プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:南紀・熊野詣での旅
~前回のあらすじ~

 さて、我がブログお約束の遊覧船です。
1009191300_DSC_1628

 今回の旅、二つ考えてた遊覧船のうちの一つです。
1009191304_DSC_1640

 紀の松島。
1009191306_DSC_1658

 宮城の松島で遊覧船に乗って以来一年ぶり。
1009191329_DSC_1750

 そういえば、松島の情報ってまったく入ってこないのですが心配です^^;
1009191332_DSC_1770




 太地町でいったん下船です。
1009191338_DSC_1777

 1時間後にまた船がやってくるということで、その間くじら公園を楽しむことにします。
1009191338_DSC_1778

 で、太地に上陸して最初に目に入ったのが巨大な船。
1009191338_DSC_1779

 ほんと、陸に上がった船って大きく見えますよね。
1009191339_DSC_1782

 実際に使用されていた捕鯨船第十一京丸です。
1009191339_DSC_1783

 中の見学は無理かな?
1009191339_DSC_1787

 呉の空飛ぶクジラですら中を見学できたのに・・・
1009191340_DSC_1789

 と思ったら反対側に入り口がありましたw
1009191349_DSC_1853

 てか、以前は有料だったのか^^;
1009191341_DSC_1792

 第一京丸からクジラ公園を眺めるとこんな感じ。
1009191341_DSC_1794

 ホテルも見えてるし、こんな所に泊まるのもいいかも。
1009191341_DSC_1795

 しかし、入り口にあった蛇に注意って^^;
1009191342_DSC_1798

 まあ、写真にはあまり写ってませんがけっこう人いましたし、蛇も出てこないでしょう。
1009191342_DSC_1799

 ・・・たぶん^^;
1009191342_DSC_1800

 一人タイタニックはもちろんやってません。
1009191342_DSC_1802

 ええ、やってません><
1009191342_DSC_1804

 いや、カップルで来てもやりませんってw
1009191342_DSC_1807

 そういえばこの近くには、物議を醸したドキュメンタリー映画、ザ・コーヴの舞台になった街もありますね。
1009191342_DSC_1808

 あの映画はイルカ猟のドキュメンタリー。
1009191343_DSC_1811

 ここはクジラ漁。
1009191343_DSC_1812

 クジラ漁に対して正しい認知を持ってほしいと作られた場所かなと思います。
1009191343_DSC_1818

 残念ながらどうも欧米の方々の多くは、他の国の食文化を認めたがらない部分があるようで・・・
1009191344_DSC_1820

 食文化だけでなく、文化そのものも受け入れがたい部分があるのかな~^^;
1009191344_DSC_1822

 お隣の韓国では犬を食しますよね。
1009191345_DSC_1824

 それも野蛮だそうで・・・
1009191345_DSC_1825

 クジラやイルカも賢いからかわいそうだそうです。
1009191345_DSC_1827

 そして食用として育てる家畜はいいそうです。
1009191346_DSC_1828

 同じ生き物では? と思うのですが、彼らにとっては違うようです。

 実際、私も犬は食べられないと思います。
1009191346_DSC_1829

 昆虫はタンパク質などたいへん栄養価が高く、食糧不足に陥った時に人類を救うといわれます。

 ・・・昆虫食べるくらいなら死んだ方がマシです。
1009191346_DSC_1831

 でも実際それを食べている人もいるわけで、自分が食べることが出来ないから相手の人格を否定するのもおかしいのではと思うのですが・・・

 というより、物心ついた時から昆虫食べている人にとってはそれは当たり前のことですし、生卵を食べる事が出来るのも私が子供の頃から当たり前のように食材として出されていたからに他なりません。
1009191346_DSC_1834

 そこを否定するなら、シイタケ食ってる人類皆敵ですw

 シイタケがかわいそうです!
1009191346_DSC_1835

 シイタケだって食べられるために生まれたわけではないのです!!

 シイタケ食べるの反対!
1009191346_DSC_1836

 ・・・いいな、今度食わされそうになったらこう言って逃げようw

 冗談はさておき、食とは文化です。
1009191346_DSC_1837

 人間のもっとも根幹に位置する文化。
1009191347_DSC_1841

 地域や風土、歴史が刻まれているものです。
1009191347_DSC_1842

 Mマークに代表されるファーストフード店が進出するとその国、その地域のコミュニティーや食文化が破壊されるといわれるのはご周知の通り。
1009191347_DSC_1845

 それでも、それもまた食文化の一つ。

 それを輸入して食文化が壊れるのは、外来種を輸入して固有の生態系が破壊されるのと同じ。
1009191347_DSC_1846

 これだけ人口が増え、世界中で食糧不足が叫ばれている昨今、工業製品たる加工食品を食べている今の世の中についても、それは致し方ないと思っています。
1009191348_DSC_1849

 私だってマック食べるしw

 工業製品として希薄生物を乱獲して食すのは言語道断ですが・・・ねぇ^^;
1009191349_DSC_1851

 ザ・コーヴや調査捕鯨のニュースを聞くとホント悲しい気分になります。

 捕鯨調査の妨害とかは別の問題でしょうけどね、たとえばお金が絡んでるとか、いろんな利権とかゴニョゴニョ・・・
1009191349_DSC_1854



 つづく~
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 和歌山 太地 くじら浜公園 捕鯨船資料館

コメント

Re: タイトルなし

SONOMIさん、いらっしゃいませ。
昨日、私もやっとニュースで松島の様子を見聞きしました。
あれほど大きな被害を出した地震と津波でしたが、その割に松島の被害は軽微でホッとしています。
名勝が地震の影響で崩落したりして、残念な部分もありますがもっと大事な事がいっぱいありますから。

シイタケは食べません!
小学校低学年の時の食育を施してくれた先生は恩人です。
ほかの嫌いなものだけはすべて食べられるようになりましたが、シイタケだけはおかげさまで一生食べないと思います。
給食の時間が終わってお昼休みも終わって掃除の時間が始まっても、シイタケが食べられず泣きながら教室でさらし者になったあの小一の時の事、一生忘れませんw

Re: タイトルなし

あけぼうさん、いらっしゃいませ。
まあ、あれに関してはいろんな利権が絡んでたりお金が動いてたりで、自然保護がどうの動物保護がどうのというのは建前ですからね~^^;
真剣に相手をするだけばからしいですよ・・・
宗教法人が必死で金儲けするのに近いものがあるだろうし。
まあ、ただ日本とかお隣の韓国とかはそういった食文化で偏見の目を向けられていて辛い思いをしているわけですから、少なくとも我々は相手に対して偏見を持つのをやめましょうって感じですね。
でも偏見を持たないのと実際に食べるのとは違います。
シイタケは敵!

先日テレビで松島を見ましたが・・・

こうして穏やかな景色を見ると平和を感じます
シイタケを食べるともっと平和になると思います
がんばってくださいv-413

まったくムカつきますよねぇ。鯨を肉のみならず、骨やヒゲまで余すところ無く使用し、その上、墓とか寺まで作って供養してきた日本人と比較して、おめーら油とったら捨ててただけダロ!って言いたいですよ~( ゚д゚)、ペッ
・・・しいたけは食べてくださいw いい大人なんだから。好き嫌い(・A・)イクナイ!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ