プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:冬の高千穂・神話の旅
※お知らせ

現在、ファイル使用量が上限付近の990MBまで行っています。
そのため、古い記事より順次画像を縮小しています。
大変見づらいと思いますがご了承ください。

もしよろしければ、別館にてVGAサイズで同じ内容をアップしてますのでそちらもよろしくお願いします。

別館はこちらです
↓↓↓↓
松村博司の旅行ブログ


 いよいよ旅も第二日目。

 今日は本格的に高千穂を回る予定です。

 朝8時半、チェックアウト。

 あまりの霧に国見ヶ丘は霧に包まれNGだろうと思ったのですが、この写真を見る限り朝のうちに行っていれば素晴らしい雲海が見れたのではないかという気がします^^;
P1030619


 国見ヶ丘はスルーして8時50分、最初の目的地に到着です。
P1030634

 ここはくしふる神社駐車場です。

 漢字が出ないのでひらがなで失礼します^^;

 案内板を見ると回りにも色々あるようです。
P1030637

 とりあえず、くしふる神社は後にして、先に周辺から散策しましょう。

 静かな朝です。
P1030639

 今、この街には結構観光客が集まっているはずなのですが、
P1030640

 人っ子一人いないというのは人の集まる観光ポイントからはずれてる?^^;
P1030642

 とはいえ山間の町といった感じですね。
P1030643

 風情があります。
P1030645

 そして正真正銘最初のポイントに到着。
P1030651

 天真名井です。
P1030655

 天孫瓊々杵尊が降臨したとき、この土地に水がなかったために再び高天原に上がり天真名井の水をここに移したと伝えられています。
P1030653

 今一つ意味がわからなかったのですが、木の幹をのぞいてみると・・・
P1030652

 水が沸いてる・・・

 ちなみにこの木はケヤキで樹齢1300年だそうです。
P1030654

 となれば天真名井の上に木が生えたということになりますね。

 うむ、不思議な感覚です。

 そして歩いて10数メートル先。

 夜泣き石なるものを発見。
P1030657

 村に災いがある度に石が夜にうごいて知らせたことからこんな名前が付いたそうです。

 その他、瓊々杵尊の妻である木花咲耶姫が難産だったためにこの岩に抱きついて出産したとの伝説があり豊玉姫、玉依姫のお産にも伝説があるとのこと。

 そんなこんなで岩の名前から夜泣きの激しい子供がこの岩に触ると泣きやむと言われています。

 ちなみに木花咲耶姫、お父さんは現在大三島に日本総鎮守として祀られている大山積神(大山祇神)です。

 世の中狭いように神話の世界も意外と狭いですねw
P1030659

 さて、次に向かいましょうか。
P1030661

 お次はどこかな~
P1030662

 のんびりと歩いていく私とトド君でありました。
P1030665


 つづく・・・
スポンサーサイト

テーマ : 世界遺産・遺跡・名所 - ジャンル : 旅行

タグ : 九州 宮崎 高千穂 天真名井 夜泣き石

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ