プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:大塚美術館と播磨の旅
~前回のあらすじ~


 太陽公園、城のエリアです。


 鉄筋だからとなめてかかると驚きます。


 某市の日本一の天守閣とは訳が違います。


 私のブログの北信越の旅で紹介してますので気になる方はご参照ください。


 まあ、何よりトリックアート堪能です。








 城の外に出ました。


 しばし、城と一緒に記念撮影。


 城がでかすぎて一緒に撮ると人間ただの点ですw


 人が前に寄れば何の問題もありませんが。


 福祉施設か~


 行きはケーブルカーを使いましたが、戻りは歩くことにしました。


 下しだし、距離もしれてるし、ケーブルカーは混んでるし。


 巨大なお城を眺めながらというのもいいものです。


 で、かなり遅めの昼食。


 中途半端な時間に明石焼きを食べたので、全体的にずれてます。


 フードコートがあったのでそこで。


 みんな軽めにパンにしました。


 晩ご飯もありますし、なにせ時間が3時ですから。


 そして休憩後に石エリアで。


 岩ガン系の私にとってレプリカといえど楽しみな場所です。


 ちなみに岩ガン系については大分の旅を参照してください。


 いきななご挨拶。


 本物を現地で見れば感動するでしょうが・・・


 こんなところで見るとかなり滑稽。


 そして、時間帯によってはかなり怖い。


 あまり、一人では歩きたくない。


 そんな雰囲気になってます。


 向こうに見えるの老健でしょう。


 当然入所者の方、散歩したりするんでしょ?


 私はイヤだな…


 だって、怖いでしょう。


 レプリカとはいえ、死者を弔う物も沢山あるわけですし。


 それどころかトモちゃん、チャックモールに座って記念撮影してました。


 意味分かってるんだろうな^^;


 なんと、勇ましいことで。


 ケツァルコアトルの神殿だそうです。


 ミニチュアですね。


こう言うのが好きですw


 写真だけ見ると安土城を思い出します。


 安土城のほうがはるかにでかいですが。


 まあ、でも・・・


 デフォルメされてるんですかね。


 なんかちょっと滑稽です。


 すごくいいんですが。


 何でしょう・・・全体的にシュール?





 つづく~


 


 
 
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ