プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:お伊勢さん参りと紅葉の旅
~前回のあらすじ~

 松坂城に到着しました。
1011231503_DSC_4701

 100名城なのですが、松坂と聞くとどうしても松阪牛を思い出してしまいます・・・
1011231526_DSC_4779

 とはいえ、貧乏人の私にはそんな高級な食べ物を口にすることは出来ません^^;
1011231523_DSC_4770

 てか、他の所にお金を使いたいと考えてしまうタイプですのでw

 そんな空腹をきれいな銀杏が紛らわしてくれます・・・
1011231504_DSC_4704

 いや、どう考えてもそれは無理だろ?
1011231509_DSC_4722




 天守台からの眺めです。
1011231537_DSC_4817

 木々に囲まれて眺めはいい方ではないですね。
1011231538_DSC_4821

 写真は天守台からの本丸です。
1011231538_DSC_4824

 ちなみにこの松坂城。
1011231539_DSC_4826

 元々は松坂藩の藩庁でしたが、後に徳川御三家の紀州藩の領土となりましました。
1011231539_DSC_4828

 その後、松坂城には城代が置かれ維新を迎えます。
1011231540_DSC_4829

 天守閣は天守台もありますし、建っていたとの記憶があるようです。
1011231540_DSC_4830

 ただ、台風で倒壊して以来再建されていません。
1011231541_DSC_4832

 ここのお城の魅力はなんと言っても石垣です。
1011231541_DSC_4834

 安土城を手がけた尾張の穴太衆により組まれた野面積みです。
1011231542_DSC_4838

 角の部分は切り込みはぎ。
1011231543_DSC_4840

 ん~、苦労して安土城の石垣を塗装した日々を思い出す・・・
1011231544_DSC_4842

 地獄の日々を思い出して気分が悪くなってきた^^;
1011231546_DSC_4849

 ・・・シンナー酔い?

 元々、この松坂城を築城した蒲生氏郷も自ら安土築城に参加していたそうです。
1011231546_DSC_4850

 そんなこともあり、石垣の雰囲気はめちゃくちゃいいですね。
1011231546_DSC_4852

 石垣と紅葉・・・日差しがちと強すぎですね^^;
1011231552_DSC_4854

 ここに来てすっかり天気がよくなりましたから。
1011231553_DSC_4856

 午前の伊賀は一体何だったのだろうか^^;
1011231556_DSC_4860

 さて、お城を出て武家屋敷の方へやってきました。
1011231557_DSC_4865

 御城番屋敷。
1011231557_DSC_4866

 組屋敷といわれる長屋です。
1011231558_DSC_4872

 当時の建物が現在もそのまま住居として使われている貴重な建物群です。
1011231558_DSC_4873

 重文にも指定されているのですから驚き。
1011231558_DSC_4875

 我が家が重文に指定されたとなれば生活も大変でしょうね^^;
1011231559_DSC_4876

 端から見るのはいいですが、自分の家がそんな物に指定されたら嫌ですね。
1011231559_DSC_4879

 白川郷も観光で潤っているとはいえ、世界遺産に登録されて大変だとか。
1011231559_DSC_4880

 紀州は木も切れないって言いますし。
1011231601_DSC_4883

 文化財を守るのはいいのですが、それで生活に支障が出てしまっては本末転倒。
1011231601_DSC_4885

 さて、ここはどうなんでしょうかね。
1011231602_DSC_4887

 で、松坂神社にやってきました。
1011231603_DSC_4888

 とりあえず、神社があるのならお参りしておかないとw
1011231603_DSC_4889

 結構広いです。
1011231604_DSC_4893

 旅が無事、進んでいきますように・・・
1011231605_DSC_4895

 時間は4時を過ぎてきました。
1011231606_DSC_4898

 本当は斎王の森に行きたかったのですが、さすがに厳しい時間になってきましたね。
1011231607_DSC_4900

 どうせ行くのなら斎宮歴史博物館にも行ってみたかったのですが、時間的に閉館ですし^^;
1011231608_DSC_4903

 いや、それでももしかしたら間に合うかもしれません。
1011231610_DSC_4906

 とりあえず駐車場に戻りましょう。
1011231611_DSC_4908

 しかし、予想通り伊賀上野城と松坂城、二つの城を回ったらそれだけで一日潰れちゃいましたね^^;
1011231611_DSC_4909

 さあ、それでは松坂離脱と行きましょうか!
1011231613_DSC_4913



 つづく~
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 三重 松坂 松坂城 日本100名城 松坂神社 御城番屋敷

コメント

Re: タイトルなし

あけぼうさん、いらっしゃいませ。
伊勢神宮に行くのなら斎宮歴史博物館に行かなければと思っていたんですけどね。
ネタバレになりますが、ルート設定して途中までは向かっていたのですが、閉館時間が迫ってきてキャンセルしました。
博物館でじっくりよりは外でという気持ち、私も同感です。
写真撮れないところ多いし、本気で見たらそこだけで一日終わってしまいますし。
でも寄らなければと、変な使命感が芽生えているのもまた事実w

>上冷泉家25代当主の冷泉為人氏の話を聞いたことがありますけど
すごいですねw
まあ、ああいう人たちは視線が違いますからね。
我が家がどうのこうのという次元ではありませんし。
私がお金持ちなら、とっとと県か国に丸投げしますねw


おお~。
斎宮歴史博物館・・・確かにちょっと気になるかも。
んーでも、やっぱり博物館の中で色んなもの見るより、
外で色んなもの見るほうが、スキですね、自分は☆
自分ちが文化財になった人の気持ちは・・・
うーんと、そうですね、上冷泉家25代当主の冷泉為人氏の話を聞いたことがありますけど・・・次元が違いすぎましたww
絶対イヤですねw 他人事がいいですわ~(;´∀`)

Re: タイトルなし

SONOMIさん、いらっしゃいませ。
そうなんですよね、どうしてもリーズナブルな物を探してしまうんですよね。
たまにはバーンと使ってみようかとも思うんですが、根っからの貧乏性というかw

安土城は未だトラウマ気味ですw
あのシンナーと塗料の匂い、ボンドの匂いはなかなか抜けない気分です^^;
シンナーの匂い、いい匂いだって言い出したら、マジでやばいですしねw

おはようございます
美しい写真がいっぱい
ゆっくりと見せていただきました
松坂牛 お高いのですね
私もバカみたいに高いものって 食べなくてもいいや!
って思うほうです
リーズナボーで美味しいものたくさんありますものね
やっぱり安土城思い出されましたかW
地獄の日々  きゃはは
シンナーの匂い ちょっと懐かしかったら 怖いですよねW
今日も楽しませていただきました
お仕事 今日も頑張ってくださいね
少しゆっくりお休みできるといいですね
素敵な一日をv-22

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ