プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:石見銀山と津和野の旅
~前回のあらすじ~

 美保神社を出たところに、青石畳通りという石畳の通りがあります。
1106220529_DSC_0635

 雨に濡れると石が青く光るとか。
1106220530_DSC_0637

 そんな美しいとおり。

 古き良き、町並みが残っています。
1106220531_DSC_0646

 朝5時半。
1106220531_DSC_0649

 今回、初っぱなからいい感じですよ!
1106220531_DSC_0648




 5時30分、美保関離脱で松江市街地方面へ向かいます。
1106220541_P1750447

 中海をぐるりと回って宍道湖の南に出ようという作戦。
1106220542_P1750448

 途中、道の駅があるので今回はそこで朝の身支度です。
1106220542_P1750450

 朝っぱらから意外と車をみるななんて思っていたのですが・・・
1106220545_P1750451

 今日は平日だったw
1106220554_P1750454

 さて道の駅、中庄に到着です。
1106220604_P1750457

 ここで顔を洗ったり歯を磨いたり。
1106220603_P1750456

 残念ながら店が開いてないので朝食はなしですがまあ夜食に牛丼食べましたし大丈夫でしょう。
1106220618_P1750458

 しかし、なんかいいですね。
1106220629_P1750460

 平日の泊まり旅って実は初めてなんです。
1106220636_P1750462

 四月から仕事のローテーションが変わりまして。
1106220636_P1750463

 毎週日曜が出勤の代わりに水曜日が休みなったんですよね。
1106220637_P1750465

 で、火曜や木曜に代休取ると平日連休になるわけで。
1106220637_P1750466

 平日の空いている中での旅行、あこがれだったんです。
1106220637_P1750467

 松江市街地を抜け、そのまま通過して次なる目的地です。
1106220637_P1750468

 6時40分。
1106220638_P1750469

 黄泉比良坂に到着。
1106220639_DSC_0680

 そうです、あの世とこの世の境目。
1106220639_DSC_0681

 いざなぎといざなみの別れの場所。
1106220639_DSC_0682

 しかも、これ以上ない最低な形での^^;
1106220639_DSC_0683

 去年の熊野古道の旅で訪れた花窟神社も黄泉比良坂の伝説場所ではないかといわれています。
1106220640_DSC_0685

 そしてもう一カ所がここ。

 名もそのものずばり、黄泉比良坂。
1106220641_DSC_0686

 個人的には花窟神社の方が本物っぽいんですけどね^^;
1106220641_DSC_0687

 まあ、でもそっちに行ったのならこっちにも行ってコンプリートしておかないと。
1106220641_DSC_0688

 てなわけで、これがあの世とこの世の境目です。
1106220641_DSC_0689

 そして、決定的瞬間!
1106220641_DSC_0691

 人間の姿に化けていた妖怪トド君が本来の姿に戻る瞬間ですw
1106220641_DSC_0694

 ・・・変わってないな^^;
1106220642_DSC_0695

 まあ、普段から人間離れしてますし・・・
1106220644_DSC_0697

 それにしても何でこんなところに黄泉比良坂があるんでしょうね~。
1106220644_DSC_0699

 出雲圏ですし何かしらあるんでしょうね。
1106220644_DSC_0700

 個人的にはやっぱり花窟神社の方がしっくり来ますねw
1106220644_DSC_0702

 淡路、もしくは近江がいざなぎの終焉の地っていわれてますしね。
1106220644_DSC_0705

 まあ、毎度のごとくあっちに行ったのならこっちにもっていうのは松村探検隊の義務みたいなものですからw
1106220644_DSC_0707

 重要なのはどちらが本物か、本物が実在するのかではなく、伝承のある場所に行く事が重要なので。
1106220645_DSC_0710

 私的には。
1106220645_DSC_0711

 とど君、再び人間「もどき」に戻ってますw
1106220645_DSC_0708

 そういえば、ここから水木しげるロードも近いですしね。
1106220645_DSC_0712

 この地は我々の安住の地かもしれない・・・ん?
1106220645_DSC_0714

 てか、近くにいざなみを祀ってる揖夜神社なるものがあるそうなので、行ってみましょう!
1106220646_DSC_0715



 つづく~


スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 島根 松江 黄泉比良坂 道の駅「本庄」

コメント

Re: タイトルなし

あけぼうさん、いらっしゃいませ。
まあ、この地域。
古事記にちなんだ地名って結構残ってるみたいなので、その一つなんでしょうね。
場所的には墓地に行くって感じの雰囲気でした。
あけぼうさんの妖怪アンテナは正確ですね。
だってちゃんと写ってますよ。
妖怪トドくんがw

でもなんで地名までばっちりそのまんまなんだろう~?
縁起悪いっちゃあ縁起悪いのになぁ・・・。
あ、でも季節が良いからか、緑が豊かで、思ってたよりもいい感じの場所ですね。もっと、おどろおどろしい所なのかと思いました・・・(;´∀`)
絶対何かいるとは思いますけど。
うん、あけぼうの妖怪アンテナが反応していますw

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ