プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:冬の高千穂・神話の旅
※お知らせ

現在、ファイル使用量が上限付近の990MBまで行っています。
そのため、古い記事より順次画像を縮小しています。
大変見づらいと思いますがご了承ください。

もしよろしければ、別館にてVGAサイズで同じ内容をアップしてますのでそちらもよろしくお願いします。

別館はこちらです
↓↓↓↓
松村博司の旅行ブログ


 気が付けば、我がブログ最長だった「北陸・中部1200キロの旅」を越え、この高千穂の旅が最長となりました。

 北陸・中部の旅が1泊3日だったのに対し、高千穂の旅は2泊5日なのだから当然といえば当然なのですが・・・

 実はまだ折り返し地点まで到達していないという衝撃的事実!

 出雲の旅は四国の旅はいったい何時になったら書ける事やら・・・

 てか次の但馬の旅まで一週間を切っています^^;

 てな訳でさくっと先を急ぎましょう!

 高千穂神社~!
P1030755

 重文の本殿~!
P1030771

 頼朝寄進、同じく重文の狛犬~!
P1030775

 神楽殿~!
P1030777

 さあ、次に行きましょう!
P1030780



 この町にはこういったオブジェが至る所にあります。
P1030781

 でそのオブジェと細女の像の後側、丁度高千穂神社の正面に小さな社がありました。
P1030782

 この木も由緒正しき木からだそうです。
P1030783

 説明書きとかあって読んだ記憶はあるのですが写真には残っていませんでした^^;
P1030784

 てな訳で覚えていません><
P1030785

 猿田彦大神?
P1030786

 荒立神社の猿田彦?
P1030787

 お墓? だれの?
P1030788

 謎は謎を呼び、そのまま放置W

 さあ、つぎへいくぜ!

 次に向かったのは鬼八塚。

 高千穂神社に祀られている三毛入野命が鬼八を退治した様子が本殿に像としてあるのは昨日紹介しましたが、その退治された鬼八の塚に行ってみようということになったのです。

 が・・・

 なかなか見つからない^^;

 あちらこちらさまよい続け約20分・・・

 見つけたのはベスト電器^^;
P1030789

 なぜ?w

 せっかくなのでちょっと中へ。

 多分無いだろうと思っていたのですがACインバータ発見!

 2種類あって一つは普通の四角いやつ。

 もう一つはカップホルダにも収まる素敵なデザイン(ちょっとでかすぎですが)

 結構値段はするのですが現状、車内でデジカメのバッテリを充電できないのはかなりきついです。

 ここまで思ったよりも出費が少なかったこともあり、まさかこんな所で現地調達できるとも思っていなかったので購入することに。

 ついでに心許なかったSDカードも一緒にゲットです。

 4日の朝撮影、ACインバータ。
P1040200

 普通のカップホルダだとインバータでか過ぎなですがレガシィの標準装備のカップホルダだと丁度でした。

 ちょっとでかくて使いにくいと思っていたカップホルダですが思わぬ所で役に立ったw

 そして3日、宿泊の旅館にて撮影、SDカード。
P1040183

 これでメモリはトータル2GB!

 怖いもの無しだぜ!

 てなわけで場所がわからなかった鬼八塚。

 1万円も買い物したのだからついでに教えて?

 てなわけでベスト電気の店員さんのご厚意により場所を詳しく教えていただきました。

 お待たせしました鬼八塚です。
P1030790

 調子に乗って600万画素での撮影w
P1030791

 ちなみに場所はホテル神州の正面です。
P1030792

 この鬼八伝説には日向系と肥後系の二通りあるそうです。

 まあ、それはいいとして鬼八には魔力があったため三毛入野命に退治され埋められたにもかかわら、ず再び生き返ったとのこと。
 
 そこで三毛入野命は鬼八を3分割にして埋めたとされ、この鬼八塚が首塚に当たるそうです。

 別の場所に胴塚と手足塚があるそうですが捜索断念。

 てか、首塚見ただけで腹一杯ですw

 さあ、だいぶん時間をロスしました。

 次へ行こうぜ!

 つづく・・・
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 九州 宮崎 高千穂 鬼八塚

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ