プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:能登半島一周の旅
~前回のあらすじ動画~



 輪島の朝市を離れて北上。


 白米千枚田に立ち寄ります。


 そこでお米のソフトクリームをゲット。


 新潟で食べたお米のアイスとは全く別物でした。


 そして、実は私が一番楽しみにしていた場所、八世乃洞門に到着です。





 いきなりですが明治道です。


 今はせっぷんトンネルと名を変えている恋人の聖地。


 その実は脱力系? LEDでハートマークを作ってました。


 大昔、西村京太郎の小説に登場した恋路駅も能登半島にありますし、便乗ですかね?


 本来の目的はこちら、江戸道です。


 意味わからない? と思われた方のために黄色い線で示したところが道です。


 江戸時代、旅人は危険を犯してこの道を渡っていたそうです。


 多くの人が海に落ちて命を落としたそうです。


 新潟の親不知とか、山の中ですが大分の耶馬溪とかそうですね。


 ほんと、ここを江戸時代に人々が渡っていたかと思うと、不思議な気分になります。


 夏の穏やかな日中にこれですからね。


 さすがに歩いてみる勇気はありませんでした。


 で奥に行くと岩窟不動ですってよ。


 ちとイメージしたものとは違ってましたが、波風を受けてって感じですね。


 この道の歴史を語る石碑がありました。


 耶馬溪の青の洞門みたいに有料にはしなかったんですかね?


 ほんと、垂直の壁ですわね。


 車でサクッと移動してトンネルの反対側に来ました。


 これが先ほど通った新しいトンネルです。


 で、こっちが震災で通行止めになった旧道。


 こうしてみると対向車を交わすのも一苦労しそうですね。
1407281212_DSC_2355.jpg

 で、さっきから写真にはチラチラ写っているんですが、


 その前に波の花、この辺りで見られるそうです。


 そうそう、滝です。


 垂水の滝です。


 海に直接落ちる珍しい滝です。


 日本海の強風にあおられ真横を向くとか言ってたっけ?


 本日は穏やかでした。


 天気もいいですし。


 今日、遊覧船とかに乗ったら楽しそうですね。


 12時過ぎてますし、そろそろ移動。


 車で少し戻って再び停車。


 今度は窓岩です。

 
 ひっくり返すとある形に見えるのですがわかります?


 答えはハートでした。


 こういうスポット、多いですね。


 無理矢理感、漂うところが多いですが。


 まっ、とりあえず移動開始で再び輪島の中心街に戻ります。


 お昼、食べないとね。


 ただ、駐車場がないのでその付近、ということで道の駅わじまに到着です。



 つづく~

↓押してね!
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ