プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:嵐の宮崎・縦断の旅
~前回のあらすじ~



 都農神社です。


 日向一宮、主祭神は大己貴命、別名は大国主様・・・


 大国主様関係でいい思い出のない私は、どんな災厄があるかわかりませんので、とっとと離脱。


 お昼ごはんはいけすレストラン大量丸。


 美味しそうなものが色々あったのに、ついつい無難な海鮮丼を頼んでしまいました。





 お腹もふくれて再スタート。


 ただいま、時刻は1時半。


 ホントに時間がたつのは早いです。


  ルートはひたすら北上。


 目的地は日向市です。


 あと一ヶ所、立ち寄ったらそこから山間部に入る予定。


 海とももう少しでお別れです。


 結局、初日の都井岬で晴れてただけで、あとはずっと雨、もしくは曇りでしたね。


  晴れの中を走りたかったです。


 それでも、三日目に入って雨が降っていないのが救い。


 鹿児島の旅の時はだんだん天気が崩れていきましたが、今回は逆であることを願いたい。


 そういえば、2007年のお正月、高千穂の旅でも天気が悪かったんですよね。


 まあ、到着した時には雨がやんで、ずっと曇りだったんですけどね。


 何て言ってるうちに馬ヶ瀬に到着です。


 海の絶景をぜひということで。


 車を駐車してしばらく歩きます。


 ここには馬ヶ背と、あと1つ願いの叶うクルスがあると聞きました。


 馬ヶ背の案内はあるんですがクルスの案内がないんですよね。


 まあ、先に馬ヶ背にいくとして、クルスは後で探しましょう。


 歩くこと5分少々。


 馬ヶ背に到着です。


 70mの断崖絶壁です。


 東尋坊とおなじ柱状節理の海岸線です。


 面白いのはこの形状。


 まるで鋭利な刃物で一刀両断したような、真っ直ぐで深い形状です。


 写真ではあまり高さが感じられませんが、現物を見るとすごい迫力です。


 東尋坊や三段壁とは違う迫力があります。


 上に書いた両方行ったことがあるねぇさんですが、今回の旅で一番よかった場所とあげています。


 東尋坊とかどうでもいいなんて言ってたねぇさんが、一番食いついたってのは以外でした。


 遊歩道を進むと岬の先っぽまで行くことができます。


 景色はすごくいいのですが、クルスがあると思ってここまで来たのに見当たらない。


 別にこだわってるわけではないのですが、なければないで悔しい。


 案内見ても馬ヶ背とセットで扱われてますし。


 ただ、遊歩道を色々歩き回っても見つかりません。


 しかたがない、諦めましょう。


 それにしても、こんな断崖絶壁にも釣り人がいました。


 相変わらず命懸けですな。


 とりあえず離脱しましょう。


 駐車場まで戻って。


 猫ちゃん、バイバイ。




 つづく~

↓押してね!
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村





 
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ