プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:水木しげるロードの旅
~前回のあらすじ~

 水木しげるロードのハイライト。

 駅から歩けば、ほぼ一番奥にあたる場所。

 水木しげる記念館です。
1010191312_DSC_2622

 行く前にはどうなんだろうね~なんて思っていた記念館。
1010191339_DSC_2640

 水木しげるロードを歩きながら、おそらく私は楽しめないだろうと思っていた記念館。
1010191346_DSC_2656

 いや、以外とおもしろかったですw
1010191353_DSC_2663

 てか、水木しげる氏。

 境港には人間がいない、みな妖怪だって・・・言っちゃったよw
1010191356_DSC_2672


 水木しげる記念館、脱出です。
1010191356_DSC_2673

 この記念館。
1010191357_DSC_2676

 境港駅から歩いてくると、商店街のほぼ一番奥に位置します。
1010191358_DSC_2679

 歩いてきたからには当然歩いて帰らなければなりません。
1010191358_DSC_2680

 相変わらず並んでいる妖怪。
1010191359_DSC_2681

 いやいや、妖怪はこっちねw
1010191359_DSC_2682

 このお店なんかいい感じですね。
1010191359_DSC_2683

 ただ、一つ気になったこと。
1010191359_DSC_2684

 どうも、この商店街。
1010191359_DSC_2687

 自分たちの力でもり立てていこうという気概が見受けられません。
1010191400_DSC_2690

 水木しげる氏の版権がここではどういう扱いになっているのかはわかりません。
1010191401_DSC_2693

 しかし、あまりにもそこに寄りかかりすぎているように感じます。
1010191402_DSC_2697

 オリジナリティが感じられないんですよね。
1010191403_DSC_2703

 話題性だけで今は集客できているからいいですが、このままではこの商店街は再びシャッター通りに戻りそうな気がします。
1010191404_DSC_2707

 既存の商品に鬼太郎の絵を貼るだけでは、あまりにお粗末。
1010191405_DSC_2712

 そしてなにより、こういった観光地は若い女性をターゲットにするのがセオリーになりつつある昨今。
1010191406_DSC_2713

 この商店街はどこを向いているのかさっぱりわかりませんでした^^;
1010191407_DSC_2716

 実際、年々集客は落ちていたようです。
1010191409_DSC_2720

 ゲゲゲの女房のヒットで、ここも盛り返してきたようですがさていつまで続くか。
1010191409_DSC_2724

 特に2011年には自粛ムードも広がり外国人観光客も敬遠してしまい、観光業界は今までにない危機を迎えています。
1010191409_DSC_2725

 この水木しげるロードでも外国人観光客をけっこう見ましたしね。
1010191410_DSC_2726

 ここを乗り切るためにも、水木しげる氏はあくまでもステップと考えて。
1010191411_DSC_2731

 この商店街の10年先、50年先を見据えていかなければならないのではないでしょうか?
1010191411_DSC_2732

 ここを歩いた探検隊三人の、この商店街の行く末の予想は一致していました。
1010191412_DSC_2735

 ゲゲゲの女房をピークに観光客は右肩下がり。
1010191412_DSC_2736

 それから数年後に一度、もう一回あがって後は話題もなくなりそのまま下がり続けるといった感じ。
1010191413_DSC_2739

 ちなみに再びのピークの理由はブログでは書けません。
1010191413_DSC_2743

 あしからず。
1010191415_DSC_2748

 ちょっと辛口?
1010191416_DSC_2753

 いやいや、そんなことはありません。
1010191416_DSC_2754

 いい感じの甘味処がなかったから?
1010191416_DSC_2756

 いえいえ、そんなことはありません><
1010191417_DSC_2757

 ちくしょー!
1010191417_DSC_2758

 甘い物、食わせろー!
1010191418_DSC_2761

 ネコ娘発見。
1010191419_DSC_2769

 鬼太郎列車も発見。
1010191418_DSC_2763

 派手だね~。
1010191420_DSC_2775

 鬼太郎交番も発見w
1010191423_DSC_2785

 さらに隠岐行きの船発見。
1010191424_DSC_2788

 隠岐行きて~;;
1010191424_DSC_2791




 つづく~

スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 鳥取 境港 水木しげるロード

コメント

Re: タイトルなし

あけぼうさん、いらっしゃいませ。
> (御大が・・・お隠れになった時・・・ボソッ)
だ、だめですよ!
思っても言っちゃだめですよ^^;
まあ、でもこの境港、素質はあるのだからがんばってほしいですよ。

> あけぼう的には境港に住んで妖怪を名乗りたいかもw
日記本文にも書いてあるように、右に同じくです。
てか名乗りたいじゃなくて、本物の妖怪として暮らしたいですw

確かに。このままでは衰退するでしょうね、また~。
しかし若い人が観光で食べていこうと思ってないなら、衰退するのもやむなし。
ちなみにブログでかけない理由、分かりました、なんとなくw
(御大が・・・お隠れになった時・・・ボソッ)

あけぼう的には境港に住んで妖怪を名乗りたいかもw

Re: タイトルなし

犬たろうさん、いらっしゃいませ。
いや、おもしろいところはおもしろいところでちゃんとありますからw
水木しげる記念館とかすごくおもしろかったし。

先輩やトドくんは元々妖怪ですから気にしないようw

Re: タイトルなし

SONOMIさん、いらっしゃいませ。
今、日本中の観光地から悲鳴が聞こえているような気がします。
でも、やっぱりそこで努力をしてきたところは生き残っていくんだろうなと。
正月、奈良の旅で法隆寺に行った時、お昼を食べた店はあまりにひどかったです。
はっきり言って人間の食べ物ではない、犬も食わないような想像を絶する天丼が出てきました。
法隆寺の目の前という理由だけで、あんな物を出して商売が成り立つ・・・
そりゃ、日本の政治と一緒で観光も長くないだろうって感じてしまいました;;
ほんと、踏ん張っていかないと大変なことになると思います^^;
甘味処、かき氷屋はありましたが回避です、回避!
いろいろありますが、いろいろですよ、食べたかったのw


少しずつですが隊長の妖怪に対する興味が変わってきているような^^;

てか、先輩・とどさんが日に日に妖怪になりつつある?

おはようございます
確かに!ですね
安直なブームは かならず去りますものね・・
アジアからの観光客にターゲットを絞っていた北海道の観光もしかりです
どうするつもりだろう・・一体・・・
甘味処 無かったのですね  それはそれは お怒りごもっとも   カキ氷? 季節が違いますね  甘味・・なに食べたかったのですかあ~(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ