FC2ブログ

プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:高知、桂浜と足摺岬の旅
~前回のあらすじ~


 高知城にやって来ました。


 ここ、来たかったんですわ。


 しかし、100名城のスタンプ帳は忘れるわ、雨は激しく降り始めるわ。


 挙げ句は車の中に財布を忘れるという、大失態。


 結局、中に入ることはできませんでした。



~読むのが面倒な人は朗読動画をどうぞ~





 失意のまま、高知城離脱です。


 とりあえず試し押しようとはいえ、スタンプゲットできてよかったです。


 てなわけで移動開始。


 どこかで見たことあるような・・・亜人のIBMでもいるのか?


 工場だったのね。


 この雨のなか、住宅火災でもおきてるのかと思いました。


 市街地を離れ、少し郊外へ。


 中心街からそれほど近いわけでもないんですね。


 桂浜に来ました。


 左上には龍馬記念館も見えますね。


 じゃ、そちらに向かって行きましょう。


 どんどん山を登って。


 結構、登りますね。


 歩いて桂浜まで行くんで、あまり高いところまで行きたくないんですけどね。


 さて、見えました。


 坂本龍馬記念館です。


 桂浜に行こうって話だったので、ここには寄らないと。


 撮影OKなので助かりますね。


 で、こちらが寺田屋で使用したと言われる物と同型の拳銃。


 銃の扱いに関する問題でニュースにもなりましたよね。


 展示を見合わせていましたが、再び公開されてました。


 こちらは龍馬の血痕が付いている屏風のレプリカです。


 船の模型が沢山置いてありました。


 二条城の天守閣が写っている古写真。


 そして江ノ島。


 こちらは龍馬暗殺現場の原寸大復元モデルです。


 確かに天井が低いですね。


 とまあ、その天井まで復元されてました。


 ちなみに畳の上にあがって、記念写真を撮ることもできます。


 血痕の付いた屏風とか掛け軸も再現。


 ファンにはよだれものでしょうな。


 龍馬伝のラストが思い浮かびます。


 賛否両論ありますが、私はすごい好きな作品です。


 人間龍馬を丁寧に書き上げた脚本だなと思いました。


 また、福山雅治もしっかり演じてましたし。


 いろんな人に出会い、話を聞いて感化され。


 それをうまくまとめて最後には大政奉還を実現。


 自分をバカと称し、実際自分が何か新しいものを産み出した訳じゃないけれど。


 天才たちが語る絵空事を、次々と実現していく。


 そんな龍馬伝の龍馬に、すごく魅力を感じましたね。




 つづく~

↓押してね!
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ