プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:お正月・奈良、吉野の旅
~前回のあらすじ~

 雲が多いものの、天気はなんとかもちそうです。
1101021030_DSC_6987

 自転車を転がすにはよかったかな?
1101021031_DSC_6993

 思ったほど寒くないし。
1101021042_DSC_7002

 それにしても明日香村。

 卓越した石造技術なんでしょうが・・・
1101021044_DSC_7012

 何となくオカルトチックに見えるのは私だけ?
1101021045_DSC_7024




 来た道を戻ります。
1101021048_DSC_7031

 先に進んでも何もなさそうだったので。
1101021048_DSC_7032

 それよりもメインはこっちですよね。
1101021048_DSC_7033

 一応有料みたいなんですが、正月休みで受付は閉まってますし、
1101021049_DSC_7036

 中には入れるし・・・
1101021050_DSC_7037

 いいよね?
1101021050_DSC_7039

 で、何があるのかと言えば・・・
1101021050_DSC_7041

 石垣?
1101021050_DSC_7042

 なんだろう、イメージ的には人吉で見た謎の地下施設がかぶるんですが・・・
1101021051_DSC_7048

 宗教的な意味合いでもあるんでしょうか?
1101021051_DSC_7049

 てか、この浴槽みたいな石垣が亀形石造?
1101021052_DSC_7051

 ・・・ってその中央に何かあると思ったら、
1101021052_DSC_7054

 亀の形してるw
1101021052_DSC_7055

 亀の釜?
1101021053_DSC_7058

 いやいやいやいや、ジョークでないしw

 すごくきれいな造型ですが、説明書きがあった。
1101021050_DSC_7040

 日本書紀ってマヂ?
1101021053_DSC_7061

 当時、こんな優れた石造技術があったんだ・・・
1101021053_DSC_7062

 ひゃ~、びっくり><
1101021054_DSC_7063

 てか、やっぱりオカルトチックだ。
1101021059_P1720891

 特にデザインが。
1101021100_P1720893

 ・・・ひょっとして逆に子供の頃見たオカルトチックなフィクションって、こういうのがもでるになってたのかな^^;
1101021100_P1720894

 あり得る話しだ・・・

 で、次なる場所に到着。
1101021101_P1720895

 飛鳥板蓋宮跡です。
1101021101_P1720896

 今更説明する必要もないでしょうが、元々明日香村には飛鳥京がありました。
1101021101_P1720897

 朝廷ですわね。
1101021101_P1720898

 その中心地があったのが、ここです。
1101021101_DSC_7067

 発掘された跡地から基礎部分を復元されています。
1101021101_DSC_7068

 ちゃんと排水を考えた造りになっているんですね。
1101021101_DSC_7069

 さすが宮殿跡です。
1101021102_DSC_7071

 その辺りの跡地とは訳が違いますね。
1101021102_DSC_7074

 普通なら礎石がポツポツなのですが、びっしり石が敷き詰められてたんですね。
1101021102_DSC_7077

 ちなみにここ。
1101021102_DSC_7079

 大化の改新の元ともなった乙巴の変の舞台にもなった場所。
1101021102_DSC_7082

 蘇我入鹿が暗殺された場所でもあります。
1101021103_DSC_7090

 当時、ここを中心に街が広がってたんですね。
1101021103_DSC_7091

 さぞ、壮大だったでしょう。
1101021103_DSC_7092

 そこで繰り広げられた数々のドラマ。
1101021103_DSC_7093

 くぅ~~~~~~
1101021103_DSC_7094

 たまらんw
1101021104_DSC_7098

 さあ、次へ行くべw
1101021106_P1720900



 つづく~

スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 奈良 明日香村 亀形石造物 伝飛鳥板蓋宮跡

コメント

Re: タイトルなし

あけぼうさん、いらっしゃいませ。
こうやって古代の歴史的な場所にたつって、ほんと浪漫ですよね。
浪漫って漢字で書きたくなるw

しかし、カキコの時に名前が消えるってなんでしょうね?
不思議だ・・・

なんでやねん!
送信を押すと、名前が消えるということに
ようやく気づきました。
なんでやねん!(笑)
あけぼうより。

高い建物がないのも魅力ですよね~
当時のイメージがしやすいというか・・・
浪漫ですね、浪漫ですねぇッ
く~ッ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ