プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:飛騨高山・グルメの旅
~前回のあらすじ~


 お食事処田島でお昼です。


 最高に美味しい海鮮丼を頂きました。


 そして道の駅みくに。


 こちらでも美味しいソフトクリームをゲット!


 さあ、おなかもふくれた所で「永平寺に到着である!」






「永平寺である!」


 と、『禅ZEN』という映画の劇中で叫んだのは当時の中村勘太郎。


 現在の六代目、中村 勘九郎です。


 ちなみにこの映画、曹洞宗の開祖、道元の生涯を描いた作品です。


 てことは?


 永平寺の建立した人でもあるわけです。


 前回、北信越の旅の時にはでっかい伽藍が福井の山の中にある。


 って、そんなノリで訪れた場所でした。


 今回は映画を見て、予習してきました。


 役に立ったか?


 いや、あんまり^^;


 お札とか売っている場所で映画のポスターがあって喜んでたくらいですかね。


 毎度のごとく、拝観に当たっての注意事項を聴かされます。


 それにしても、ほとんど人がいません。


 静まりかえってます。


 傘松閣にいたっては、こんなに薄暗かったっけ?


 ISO感度上げてるので明るく見えますが、実際にはかなり薄暗いです。


 しかも、私たち三人以外に誰もいないのでまるで無人のよう。


 ちょっと不気味です。


 前回来たときの喧騒はどこへやら。


 まあ、前回はお盆でしたからね。


 なにもない平日とは訳が違いますわね。


 おかげさんで、建物撮るときにひとが写り混まずにありがたいです。


 気分は貸し切り状態。


 たまにねぇさんが、人の前に出てきて邪魔しますがw


 でも、考えたら。


 次に来るときには修行体験とかして宿坊に泊まりたいなんて話をしてましたね。


 結局今回も実現しませんでした。


 てか、実現の可能性は低そうですね。


 ねぇさんとか、宿坊には興味なさそうだし。


 先輩とか泊まりの旅は厳しそうですもんね。


 トド君とこないだ会ったんですが、


 また旅に行きたいなんて話をしました。


 実現には越えなければならないハードルも多いです。


 正直難しそう。


 でも、そのうち実現させたいですね。


 旧松村探検隊復活!


 超マニアックな所をノンストップで。


 なんてね。


 話しずれましたが、もう一回永平寺が残っているので今回はこれで勘弁を。




 つづく~

↓押してね!
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ