FC2ブログ

プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:竹原・歴史と兎の旅
~前回のあらすじ~


 みんなとは別行動開始。


 一人、レンタサイクルで回ります。


 早々、毒ガスの貯蔵庫跡に。


 けっこう大きいです。


 やっぱり私はウサギより、こっちですね。



~読むのが面倒な人は朗読動画をどうぞ~





 再び北上開始。


 島の北の端まで行ってみます。


 しかし何もないので、外周路に戻ります。


 こんな坂道を上っていきます。


 案内板を見ると、ここって山削ってるのね。


 で、到着したのは発電機関舎跡というか、砲台跡と言うか。


 和歌山のラピュタの島ぽいと言うか、なんと言うか。


 同じ旧日本軍の遺構なんだから、似てくるのは当然でしょうが。


 ただ、私としては初めて見るものなので、インパクトは大きいです。


 ここに発電施設があったんでしょうね。


 しかし、残ってるもんなんですね。


 旧日本軍施設といえば、この旅日記では・・・


 下関の火の山公園の砲台跡とか。


 後は広島城に残る大本営跡くらいかな。


 まあ、広島の方は大戦時には史跡としてすでに一般解放されてたようですが。


 和歌山のラピュタの島もいつか行こうって話になってます。


 まあ、その理由はねぇさんもここを見てよかったみたいなので。


 ん?


 一人で回ってるんじゃないのかって?


 いや、それがですね。


 ここら辺りで携帯が鳴りまして。


 誰かと思えばねぇさんでした。


 なんでも、リュウが水着が無いという事で、


 パンツ一丁で泳ぐことになりました。


 トランクスのガラパンなんで、遠目には海パンと変わらんし。


 で、喜び勇んで海に飛び込んだのはいいのですが。


 海水に浸かった途端、飛び上がるくらい痛みがしたそうで。


 なぜだかわかりませんが。


 で、しばらく粘ったようですが、あきらめて上がったようです。


 そうなると、やることなくなったリュウ。


 そこでレンタサイクル借りて私に合流したいとの話になったようです。


 着替えて自転車借りるのに時間がかかるので待ってほしいとの事。


 てなわけで、わたしも動かず、待機となりました。


 山を登ったところにある砲台跡にも行こうかと思っていたのですが、


 そういう事情で中止しました。


 ただ、ずっとここにいるのも飽きてきました。


 てなわけで、迎えにいきますか。


 自転車で来た道を戻ります。


 で、貯蔵庫跡で合流。


 改めてスタートです。



 つづく~

↓押してね!
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ