プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:水木しげるロードの旅
 久々、探検隊三人での旅です。

 三人で旅をしたのはたしか・・・

 2009年のブログ三周年の旅でしたね。

 あの時は自転車で岡山を旅したのですが、はちゃめちゃになってしまいました。

 以来、三人は懲りたと探検隊で旅することはなくなったのですが^^;

 こりもせず再びです。

 本当は今回の旅。

 大阪か岩国に行こうという所から話しが始まりました。

 岩国城や錦帯橋に行きたい!

 ついでに山賊で山賊焼きを食べたいとw

 もしくは大阪のモノレールに乗って大阪城と住吉大社、四天王寺に行きたい!

 ついでに食い倒れの街で串カツとたこ焼きを食べたい!

 これが私の希望でした。

 が、三人寄れば何とやら・・・

 あえなく却下となりました;;

 次に出てきたのが広島の竹原。

 かつて毒ガス工場があった大久野島に行こう!

 船の時間もあるので空き時間を狙って竹原の情緒溢れる街を歩こう!

 おいしい尾道ラーメンの店もチェックだぜ!

 これでほぼ本決まりだったのですが・・・

 今回の旅、火曜日なのですが竹原の町は資料館といい店といい、ことごとく火曜日が休み。

 そもそも毒ガス資料館が休みでは何しに行くのかわかりません。

 結局、どこから話が出たのか水木しげるロードに行きたいと先輩が言い出しました。

 それに乗ったのがトド君。

 二対一。

 負けた;;

 妥協案として、こちらの希望を出すことに。

 境港の周辺、100名城が二つ。

 松江城と月山富田城。

 スタンプゲットのために、これだけは譲れないということで了承してもらいました。

 てな訳で始まった探検隊の旅。

 そもそも水木しげるロードって妖怪の銅像が並んでいる以外何があるのよ?

 妖怪に興味がない私に何をしろと?

 一体この旅どうなるのか?

 旅日記として成立するのか??

 大いに不安を感じつつ出発となりました。

 それでは水木しげるロードと100名城の旅。


 はじまりはじまり~


スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 鳥取 島根 境港 松江

コメント

Re: 旅日記参加

旅日記参加、ありがとうございます!
うちの三本の矢は、放った瞬間それぞれ別の場所に飛んでいくので、とっても弱いです^^;
ファインダー除いているうちにもう二本の矢は消えてますしねw
残念ながら隊長権限も非常に弱いです。
小学生の学級委員長と同じかも・・・
もうとにかく、旅のプランニングから宿の手配、運転、道に迷っても自力で脱出、お食事頃に入れば茶坊主などなど・・・
つらいの~;;

旅日記参加

隊長の権限は弱いんですねぇ~隊長が決めた一本の意志の矢は強かったが、三つの矢になったら更に強くなるはずが簡単に折れてしまったようですね^^;

残念~

100名城はばっちり伝えてくれますようしっかり見ます♪

Re: タイトルなし

あけぼうさん、いらっしゃいませ。
> いいじゃないですか!
まあね、たまには話題の場所に行ってみるのもいいかもしれません。
と思って了承した今回の旅です。

> 港の魚介類目当てで言ってたって記憶があります。
今でもそんなイメージですよね。
しかしあえて、あえて!
魚介類を外しましたよ~今回はw


いいじゃないですか!
当時はゲゲゲの女房まっさかりの時期でしたよね?確か…。
あけぼうも行きたかった。
境港にも当分行ったことないし、昔はどっちかというと、
港の魚介類目当てで言ってたって記憶があります。
どんな観光されるのか楽しみですよ(´∀`)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ