プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:南紀・熊野詣での旅
~前回のあらすじ~

 三段壁でこの旅三杯目のかき氷を食べた後、移動開始。
1009201512_DSC_3138

 千畳敷にやってきました。
1009201534_DSC_3145

 ひたすら白い岩。
1009201535_DSC_3148

 そして海。
1009201540_DSC_3169

 のんびりと海を眺める人々。

 ゆったりとした時間が流れます。

 ちょっと不思議な雰囲気の場所でした。
1009201547_DSC_3194




 時間は4時です。
1009201557_P1700510

 夕日には微妙に早いです。
1009201557_P1700511

 てか・・・
1009201559_P1700516

 あれだけいい天気が続いているのに、なんで夕方になると雲が出るの?
1009201559_P1700517

 ねぇ、なんで?
1009201601_P1700521

 意地悪すぎる;;
1009201601_P1700523

 てな訳で夕日ポイントに到着です。
1009201602_P1700525

 どう考えても早すぎるんですけどね。
1009201602_DSC_3201

 てか、晴れてたってどう考えても夕日は撮れそうにありません。
1009201603_DSC_3203

 円月島です。
1009201604_DSC_3206

 中央にぽっかりと穴が空いているのがこの名の由来とか。
1009201604_DSC_3210

 正式名称は高島です。
1009201604_DSC_3212

 無理矢理夕日っぽく撮ってみましたw
1009201604_DSC_3214

 無理だ><
1009201605_DSC_3218

 ちなみに中央の橋の部分。
1009201605_DSC_3219

 耐震強度が確保されていないとのこと。
1009201605_DSC_3220

 てな訳で補強工事が開始されたと2011年3月下旬のニュースでやっておりました。
1009201605_DSC_3224

 その補強工事に関しては賛否両論あるでしょうが、実際に松島が震災により影響があったと知った今となっては、やはり親しまれた風景が無くなるのは寂しいことだと感じます。
1009201605_DSC_3226

 他にかける予算があるだろうといわれてしまえば、反論の余地はもちろんありませんが^^;
1009201606_DSC_3228

 しかし人の命、人々の生活を守ると同時にもう一つ。
1009201606_DSC_3229

 人の心を守るというのも、とても大事なことだと思うわけで・・・
1009201609_DSC_3231

 こういったことも、そんな些細な一つではないかと無責任に思ったりもします。
1009201609_DSC_3232

 まあいろいろ大事なことはあると思うのですが、
1009201609_DSC_3235

 今回の統一地方選挙、震災のどさくさに紛れてすっかり焦点をずらされてごまかされた気がしてなりませんが、それもまた止むを得ないのかもしれませんね。
1009201609_DSC_3241

 それにしても夕日撮りてー!
1009201608_P1700526

 って、無理な心の雄叫びを残しながら離脱。
1009201609_P1700529

 いい加減そろそろ、次の場所に向かわないとタイムアウトになってしまいます。
1009201611_P1700531

 てか、すでに宝物館はアウトだな、確実に^^;
1009201611_P1700533

 まあ、寄れるかどうか微妙だと思っていたのですから、寄れるだけマシですが。
1009201612_P1700534

 てな訳で次は神社です。
1009201612_P1700536

 ジンジャスキーと自称しながら、最近お寺とかが増えて神社率が急降下中の我がブログ。
1009201614_P1700540

 今回の旅で今までの分を取り返すくらい神社を回ったわけですが最後の〆も、もちろん神社!
1009201617_P1700544

 しかも源平合戦の時代に興味がある人間なら外すことの出来ない重要な場所です。
1009201621_P1700548

 ・・・とここで渋滞><
1009201632_P1700553

 かなり激しい渋滞です。
1009201644_P1700555

 どうやら皆さん、ここから高速に乗るための渋滞なようで。
1009201646_P1700557

 結果的に巻き込まれた形になってしまいました。
1009201648_P1700562

 とはいえ私もこの後、高速に乗るわけですが渋滞は覚悟しないと。
1009201650_P1700564

 阪和道は渋滞のメッカですし。
1009201652_P1700566

 それでも16時52分、最後の目的地に到着です!
1009201652_DSC_3243



 つづく~

スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 和歌山 白浜 円月島

コメント

Re: タイトルなし

あけぼうさん、またまたいらっしゃいませ。
もう30分待てば、もうちょっと赤かったかも・・・?
自然の物ですから自然に風化していく物はしかたがない。
それを人工的に維持していくのはおかしい。
なんて、昔は思っていた時期もありました。
でも、やっぱりそれは自然の景観を守ることではなくて、人の心を守るんだと今回のことでいろいろ気づかされました。
賛否両論はあるでしょうが、日常の風景が無くなったことに対する衝撃やつらさもあるでしょうが、地元の人々にとって誇りである名勝が消えてしまうというのも、同じくらい辛いことなのかもしれませんね。
てか、猿の惑星って・・・分かる自分が辛いw


Re: タイトルなし

SONOMIさん、いらっしゃいませ。
きれいな島でしょ。
夕日の名勝になっている場所です。
ちなみに高島、内の近所の地名にもありますよw
でも、やっぱりドラマチックな夕日を撮りたいですね。
次は闘鶏神社!
源平合戦ゆかりの地です~

もうちょっと赤ければ夕日に見えなくも無かった・・・かもしれないですね(;´∀`)
人の心を守る、それすごく大事だと思いますよ。
よく見慣れた光景が心のよりどころだったりしますもんね。
見逃しがちなところにスポットを当てられましたね。エライ!!
猿の惑星でも「ここは地球だった!ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!」って分かるの、
ラストの自由の女神像ですもん。
・・・あれ?なんか違うかw

美しい風景でしたね
穴がぽっかりと開いて そこから見る空も綺麗です
どこの海にも 高島って 言う名前あるのでしょうか
北海道にもあります
夕日は雲でかくれんぼでしたか  でもでもこれだけ茜色の風景に出会えればばっちりですよ!!
ジンジャスキー !! の本領発揮☆
渋滞の向こうに 素敵なジンジャレポが待っているのですね
v-411

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ