プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:冬の高千穂・神話の旅
※お知らせ

現在、ファイル使用量が上限付近の990MBまで行っています。
そのため、古い記事より順次画像を縮小しています。
大変見づらいと思いますがご了承ください。

もしよろしければ、別館にてVGAサイズで同じ内容をアップしてますのでそちらもよろしくお願いします。

別館はこちらです
↓↓↓↓
松村博司の旅行ブログ


 この日の宿泊先は花旅館岩戸屋。
P1030540

 天岩戸神社東本宮からは目と鼻の先。
P1030555

 朝7時に車内で十数分の仮眠を取っただけでぶっ通しだった私はここに来てしばしの仮眠を取ることに。
P1030542

 30分ほど仮眠を取った後は、夕食タイム!
P1030543

 オプションで予約していた猪鍋。
P1030544

 そして1月2日、正月と言うことでおせちがでました。
P1030545

 いや、めっちゃうまいや。
P1030551

 写真には載っていませんが古代米のご飯とか奥日向サーモンのお味噌汁とか最高でした。
P1030552

 さて、風呂に入ってとっとと寝ますか!

 あれ?
P1030558



 翌日の夜に行く予定だった高千穂名物、夜神楽。

 なぜか私たちは高千穂神社にいました^^;
高千穂神社%%http://maps.google.co.jp/maps?&q=32.706379,131.302329+(%E9%AB%98%E5%8D%83%E7%A9%82%E7%A5%9E%E7%A4%BE)&hl=ja&ie=UTF8&z=16%%32.706379%%131.302329%%16

 夜の8時です。
P1030603

 本来は一般宅で一晩中かけて33番を舞う神楽で重要無形文化財に指定されています。

 私たちが見に来たのは観光神楽。

 毎晩、夜の8時から1時間。

 33番の中から4番の舞を高千穂神社の神楽殿で観光客向けに行われています。

 私たちは旅館の若旦那に送っていただいたのですが、高千穂神社に到着するとホテルや旅館の名の入ったマイクロバスがいっぱい駐まっていました。
P1030561

 そして神楽殿は大入りです。
P1030563

 まずは挨拶。今は8時、約一時間の内容です。
P1030566

 最初は手力雄(たぢからお)の舞です。
P1030569

 天照大神が天の岩戸に隠れたので、手力雄が静かに耳を澄ませ探したり考えたりしている様子を舞っています。
P1030575

 つづいては細女(うずめ)の舞。
P1030577

 天の岩戸の場所がわかったので、岩戸の前でおもしろおかしく舞い、天照大神を岩戸から誘い出そうとしています。
P1030579

 昔、天岩戸作戦なんてやったっけ・・・

 この時はミイラ取りがミイラになってしまいましたが^^;

 そして戸取(ととり)の舞。
P1030580

 天岩戸伝説最終局面、岩戸を取り払う場面です。
P1030582

 だんだんと盛り上がっていきとても迫力のある舞でした。
P1030590

 そして最後、御神躰(ごしんたい)の舞です。
P1030596

 イザナギとイザナミの二神がお酒を仲良く作って飲んでいるところを舞っています。
P1030597

 二人の息が絶妙でしばしば場内笑いがもれることも。
P1030598

 酔っぱらったイザナギが観客に浮気に行きイザナミに説教されている様など最高でした。
P1030600

 夫婦円満を象徴している舞だそうですがイザナギとイザナミの伝説って最後はねぇ^^;

 黄泉比良坂の印象が強くてなかなか・・・

 とはいえ、とてもおもしろかったです。 

 さて、楽しかった時間はあっという間。

 すでに時間は9時を過ぎています。

 私たちが泊まった岩戸屋は温泉への送迎と無料入浴のサービスがついています。

 高千穂神社の帰りにその温泉へと連れて行ってくれるという仕組みです。
天岩戸温泉%%http://maps.google.co.jp/maps?&q=32.723808,131.345707+(%E5%A4%A9%E5%B2%A9%E6%88%B8%E6%B8%A9%E6%B3%89)&hl=ja&ie=UTF8&z=14%%32.723808%%131.345707%%14

 そして到着したのは天岩戸温泉。
P1030606

 もちろん天然で低張性弱アルカリ性のお湯です。
P1030605

 疲れた体をゆっくり癒やし、今日一日を振り返ります。
P1030604

 いろんな所へ行ったな~、内容の濃い一日でした。

 まだあと二日残っています。

 旅館に戻るとぜんざいのサービス。
P1030607

 さあ、今度こそ寝るだけ。

 トド君と明日への訪問先のミーティングを手短く済ませ、泥のように眠るのでありました・・・

 実はお互いのいびきで今一つ眠れなかったのはここだけの話><

 つづく^^;

スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 九州 宮崎 高千穂神社 花旅館岩戸屋 夜神楽 天岩戸温泉

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ