プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:花夢の里と郡山城の旅
~前回のあらすじ~

 雨が降る中、吉田郡山城に登城。
1104271529_DSC_0207

 毛利元就のお墓参りをまず済ませてから。
1104271538_DSC_0245

 左手に傘を持ち、右手に一眼レフのカメラを持ち。

 重さは2キロ弱。
1104271548_DSC_0274

 右手をプルプル震わせながら片手撮り。
1104271558_DSC_0303

 手振れ写真の量産ですw
1104271558_DSC_0304




 ここを登れば本丸だ!
1104271600_DSC_0315

 やったー、頂上です~~!
1104271602_DSC_0321

 気がつけば、時間はすでに4時^^;
1104271602_DSC_0324

 こんなに時間かかったっけ?
1104271603_DSC_0326

 不思議に思いつつ、写真のタイムスタンプを確認。
1104271605_DSC_0329

 博物館に到着したのが2時40分。
1104271605_DSC_0333

 登城を開始したのが3時30分。
1104271605_DSC_0335

 あれ?
1104271606_DSC_0338

 博物館に50分もいたの?
1104271607_DSC_0340

 途中、確かに三矢の碑には行ってきたけど、それほどタイムロスもないだろうし^^;
1104271609_DSC_0349

 なんだかんだで30分で本丸まで来たのね。
1104271610_DSC_0354

 でも、ゆっくりしてるとこの天気ですし、あっという間にあたりは暗くなるでしょうね。
1104271611_DSC_0355

 サクサクっと先へ進みましょう。
1104271612_DSC_0362

 ちなみにいまさらですが、吉田郡山城。
1104271614_DSC_0368

 毛利元就の居城だった城です。
1104271614_DSC_0370

 毛利元就は説明するまでもなく、戦国時代の大大名。
1104271615_DSC_0372

 中国地方をほぼ手中に収めた人物であります。
1104271615_DSC_0377

 厳島の戦いはもっとも有名でしょうし、荒廃した厳島神社を復興させた人物でもあります。
1104271617_DSC_0381

 戦国一の知将と呼ばれた人物ですね。
1104271618_DSC_0386

 元就は残念ながら病死してしまいましたが輝元が家督を継ぎ、さらに勢力を拡大していきました。
1104271618_DSC_0388

 織田との戦いや豊臣五大老、西軍総大将にして最後は大減封とまあ、息子さんも波乱万丈でしたが・・・
1104271620_DSC_0394

 まあ、戦国時代を語るときもやっぱりいろんな所で「たら、れば」がありますよね。
1104271622_DSC_0398

 そういう意味では毛利元就もあと20年、いや10年生まれが遅かったらどうなってたでしょうね。
1104271624_DSC_0403

 やっぱり大内が来た?
1104271625_DSC_0405

 それとも尼子?^^;
1104271625_DSC_0406

 あのタイミングだったらやっぱり元就が来たのかな~
1104271633_DSC_0410

 でも75歳だからあの時代を考えると大往生だし。
1104271634_DSC_0413

 たらればたられば・・・
1104271635_DSC_0417

 ちなみに余談ですが、昔から信長の野望をプレイする時、大体西の国、備前あたりからスタートします。
1104271636_DSC_0419

 いつもポイントになるのが、いかにして毛利家を丸ごと取り込めるか。
1104271638_DSC_0425

 できることなら元就を無傷でゲット。
1104271638_DSC_0427

 これができるかどうかが、その後の展開を大きく変えて行きますw
1104271639_DSC_0429

 ゲームの中でも優秀なんですよね。
1104271641_DSC_0436

 そうそう、本当の意味で毛利家のたられば話をするのなら、このお方が生きていたら、歴史はまた大きく変わったんでしょうね。
1104271642_DSC_0441

 毒殺? により元就よりも先に亡くなってしまった本当の嫡男。
1104271642_DSC_0438

 毛利隆元のお墓です。
1104271642_DSC_0440

 この郡山城、登城するためのルートは二箇所あります。
1104271643_DSC_0442

 行きと帰りをそれぞれの道を通ったためにぐるりと一周するような形となりました。
1104271644_DSC_0443

 てな訳で下山。
1104271644_DSC_0445

 時間は4時45分ということで帰りましょうか!
1104271645_DSC_0447



 つづく~


スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 広島 安芸高田 日本100名城 吉田郡山城 毛利隆元墓

コメント

Re: タイトルなし

あけぼうさん、いらっしゃいませ。
昔から国盗りゲームとか好きでしたからね。
信長の野望とか三国志とか。
その辺りの歴史はゲームで覚えていったので、けっこう自分でねじ曲げてしまった間違えた歴史をそのまま覚えているかもしれない。
劉備が三国統一したとか(私がプレーしてw)伊達政宗が征夷大将軍になったとかw(私がプレーしてw)
毛利元就は知将というイメージがありますし、評価が分かれるところでしょうね。
でも私的には広島=毛利元就ってイメージがありますよ。


そうなんだーゲームの中でも優秀なんですね~。
ゲームを全然しないので、まったく知りませんでしたよ。ゲットしたりするんだww
でも、毛利元就ってなんとなく一般受けしない感じのイメージだったので、ホッとしましたよw

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ