦 紀の松島観光 紀の松島めぐり 紀の松島 くじら浜公園

コメント

Re: タイトルなし

SONOMIさん、いらっしゃいませ。
丸見えですわw
いちおう、見えないようにある程度壁も設置されているようですが、オーシャンビューが売りですから、かなり低いでしょうね。
まあ、皆さん入るのは夜でしょうしね、見えても大丈夫なんでしょう。
てか、夜のオーシャンビューって真っ暗で何も見えないんですけどね^^;

>こんな穏やかな海  東北の海も早く戻るといいですね
ほんとうに・・・
美しい町並みでしたからね。
何年先でも何十年先でも必ずまた、復興ツアーとして行きたいです。

Re: タイトルなし

あけぼうさん、いらっしゃいませ。
ほんと、大海原に出ると、それだけでドキドキしますよねw
しかし、どこの遊覧船に乗っても思うのですが抜群の操縦技術で感心してしまいます。
東尋坊の時には神業のように岩の間をすり抜けていきましたからね~。

ホテル浦島、やっぱりみな同じ感想なんですね。
安い部屋から高い部屋までピンキリで部屋があり、皆楽しめるっていいですよね。
船で渡る演出とかリゾートホテルとして、よく考えて努力してるなって伝わってきます。


丸見えですね 露天風呂
いいのかな・・・(笑)
それにしても 海はきれいですね
こんな穏やかな海  東北の海も早く戻るといいですね

わかります(; ・`д・´)
座礁したり沈没したらどうしようって考えますよねッ。
ましてや太平洋…。瀬戸内っ子には恐怖感が(笑)
それにしてもなんという奇遇wウチの母もホテル浦島に泊まって似たような事言ってましたよw

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ