プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:お伊勢さん参りと紅葉の旅
~前回のあらすじ~

 伊勢神宮内宮に到着です。
1011241007_DSC_5122

 伊勢神宮と言えばここという認識が多いのでしょうか?
1011241011_DSC_5133

 巨大な立体駐車場もありましたし、おかげ横町といった観光の目玉もあります。

 伊勢神宮と言えば、この写真ですもんね。
1011241026_DSC_5161

 外宮に比べてやっぱり内宮は人が多いです。
1011241023_DSC_5158

 同じ伊勢神宮のはずなのですが、雰囲気も何となく違うような気がするのはなぜ?
1011241018_DSC_5143




 行きはたくさんの人であふれかえっていた新御敷地の入り口。
1011241029_DSC_5167

 人の流れが切れたのでささっと写真を撮ります。
1011241031_DSC_5171

 これは籾だね石かな?
1011241030_DSC_5169

 とりあえず、戻っているのですがいろいろ分岐もあるので行ってみないと。
1011241031_DSC_5172

 神楽殿まで戻ってきました。
1011241032_DSC_5174

 ちなみにこの内宮。
1011241033_DSC_5175

 皇大神宮と言います。
1011241034_DSC_5177

 祭神は言わずとしれた天照大神。
1011241035_DSC_5179

 皇族の祖神であり、日本の中心的な神様ですわね。
1011241035_DSC_5180

 伊勢神宮の内宮は全国津々浦々にある天照大神を祀っている神明神社の総本社にあたります。
1011241039_DSC_5183

 三種の神器の一つ、八咫鏡もご神体として安置されているんですね。
1011241040_DSC_5184

 そういった意味でも伊勢神宮イコール内宮というのもわからないではありませんね。
1011241040_DSC_5185

 その天照大神。
1011241041_DSC_5188

 子供の頃、この名前を聞いてまさか日本の神様だとは夢にも思いませんでした。
1011241042_DSC_5190

 おじいさんおばあさん世代が聞いたら怒られそうですね^^;
1011241044_DSC_5192

 当時、教育の姿勢にもそういった物があったのかもしれませんね。
1011241044_DSC_5195

 国歌斉唱だとか今ほど露骨ではないにしても。
1011241046_DSC_5199

 私も軽視していた一人ですし。
1011241046_DSC_5201

 でも、今となってははっきり言えますよね。
1011241047_DSC_5203

 いい事も悪いこともすべて含めて、それが日本という国の歴史だと。
1011241048_DSC_5207

 そして、今の皇族の方々はその重い歴史を背負って生きているんだということ。
1011241049_DSC_5208

 奇しくも今回、それを震災という形で多くの人が感じたのではないかと思います。
1011241049_DSC_5211

 皮肉な結果ではありますが、それでも天皇皇后両陛下の姿に何かを感じた人も多かったのではないかと思います。
1011241049_DSC_5213

 パワースポットとして人気の高い伊勢神宮。
1011241051_DSC_5218

 正直、パワースポットと呼ばれる場所の意味が私にはよくわかりません。
1011241051_DSC_5220

 霊的な場所なのか神様が宿る場所なのか。
1011241052_DSC_5222

 それとも心霊スポットなのか、磁場的に何かあるのか?
1011241100_DSC_5228

 何を持って、何がパワースポットなのかさっぱりわからないというのが本音です。
1011241100_DSC_5229

 心霊スポットの方が、よほどわかりやすいw
1011241101_DSC_5230

 実際、パワースポットに行ったからと言って何か御利益があったわけでもありませんし。
1011241104_DSC_5233

 真剣にお参りしているわけでもありませんがw
1011241104_DSC_5234

 まあ、それでも何かを感じる人には感じるのでしょう。
1011241104_DSC_5235

 それはそれでいいと思います。
1011241105_DSC_5236

 ただ・・・
1011241105_DSC_5237

 どうせなら、伊勢神宮の意味という物も感じて頂けたらと思います。
1011241106_DSC_5239

 神話から始まった2600年という歴史を。
1011241107_DSC_5241

 その長い月日の中で育まれていった日本人が背負う業という物を。
1011241108_DSC_5242

 日本人であることの意味を感じることができれば、また新しい一歩が踏み出せるのではないかと思います。
1011241108_DSC_5243

 とまあ、柄にもないことを語ってしまいましたが・・・
1011241109_DSC_5244

 いよいよお待ちかね、おかげ横丁でお昼ご飯だ!
1011241111_DSC_5246



 つづく~


スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 三重 伊勢 伊勢神宮 内宮

コメント

Re: タイトルなし

あけぼうさん、いらっさいませ。
このブログでも雨を降らす天神さまとしてしばしば話題になる会社の先輩が、極度の尊王攘夷派なんですよね。
それこそみんなでバスに乗り込んで応援に行こうってくらいw
ただ、言ってることは至極まともで、10年も一緒に仕事をしているとすっかり影響を受けてしまって・・・(ただ、影響といても言葉遣いに気をつけろ~とか、軽視発言をするな~って程度ですが)
それに加えて旅日記を初めて、いろいろ見て回るとね。
そんな中、天皇皇后両陛下が被災された街に向かって黙礼される写真をネットで見まして。
不思議と目頭が熱くなる思いだったんです。
その直後に書いたのが今回の記事。
というわけだったのです~

そうですよね~。ここに来た人は、そのことを肌で感じていってくれればいいなぁと思いますよ。
ここに来るとテンションがあがりきって、いろんな変顔写真を撮っているのを警備員の人に( ゚,_・・゚)ブブブッって笑われたことを思い出します。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ