プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:石見銀山と津和野の旅
~前回のあらすじ~

 なぜか三回も続いてしまった津和野城址。
1106231220_DSC_2270

 そしてそのうち2回が、その山中で出会った女の子の話になってしまいました。

 不思議な不思議な女子大生風の女の子との出会い。
1106231222_DSC_2276

 しかし!
1106231228_DSC_2289

 間違ってはいけないのは、その女の子が不思議だったわけではなく、あった場所とかタイミングですから。
1106231237_DSC_2307

 本人はいたって普通の一人旅を楽しんでいる二十歳前後の女の子って感じでしたので。
1106231243_DSC_2320




 時間は12時50分です。
1106231247_DSC_2326

 なんだかんだでいい時間帯になりました。
1106231248_DSC_2328

 お昼でも食べましょうかね。
1106231248_DSC_2329

 今、私たちはだいぶん駅から離れてきました。
1106231250_DSC_2331

 川を挟んで鴎外旧宅の向かいぐらいの位置でしょうか。
1106231250_DSC_2332

 とりあえず、鴎外旧宅の方に向かいましょう。
1106231251_DSC_2333

 あっちには観光案内にも載っていたレストランがあったはず。
1106231251_DSC_2334

 で、橋を発見。
1106231251_DSC_2335

 渡ってしまえば鴎外旧宅は目の前です。
1106231252_DSC_2338

 左が旧宅の駐車場ですが、後で寄りましょう。
1106231253_DSC_2339

 で見えてきましたお食事処です。
1106231253_DSC_2340

 おなか空いた!
1106231254_DSC_2341

 で、店内に入ったのですが・・・
1106231255_DSC_2342

 うずめ飯とか寿司とかがメインですわね。
1106231255_DSC_2343

 うずめ飯はシイタケは混ぜてしまっているので抜けないとの事。
1106231259_DSC_2344

 寿司はシイタケ抜けるけど1時間・・・
1106231303_DSC_2346

 店の前にあった津和野ビーフバーガーが食べてみたかったのですが、それも1時間・・・
1106231305_DSC_2348

 なんでやねん?
1106231306_DSC_2349

 てな訳で店を出る事にしました。
1106231308_DSC_2350

 ひどすぎる;;
1106231308_DSC_2351

 店内ガラガラで客一人もいないんですよ?
1106231309_DSC_2352

 とりあえず、戻りながら店を探す事にしました。
1106231309_DSC_2353

 鴎外旧宅?
1106231309_DSC_2354

 どのみち、津和野離脱の時にはこちら方面に走ってくるので後から車で来ましょう。
1106231310_DSC_2355

 駐車場も確認したし。
1106231311_DSC_2356

 とりあえず、飯じゃ飯!
1106231311_DSC_2357

 あれから20分。
1106231311_DSC_2358

 津和野大橋まで戻ってきました。
1106231311_DSC_2359

 とりあえず、この石畳を抜ければお土産屋とかお食事処がたくさん並んでいるはず。
1106231312_DSC_2360

 ここで、とど君が不平不満爆発でぶつぶつ言い始めました。
1106231312_DSC_2361

 はいはい、もう少し待ちなさい。
1106231313_DSC_2362

 で、最初に入った店ではちょうどツアー客が押し寄せていたような状態になっていて向かい店に入ってくれと・・・乗車拒否ならぬ入店拒否?
1106231313_DSC_2363

 で、その向かいの店、世羅の木茶屋に入りました。
1106231322_DSC_2364

 津和野冷やしそばとここまで来たらお稲荷さんでw
1106231329_DSC_2366

 そばは具だくさんなサラダ風でなかなかおいしかったです。
1106231346_DSC_2367

 同じ商品でうどんもありましたね。
1106231347_DSC_2368

 食事にありつけたのは1時半でした^^;
1106231347_DSC_2369

 それから再び石畳の通りへ。
1106231347_DSC_2370

 とりあえず午前中パスした藩校跡の資料館だけはのぞいておきましょう。
1106231348_DSC_2371

 って、結局また津和野大橋の方まで戻ってるんですけどね^^;
1106231348_DSC_2372



 つづく~

スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 島根 津和野 殿町通り 沙羅の木茶屋 多胡家老門 養老館

コメント

Re: タイトルなし

あけぼうさん、いらっしゃいませ。
ここはちょうど津和野のメインストリートになりますからね。
観光客が一番多いところです。
この日も平日でしたが午後には人があふれてました。
食事は、まさかこんなに苦労するとは全く予想してませんでした。
駅前とか結構あったので、戻った方がよかったのかもしれません^^;

ここはいかにも観光地っぽい雰囲気のところですね~。
それでもそんなに食事に苦労するなんて(;・∀・)
トド君ご愁傷様・・・w

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ