プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:大塚美術館と播磨の旅
~前回のあらすじ~


 大塚美術館に到着です。


 じっくり見ればとても一日で終わらないボリューム。


 何より西洋美術に詳しくない私たち。


 とりあえず無料ガイドがあったので同行することに。


 大変おもしろかったですが、あれからすでに2年経過しての旅日記執筆なので、きれいさっぱり忘れています^^;






 ガイドさんの説明は1時間。


 いろいろ楽しい話を聞かせてもらいました。


 楽しい時間はあっという間にすぎます。


 ガイドの時間は終了。


 これから私たちは独り立ちしますw


 広大に広がる絵画の世界。


 思わず立ちすくみます。


 ただ、持ち時間はたっぷりありますし見てないところもありますし。 


 ゆっくり回っていきましょう。


 わからないなりにw


 とりあえず、さきほど説明中に人だかりで写真をとれなかったところから回っていきましょうか。


 特に誰でも知ってる有名どころはね。


 それを回りながら下から順番に回っていきます。


 ちなみに前回も書きましたが、ここは山の中を掘って美術館を作っています。


 正面入り口のエントナンスは地下三階になります。


 順番に回っていけば、上に上にと上がっていき、最後には地上に出るとw


 何ともすてきな構造で。


 迷いそうなのですが、最初ガイド付きで一通りざっくり回っていますので。


 改めて回ると、さして迷うことなく進むことができました。


 知らない作家さんで印象に残る絵も何点もありましたし。


 ただ、ちゃんと写真に残ってなかったり;;


 トリックアートは明日行く予定なんですが、すでにこの美術館にも何点かあったり。


 絵画だけでなくて壁画とかも結構あったりとか。


 やっぱり私は絵画より壁画が好き。


 建物や岸壁に刻まれた美しくもかすれかけた壁画に目を皿にして見るのが好きですね。


 あと、絵画ですとダーク系が印象に残りました。


 悪魔の絵とか、蛇を首に巻いて氷の微笑を浮かべる美女とか。


 けっこう、背筋がぞっとするような絵も展示していました。


 案外、そういった絵の方が印象に残ってたりして。


 とはいえ、いかんせん数が多すぎです^^;


 覚えてられません。


 記憶はあります。


 見た記憶はw


 でも、それがなんだったか覚えてません。


 まっ、そんなもんでしょう。


 ただ、いい時間を過ごすことはできました。


 楽しかったですし。


 とりあえず、そろそろ食事にしたいですね。


 再び戻ってきたシスティーナ礼拝堂、二階(実際には地下二階)からの眺め。


 ともちゃん、乗り出して必死で写真撮ってますw




 つづく~



スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ