プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:嵐の宮崎・縦断の旅
~前回のあらすじ~




 馬ヶ背です。


 海から一直線に伸びた断崖絶壁です。


 高さ70m。


 東尋坊などに比べてシンプルな分、迫力があります。


 以外や以外、ねぇさん大興奮。





 馬ヶ背離脱。


 この日向岬は道路がぐるりと通っています。


 来た道を戻らず、反対側に走っても最終的に元の道に合流できます。


 てなわけで、おなじ道を走るのは面白くないので、逆方向に走ります。


 もしかしたらというのもあったのですが、予想通り展望台の駐車場を発見。


 ある種の確信がありました。


 遊歩道をいくら探してもないのなら、車で少し移動すればあるのでは?


 あったよw


 って事はこの先にあるのかな?


 はい到着、願いの叶うクルスです。


 航空写真で見るとこんな感じ。


 これは願いの叶うクルスの鐘です。


 てか、引っ張る引っ張るw


 てなわけで、これが願いの叶うクルスです!


 いや、そこまで必死に探して、しかもひっぱる内容か?


 まっ、見て満足、それで終了ですね。


 いつの間にか猫が休憩してるし^^;


 ちなみになぜ願いの叶うクルスかと言うと、


 クロスの横に岩があるんですが、それを口の漢字に見立てると、


 クロスとならんで「叶」の漢字に見えるからだそうです。


 なにか、目に見えぬ力が存在するパワースポットではないようです。


 で、日向岬離脱です。


 時間は2時半過ぎ。


 ここから山間部に入っていきます。


 そう、やっと高千穂方面に舵を切っていきます。


 前回は熊本からのアクセスでした。


 今回は延岡から。


 以外と距離あります^^;


  とりあえず、到着したらまずは高千穂峡。


 一番にボートをすませましょう。


 時間があったら天岩戸神社に行きますかね。


 前回、2007年お正月の旅では時間がなく天岩戸神社の神主さんガイドつきご神体見学ができませんでした。


 今回こそはご神体の天岩戸を見学するぞ!


 まあ、撮影禁止なんですけどね。


 さて、ここで一旦高速に乗ります。


 東九州道です。


 これで一気に延岡までいきましょう。


 考えたら、宮崎から北は高速通っているのをあえて地道を通ったんですよね。


 中途半端に寄るとこあったんで仕方ないですね。


 てか、そもそもこの頃開通してたのか?




 つづく~

↓押してね!
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ