プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:旅先の駐車場
 車で旅をしていて一番困るのが駐車場の確保。
 旅先で駐車場が見つからず時間がかかったりした経験がありませんか?
 旅の計画段階でも駐車場探しが悩みの種。
 こればっかりは現地に行ってみないとわかりません。

 そんなわけで私が訪れた旅先の駐車場を紹介します。
 さて、2007年以来休止していた旅先の駐車場シリーズ復活です。
 過去、16回までやっていたので今回はその続き、17回からのスタートです。


 第十七弾 道後温泉本館


 2006年の旅なのですでに5年前ですね。

 情報してどうなのか、かなり心配ですが、Googleマップを見る限り大丈夫そうです。

 道後温泉本館、いわずとしれた道後温泉のシンボル。

 建物自体が重要文化財となっているとても由緒正しき温泉です。

 その本館を中心に温泉街を形成しているこの場所は、巨大なホテル群や店舗なの度に囲まれ大変賑やかになっています。

 すぐ側には商店街もありますし、とにかくすごい人、人、人。

 ちょうど訪れたのは平日でしたが、それでもすごい人に驚いてしまいました。

 こんな場所に車で突っ込んでいいのか、まずそこで不安になります。

 そして駐車場は本当にあるのかって心配になってきます。

 今なら危なすぎて絶対に下調べもせずに突っ込んではいけませんが、当時は無鉄砲でした。

 車検に通るか通らないかの限界まで車高を下げたインプレッサで行くにはかなり無謀でしたね。

 たまたま周辺は歩道などの整備事業で工事をいたる所でやっていて、ガードマンのおっちゃんに声を掛けて駐車場にたどり着く事が出来ました。

 驚いた事に本館のすぐ側に駐車場はあります。

 地図はこちら↓
道後温泉本館%%http://maps.google.co.jp/maps?q=33.851316,132.786605+(%E9%81%93%E5%BE%8C%E6%B8%A9%E6%B3%89%E6%9C%AC%E9%A4%A8)&hl=ja&ie=UTF8&z=18%%33.851316%%132.786605%%18


 まさに写真の中央なのですが、右上の航空写真と書いたのボタンを押して頂ければ、なるほどここが駐車場だとわかります。

 ちなみにこの駐車場、少し高台にあります。

 地図の上に本館が見えると思うのですがその左下にバス停があります。

 下から来た道が右に急カーブしているのですがそのカーブの手前に入る所があります。

 こんな坂道をのぼってきます。
P1010881_20110907202810.jpg

 駐車場は広々しています。
P1010880_20110907202811.jpg

 有料駐車場なのですが、さすがに料金情報は残っていません^^;
P1010869_20110907202813.jpg

 ↑ちなみに当時乗っていたインプレッサ、懐かしい~w

 けっこうな台数を駐車出来そうですが、ただ週末や繁盛期はどのくらい混雑するか・・・
P1010871_20110907202812.jpg

 正直ちょっと想像つきませんね^^;

スポンサーサイト

テーマ : 旅先の駐車場 - ジャンル : 旅行

タグ : 駐車場 道後温泉本館

コメント

Re: タイトルなし

あけぼうさん、いらっしゃいませ。
ここの駐車場、当時は入り口が工事中だったので余計わかりにくかったんですよね~^^;
まあ、でもほんと天空の駐車場って感じで見えた時には驚きましたw

でも、どうせ松山行くんなら一泊したいですよね。
前回、日帰りで今治松山と経由してそのまま帰ってきたんですが、ちょっと後悔しました><

高台にあると、すぐそばでも気が付かないことがありますよね。
松山…行こう行こうと思いつつ、いつでも行けるし~なんて後回しにしているところなんですよね~(;´∀`)


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ