プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:飛騨高山・グルメの旅
~前回のあらすじ~


 白山林道です。


 標高1445m。


 最高地点はもう少し高かったはず。


 相変わらず、すごい迫力。


 天気は雨後曇りでしたが、ガスが出なくてよかったです。






 10時40分、ふくべの大滝離脱です。


 ひたすら下ります~


 こっから先、下ることはあっても登ることはありません。


 それにしてもすばらしい渓谷です。


 この道を造るのも大変だったんでしょうね。


 山の中腹に道路がへばりついてるように見えますもんね。


 再び車を停めて休憩です。


 親谷の湯、温泉や足湯があるという事で寄ってみました。


 足湯でのんびりしたいというリクエストで来たんですが・・・


 まずはこれを下っていかなければならないと・・・


 さすがにどん引きしながら説明書きを見ていると、湯量が少なく現在は利用できないとの事。


 ある意味、助かったというべきでしょうか…。


 あの渓谷を降りて登ってたら、日が暮れてしまいそうです。


 なにより足湯に浸かってさっぱりしたあと、汗だくになって階段を登る姿。


 あまり想像したくないです。


 とまあ、みんな同じ気持ちだったのか
全員一致で足湯につかる案は否決されました。


 てな訳で再びスタート。


 だいぶん、山も下ってきました。


 それでも結構な標高ですが。


 それでも、周りの風景は明らかに変わってきました。


 走ってると結構至る所に滝が見えますね。


 もう、どれが何というなの滝かさっぱりわかりませんが。


 そうこう言っているうちに11時、料金所通過。


 これにて白山林道終了です。


 道中、エメラルドグリーンの川が話題になって途中で車を停めて川を眺めたりしたんですが。


 さすがにこれだけ雨が降ると雨の水も濁ってしまいますね。


 まあ、とりあえずさっさと先に進みましょう。


 あんまりゆっくりしてると、御昼ご飯に間に合わなくなってしまいます。


 ランチタイム終了、夕方また来てね何て最悪の展開ですから。


 周りの風景もすっかり町です。


 建物見えれば街って感じるところもすごいですが。


 まだまだ、山道はつづくんですけどね。


 それよりも右に見える縁石が怖いですわ。


 この辺りは落石防止のトンネルがたくさんありますわ。


 前回はこの辺り手すでに興奮してましたね。


 今回は逆ルートなので、さっぱり興奮もありませんが。


 当時は真夏のスキー場ですら珍しかったですからね。


 ウブでしたね。


 さて、11時20分。


 道の駅瀬女に到着です。



つづく~

↓押してね!
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村







スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ