プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:嵐の宮崎・縦断の旅
 2016年4月の熊本・大分を中心に発生した地震にて被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

 当ブログ、阿蘇での旅の写真などを掲載していますが、今回の旅日記の記事ならびに写真は2013年10月のものです。

 被災前の写真も出てくることになると思いますが、改めてよろしくお願いします。



~前回のあらすじ~



 火口まで上がれず、失意の離脱となった私たち。


 とりあえず、草千里レストハウスへ移動して休憩です。


 ジェラート食べたり、風景眺めたりして離脱。


 高台の展望台があったので、そこから撮影してたんですが、


 なんだか、通行止めになってるはずの火口へ上がる道路、車が走ってません?






 閉鎖になっているはずの道路。


 望遠レンズで見ると確かに車が何台も走っているのが見えます。


 一か八か、たいした距離ではないので勘違いならばUターンすると言うことで、戻ることにしました。


 どうか、解除されてますように。


 うおー、開放中になってる!!


 また、いつ通行止めになるかわかりません。


 急いで上に上がりましょう。


 600円払い、ゲートを抜け、


 さらに上がっていきます。


 ロープウェイも動いてる、動いてる。


 火口からもくもくと出ているガスが少々気になりますが。


 結構、勢いよく出てるので^^;


 でも、火口に行けることの方が優先ですわね。


 さあ、駐車場に到着。


 正面、白いのがガス。


 時々、爆発的噴火起こしてるし、ちょっと心配になったりもしますが。


 それよりも火口に来れたことが嬉しいです。


 中学校の修学旅行以来。


 その旅行、ほとんど記憶に残っていない中で、数少ない思い出ですので。


 さあ来た!


 なんか、すげぇ。


 中学生の時も感動したけど。


 今見ても感動です。


 風向きによって、ガスがあるので気を付けないと。


 係員が出て、ガスの方に観光客が行かないように誘導してます。


 はい、ガスがこっち来たから、みなさんあっちいってねって感じで。


 実際、ガスの中に入ってしまったのですが、もう大変。


 目は痛いし、息はできないし。


 なんじゃこりゃって感じ。


 そりゃ、これは危険ですわ。


 こんな環境なので、残念ながら火口壁を歩いて回ることはできませんでした。


 以前の記憶では反対側まで歩いたはずなので。


 写真のように今いる位置からは結構遠く感じます。


 さすがにこれだけガスが出てるとまずいで少子。


 望遠で撮ってますが、実際にはこんな感じですし。


 何かあればこのシェルターに。


 蔵王にもありましたね。


 あれは完全な避難小屋になっていたので、あのときは9月なのに防寒目的で利用させてもらいましたが^^;


 さて、火口壁の散策もできませんし、時間も押してきてるのでそろそろ離脱しますか。


 3時半過ぎてますし。


 ほんと、ここにこれて満足でした。




 つづく~

↓押してね!
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ