プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:南紀・熊野詣での旅
~前回のあらすじ~

 当時、実際に使用されていた捕鯨船、第十一京丸です。
1009191339_DSC_1782

 中に入って見学することが出来ます。
1009191341_DSC_1792

 さすがにあちらこちら錆て痛みが激しいですが、上から何度も再塗装を繰り返しているようです。
1009191342_DSC_1799

 ブリッジ、エンジンルームなども見学できます。
1009191346_DSC_1835

 展示スペースもあり、なかなか楽しむことが出来ました。
1009191344_DSC_1820




 捕鯨船の外に出ました。
1009191349_DSC_1856

 とりあえず蛇には遭遇しませんでしたw
1009191350_DSC_1859

 いや、遭遇しても困るんですけどね^^;
1009191350_DSC_1860

 じゃあ、クジラ館の方へ行ってみましょう。
1009191350_DSC_1861

 イルカもいるんだ。
1009191351_DSC_1863

 クジラはいるのかな?
1009191352_DSC_1865

 大きいからさすがにそれはないか^^;
1009191352_DSC_1866

 いろいろお店もあるみたいなんで、後で寄ってみましょうかね。
1009191352_DSC_1867

 さあ、クジラ館です。
1009191353_DSC_1869

 中に入るといきなりクジラの標本骨格が目に飛び込んできます。
1009191354_DSC_1871

 おっきいですね~。
1009191354_DSC_1875

 何が何だかよくわかりませんw
1009191355_DSC_1877

 おっと、こうなればわかりますね。
1009191355_DSC_1879

 捕鯨の様子をミニチュアで表してます。
1009191354_DSC_1874

 船で囲んで入り江に追い込むんですね。
1009191354_DSC_1873

 標本骨格。
1009191355_DSC_1881

 実物大の模型。
1009191355_DSC_1882

 クジラだけでなくイルカなんかもあります。
1009191355_DSC_1883

 なぜかダイオウイカもw
1009191357_DSC_1890

 こうしてみると意外とイルカも大きい。
1009191355_DSC_1884

 他にもホルマリン標本とか、
1009191356_DSC_1886

 クジラのひげとか・・・でけぇw
1009191356_DSC_1887

 太古のクジラ漁を再現。
1009191358_DSC_1892

 ホントに命がけですね。
1009191359_DSC_1896

 クジラも必死でしょうし。
1009191400_DSC_1899

 捕鯨の歴史とか。
1009191358_DSC_1893

 捕鯨船の歴史なんかも模型で年代別になっていました。
1009191359_DSC_1894

 模型大好き~♪
1009191400_DSC_1900

 でも安土城完成しましたし、当分何も作りたくないです><
1009191400_DSC_1901

 見てしまうと、また作りたくなりますけどね^^;
1009191401_DSC_1902

 一通り見てさらに上の階にあがると屋上に出てきました。
1009191401_DSC_1905

 捕鯨船の左下に私が乗ってきた観光船の桟橋があります。
1009191401_DSC_1903

 いい景色ですね。
1009191402_DSC_1907

 ふと下を見ると、イルカだ!
1009191402_DSC_1911

 こっちにも。
1009191402_DSC_1912

 後で見に行ってみましょうかね。
1009191402_DSC_1914

 と、その時館内放送が・・・
1009191403_DSC_1915

「これよりクジラショーを行います」
1009191404_DSC_1917

 なにー!
1009191404_DSC_1918

 イルカショーでなくて、クジラショーかよ。
1009191405_DSC_1919

 てか、クジラって芸をするんだ・・・


 つづく~

スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 和歌山 太地 くじら浜公園 太地町立くじらの博物館

コメント

Re: タイトルなし

あけぼうさん、いらっしゃいませ。
そういえば、子供の頃そんな絵本見たことありますね。

その夢、ぜひ成就を!
ブログでのレポート、待ってますw

くじらと、ダイオウイカの闘いを生で観戦するのが、
我輩の夢の一つであります!(`・ω・´)ゞ

Re: タイトルなし

SONOMIさん、おはようございます。
くじら、大きいですよね。
外から見た博物館、大きな建物だと思ったのですが中に入ると鯨の標本が大きくて狭く感じました。
模型はやっぱり見るのがいいですよね~。
お城の次はありませんって^^;
次の模型も決まっていませんって、てかやりませんってw

おはようございます
面白そうですね
くじらってこんなに大きいのですね~
標本を作るのも大変だったのでしょうね・・
イルカショーは見たことありますが
鯨ショー・・楽しみです
模型!お城の次は船?ちょっとどきどきしちゃいました
本当にお好きなのですね
ってか 次の模型・・もうプランがおありだったりして(笑)
続き 心待ちにしています

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ