プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:お伊勢さん参りと紅葉の旅
~前回のあらすじ~

 だんじり会館です。
1011231158_DSC_4524

 伊賀上野の有名なお祭り、上野天神祭を紹介するための資料館です。
1011231223_DSC_4550

 祭りで使われるだんじりや、
1011231159_DSC_4537

 装束など。
1011231158_DSC_4527

 すごいですね。

 こうやって資料館で見ても充分見応えがある物が、街を練り歩く。

 考えただけでゾクゾクします。
1011231215_DSC_4549




 壬生野郵便局に到着です。
1011231308_DSC_4565

 いや、ここに用はないんですけどね^^;
1011231308_DSC_4566

 てか、祭日で休みですしw
1011231309_DSC_4569

 目的はこっち。
1011231310_DSC_4570

 澤村氏館です。
1011231310_DSC_4571

 戦国時代に築かれた旧家で、壬生野宮川合戦でも参戦したそうです。
1011231310_DSC_4572

 その後は忍びとして御堂家に仕えたとのことだそうです。
1011231311_DSC_4575

 現在でも子孫の方がお住まいとのことで中に入ることは出来ません。
1011231312_DSC_4579

 この家もリアル忍者屋敷との話しです。
1011231317_DSC_4586

 ・・・忍者博物館みたいにいろいろ仕掛けがあるんでしょうか?
1011231318_DSC_4589

 周辺には3~4mの巨大な土塁で囲まれているとのことですが、ブッシュなどで阻まれてよく見えませんでした。
1011231319_DSC_4592

 ん~、残念。

 壬生の里・・・どうしても新撰組が先に出てきてしまうんですが縁もゆかりもたぶん無いですw
1011231324_DSC_4597

 伊賀牛も有名ですが、私の口には入りません・・・;;
1011231324_DSC_4598

 これは五百田氏館でいいのかな?
1011231327_DSC_4604

 もうよくわかりません。
1011231328_DSC_4607

 これは別のお宅ですが、つまりこういう事です。
1011231328_DSC_4608

 廻りに張り巡らされている土塁。
1011231328_DSC_4610

 通常、一般の民家ではあり得ないまるで城郭のような館です。
1011231330_DSC_4614

 つまり、防衛を意識したこの地方独特の造りと言うことで、見てみたかったんですよね。
1011231334_DSC_4624

 リアル忍者屋敷の名残ですね。
1011231334_DSC_4625

 で、春日寺と春日神社にやってきました。
1011231335_DSC_4630

 壬生野城を探していたのですが、いつの間にやら迷い込んでしまいました。
1011231335_DSC_4631

 行く前に地図で確認していたのですが、春日神社まで来ると行き過ぎなんですよね^^;
1011231336_DSC_4635

 まあ、せっかく来たんだからしっかり拝んでおきましょう。
1011231337_DSC_4637

 思ったよりも立派な造りですね。
1011231337_DSC_4640

 拝殿の向こう・・・
1011231338_DSC_4641

 本殿が見えない?
1011231340_DSC_3739

 裏に回るとありました。
1011231340_DSC_4647

 春日神社ですから層ですわね。
1011231341_DSC_4648

 本殿もちゃんと春日造りになっていました。
1011231345_DSC_4652

 てか壬生野城はどこ?
1011231345_DSC_4653

 祠、あと無縁仏なんですかね。
1011231345_DSC_4655

 実はこの祠に来たあと、すっかり体調を崩してしまって^^;
1011231346_DSC_4662

 頭痛と吐き気が・・・><
1011231349_DSC_4667

 こちらもよくわからないんですが、すごい立派な石垣。
1011231350_DSC_4671

 ただの民家なんですが、とりあえず写真をと撮っておきましょうw
1011231350_DSC_4673

 いいのかこんなんで?
1011231351_DSC_4675

 土塁発見。
1011231353_DSC_4679

 ひょっとして、ここが壬生野城址?
1011231354_DSC_4680

 郵便局の裏だし、まあタイムアップで次へ向かいましょう!
1011231356_DSC_4684



 つづく~

スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 三重 伊賀 壬生野城 澤村氏館 五百田氏館 春日寺 春日神社

コメント

Re: タイトルなし

あけぼうさん、いらっしゃいませ。
やばいっすね、旅先で体調崩すってあまりないんですがw
大国主さま以外に何かいたのかもしれませんが、大国主さま本人がいたとしたらもっとびっくりでしょうねw
ちなみにあの石垣。
私もすごいすごいと思いながら写真を撮っていたのですが・・・
あれは後生になって作られた物だそうですw
見所はあの家の裏側にあったとのことで^^;
ガッデム!


Re: タイトルなし

SONOMIさん、いらっしゃいませ。
家の周りに土を持って土手を作るんです。
当時はブロック塀とかありませんから。
敵の侵入を阻むための物です。
でも、普通の農家は阻むべき敵もいませんし、誰かが攻めてきても戦いません。
ですから、ここの家々は特殊で、しかもそれが今に残っているというのはすごいことなんだと言うことです。
元々忍者も専業ではなく農民やりながら非常時には武器を持って戦っていましたので。

ほんと最近仕事とに忙殺されてます。
昨日も仕事だったし;;


体調を崩すなんて、松村さん…大国主命以外にもまさか…w
リアル忍者屋敷は、すごい石垣ですね。
戦闘態勢っって感じがします。
中、見てみたいですね~(´Д`)
色々な仕掛けを現代生活でどのように活用されているのだろうw

こんにちは
この土がこんもりしたようなところなのですね
ううん・・どうなっているのでしょうか
それにしても のんびりとした風景が続きますね
空がワイドに写っていてとっても広がりのある景観が伸び伸びしてきて気持ちがいいですね
ああ・・最近 仕事多いなあ・・旅に行きたくなりました  とほほ
日曜日 素敵な時間をお過ごしくださいね

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ