プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:福岡、歴史とグルメの旅
~前回のあらすじ~

 宇美から福岡市街地に移動中。
1107121310_P1760445

 お昼ご飯もおいしかったし、ここまで順調です。
1107121320_P1760450

 ただ・・・

 なんだか雲が増えてきましたよ?
1107121323_P1760452

 次の目的地は崇福寺。

 福岡藩主黒田家の菩提寺です。
1107121353_DSC_5574

 ってことはつまり・・・?
1107121353_DSC_5578




 さて、やってきました崇福寺。
1107121353_DSC_5581

 黒田家菩提寺って事は例のあの方の墓所って事ですわ。
1107121354_DSC_5582

 秀吉、そして家康がもっとも恐れたと言われる男。
1107121354_DSC_5585

 黒田官兵衛こと如水のお墓ですよ!
1107121354_DSC_5586

 もうね、九博と如水のお墓参り。
1107121355_DSC_5588

 この二つで福岡の旅は終了!
1107121355_DSC_5589

 ってくらい、重要な場所です。
1107121356_DSC_5590

 入り口は当然のごとく、鍵が閉まっています。
1107121356_DSC_5591

 でも事前に情報をゲットしているので大丈夫。
1107121400_DSC_5596

 お寺の方で住職さんを訪ね、黒田家墓所のお墓参りをお願いして鍵ゲットです!
1107121404_DSC_5601

 てな訳で黒田家の墓所です。
1107121404_DSC_5602

 大分の旅で中津に行きましたからね。
1107121404_DSC_5603

 ここには行っておかなければならないでしょう。
1107121405_DSC_5605

 と言う事でまずは長政のお墓です。
1107121406_DSC_5608

 如水の息子、本当なら幼少の頃に人質に出されていた信長に殺されていたはずの彼です。
1107121406_DSC_5611

 竹中重治の機転により、命を救われたと言われますね。
1107121406_DSC_5612

 そして如水のお墓です。
1107121406_DSC_5614

 彼だけ、赤黒くなっていて存在感が違います。
1107121406_DSC_5615

 なんでだろう。
1107121407_DSC_5619

 でも、一目見ただけで他のお墓と違うのでわかりますね。
1107121407_DSC_5620

 いや、この人って本当にすごいと思いますわ。
1107121407_DSC_5623

 秀吉に恐れられ、家康にも警戒されながらその先の先を読んで、忠節ぶり発揮しましたからね。
1107121411_DSC_5625

 ほんと、この人は当時どんな気持ちで過ごしていたんでしょうか。
1107121411_DSC_5626

 天下を取れるほどの才能を持っていると言われていました。
1107121411_DSC_5628

 そのわりに、君主を裏切る事もありませんでした。
1107121411_DSC_5629

 にもかかわらず、その君主にも信頼されてなかったってどうなんでしょう^^;
1107121412_DSC_5634

 また、倹約家でもあったそうで。
1107121412_DSC_5636

 今でこそ、中津城は観光用の立派な天守閣が建っていますが、当時はありませんでした。
1107121413_DSC_5637

 加藤清正などがせっせと築城しているのに対し、如水は築城に無駄なお金は使わなかったそうです。
1107121413_DSC_5638

 また、生活面でも自分のお古を部下に売ったりしていたそうで^^;
1107121413_DSC_5639

 でも、関ヶ原の合戦の時には蔵を開けて蓄えていた金を支度金として集めた兵に与えたと言われます。
1107121413_DSC_5640

 お金の使い処をよく知っている人。
1107121413_DSC_5641

 今だったら必ず出世するタイプですよね^^;
1107121413_DSC_5643

 さて、一通り手を合わせて写真を撮った後、墓所離脱。
1107121414_DSC_5644

 ちゃんと南京錠をかけて住職さんに鍵を返して。
1107121414_DSC_5645

 時間は2時を過ぎてきました。
1107121414_DSC_5647

 そろそろ、関西人さんの動きが気になる所。
1107121416_DSC_5650

 早ければ午後から合流して、何カ所か一緒に回りたいなんて言ってましたし。
1107121418_DSC_5652

 とりあえず、どうとでも動ける福岡城址に移動しますかね。
1107121418_DSC_5653

 100名城のスタンプもゲットしないと!
1107121418_DSC_5656



 つづく~

スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 福岡 横岳山崇福寺 黒田如水墓 黒田長政墓 黒田家墓所

コメント

Re: タイトルなし

あけぼうさん、いらっしゃいませ。
そう、住職さんに借りるんです。
これもインターネット様々です。
こういう情報、ネットが発達してなかった頃はなかなか入手する事が出来ませんでしたからね。
いい時代になった物です。


へーっ、わざわざカギを住職さんから借りるんですね~。すごいですね、さすが・・・。
でもちゃんと中には墓所配置図とかの案内板があるんですね。
知る人ぞ知る・・ですねぇ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ