プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:南紀・熊野詣での旅
~前回のあらすじ~

 夕日スポット、円月島です。
1009201604_DSC_3206

 夜、円月島をシルエットに月を撮っても絵になりそうですね。
1009201604_DSC_3210

 今回は、あわよくば夕日をと思っていたわけですが、残念ながら分厚い雲。
1009201609_DSC_3235

 てかさ・・・

 この旅三日間、とてもいい天気だったのになんで夕方になったら雲が出てくるの?
1009201606_DSC_3228

 そこまで私に夕日を撮らせたくない?

 てか、最後に夕日を撮ったのは一体いつだ;;
1009201609_DSC_3241




 さて、今旅最後の目的地に到着です。
1009201652_DSC_3244

 意外と広い駐車場ですが有料でしたか^^;
1009201653_DSC_3245

 まあ、いいけど・・・
1009201653_DSC_3246

 実は今回、わざわざ白浜まで回ったのには理由があります。
1009201653_DSC_3247

 前回の和歌山の旅で実現で行くことが出来なかった場所。
1009201653_DSC_3248

 闘鶏神社!
1009201654_DSC_3252

 ここに行くためにわざわざ、紀伊半島海岸沿いを大回りしてきたのです!
1009201654_DSC_3253

 熊野別宮、熊野三山を参る時にはまずここによってお参りします。
1009201654_DSC_3254

 私の場合最後ですがw
1009201654_DSC_3255

 熊野三山がまとめて祀られているのでここで引き返す人もいたそうで^^;
1009201654_DSC_3256

 21代熊野別当、湛増は源平合戦で平家に付くか源氏に付くか迷っていたそうです。
1009201654_DSC_3257

 湛増は弁慶の父との伝承もあり、弁慶本人が説得のためにこの地を訪ねてきたとの伝説もあります。
1009201655_DSC_3259

 その時、湛増は赤と白の旗を付けた鶏を戦わせ白旗の勝利を見て源氏の見方を決意したそうで。
1009201655_DSC_3260

 その後、出陣した熊野水軍は大活躍で壇ノ浦での源氏勝利に貢献しました。
1009201655_DSC_3262

 義経物では必ず? 出てくるエピソードですよね。
1009201656_DSC_3265

 とまあ、そんな事情もありやっと念願かなった感じ。
1009201658_DSC_3268

 バシャバシャと写真を撮りまくっていると神主さん? に声をかけられました。
1009201658_DSC_3269

 私の車のナンバープレートを見ていたようでわざわざ遠くからよくお越しくださいましたといわれたのですが・・・
1009201658_DSC_3270

 岡山から和歌山ってあまり遠いってイメージがあるんですがね^^;
1009201658_DSC_3271

 さすがに岩手まで行った時は素で驚かれましたがw
1009201658_DSC_3272

 いや~、これから帰るんですよなんて話しをしていたら、
1009201659_DSC_3274

 すごい渋滞しますよとしっかり脅されました。
1009201659_DSC_3276

 残念ながら宝物館はすでに閉まっていましたし、神主さんも閉める準備をしていました。
1009201659_DSC_3278

 一度挨拶して車に戻ったのですが、これから長い渋滞につかまるというのはわかっていたので再び神社に。
1009201659_DSC_3279

 サービスエリアとかパーキングエリアによる事なんて絶対無理ですから今のうちにトイレをすませておきましょう。
1009201659_DSC_3280

 てなわけでトイレを探すのですが見つかりません。
1009201659_DSC_3282

 仕方なく、まだ閉まっていない社務所の中に入ってみました。
1009201657_DSC_3266

 それがこれ。
1009201657_DSC_3267

 けっこうしっかりした造りで宝物館なんかもこの中にあります。
1009201700_DSC_3284

 中に入ってすぐにトイレがあるのかと思ったら、矢印を発見するもけっこう建物の奥の方。
1009201700_DSC_3286

 電気は消されてるし、人の気配はないしなんだか不法侵入している気分になるし、ちょっと不気味だし・・・
1009201700_DSC_3287

 と、突然後ろから声をかけられました。
1009201701_DSC_3289

「あれ? どうしたんですか?」
1009201701_DSC_3291

 先ほどの神主さんです。
1009201701_DSC_3293

 心臓が口から飛び出るかと思うくらいびっくりしましたが、ここは冷静に冷静に、

「先長い渋滞が待っているだろうからトイレを借りようと思いまして^^;」
1009201702_DSC_3295

「ああ、トイレはこの奥ですよ。でも今、白い犬が入ってきませんでした? 社務所にいぬが入ってきたのであわてて来たんですけど・・・」

「犬? いえ、犬はいませんでしたよ。私だけでしたし」
1009201702_DSC_3297

「おかしいな、確かに白い犬が入ってきたはずなのに。おかしいな・・・」

 そんなことをブツブツ言いながら、あっちに行ったりこっちに行ったりいるはずのない犬を必死で探しています^^;
1009201702_DSC_3299

 神主さんも私を最初に見た時はすごく驚いていました。

 犬が入ってきたと思って追いかけてきたら人間がいたのでそら驚くでしょう。
1009201703_DSC_3302

 まて・・・

 すなわち、神主さんには私が見えていなかったって事か?
1009201703_DSC_3303

 私は世にも奇妙な話しを語る側ではなく、語られる立場の人間になってしまったということか?

 ・・・笑えねぇ^^;
1009201714_P1700568



 つづく~

スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 和歌山 田辺 闘鶏神社

コメント

Re: タイトルなし

あけぼうさん、いらっしゃいませ。
そうなんです、犬なんですw
てか、周りからも私はどちらかというと猫っぽいっていわれますし・・・
なぜに犬?
って感じなんですけどね。
吉兆の前触れだったらいいですね。
あれから半年・・・何かいいことあったかな?^^;

うわーっ☆
松村さん、実は白い犬の化身だったんですね!w
もしくは白い犬の神様が行ったり来たりしてるところに、出くわしたのか…。
いずれにしても、不思議だけど悪い気がしない話ですね(´∀`)
むしろ吉兆って感じがします☆

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ