プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:冬の高千穂・神話の旅
※お知らせ

現在、ファイル使用量が上限付近の990MBまで行っています。
そのため、古い記事より順次画像を縮小しています。
大変見づらいと思いますがご了承ください。

もしよろしければ、別館にてVGAサイズで同じ内容をアップしてますのでそちらもよろしくお願いします。

別館はこちらです
↓↓↓↓
松村博司の旅行ブログ


 国見ヶ丘~
P1040072

 竜ヶ岩滝~
P1040123

 本日はこれにて終了、さあ旅館にチェックインしましょう!
P1040134

 で、帰る途中見つけたこんなもの。
P1040139

 見にくいですがトンネルの駅だそうです。
P1040141

 おみやげ屋になっているみたいなので、明日よってみましょう。

 明日竹田へ接続するのはこの道を使うので高千穂のお土産はここで買うことに決定です。

 で高千穂市街地まで戻ってきました。
P1040142

 看板には出てませんがここを右に回ればすぐ旅館です。

 ちなみに朝一に寄ったくしふる神社のすぐそばということもあり、実はその時に場所をチェック入れておきました。

 ぬかりなしですw

 さあ、そして到着です。
P1040143

 私たちが二日目に宿泊する旅館、杜の宿・ホテル四季見。

 本日も休日に付きワイド板にてお送りしま~す!

 写真に写っている男の人は旅館の人です。私たちのリュックを持ってくれています。

 ホームページはこちら、先に紹介しておきます。
杜の宿・ホテル四季見%%http://maps.google.co.jp/maps?&q=32.707072,131.313014+(%E6%9D%9C%E3%81%AE%E5%AE%BF%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%83%86%E3%83%AB%E5%9B%9B%E5%AD%A3%E8%A6%8B)&hl=ja&ie=UTF8&z=14%%32.707072%%131.313014%%14

 で、ここでハプニング。

 ロビーでチェックインの手続きを済ませた後、部屋に案内されたのですが。

 私たちはここでも一番安い部屋を予約していました。

 本館、バス無しの部屋です。

 が案内されたのは最近出来たばかりのはなれ・・・
P1040152

 後から撮影したものですが、
P1040154

 ネットで調べていたのでこの部屋が一泊一人2万円を越えるということを知っています。
P1040151

 さすがにちょっと冷や汗^^;

 聞くと急な団体が入ったとのことでこの部屋に変えさせてもらったとのこと。
P1040144

 去年の夏の予約が入っていなかったというトラブルに比べ、とてもラッキーなトラブルw
P1040147

 しかも、部屋はネットの写真で見るよりずっと豪華!
P1040148

 これだったら2万円以上出してもいい気がします。
P1040150

 これ、バスルーム。
P1040145

 広すぎて落ち着きませんw
P1040146

 当初、夜に前日に見たので観光神楽の代わりに高千穂温泉でさっぱりしよう計画だったのですが、これだけ立派な部屋風呂。

 そして、大浴場もありということで高千穂温泉は中止することにしました。

 今日はこの豪華な部屋でゆっくりと疲れを取ることにしましょう。

 私は夜は部屋風呂を、朝に大浴場に入りました。

 どちらも最高でした、いやよかったよかった。

 さて、18時30分、夕食タイム!

 前日に引き続き部屋食ではないのですが、今日はこんな所での食事です。
P1040172

 こんな所まで豪勢、私たちが泊まっている部屋の名前です。
P1040171

 ちゃんと各部屋ごとに仕切も。
P1040170

 そのままの部屋だったらどんなところで食事だったんでしょうか、ちょっと気になる。

 そしてまず出てきたのがこれ、カッポ酒。
P1040156

 青竹に焼酎を入れたき火で燗するこの辺りの名物です。
P1040157

 注ぐときにカッポカッポと音がするからその名が付いたといいます。

 私もトド君もお酒は飲まないので注文はしていなかったのですが自動的に夕食に付いてきたようです。

 せっかくなので頂くことに。

 そして夕食!
P1040158

 仲居さんは前日に岩戸屋に宿泊したことを気にしていたようで先に言ってくれれば食事を変えるといってくれましたが細々と違うわけですし、とても美味しいことには変わりないので喜んで食べました。
P1040159

 とにかく食べ物が美味しいです。
P1040161<br />

 前日は前日はサツマイモでしたが今日はジャガイモのグラタン。
P1040160

 古代米をで作った手作りパン付きです。

 そしてそば、椎茸がてんこ盛りなのは、トド君にプレゼントしたやつを撮影したからw
P1040162

 自分のは撮影を忘れてすっかり腹の中に収まりました><

 てんぷら~
P1040163

 今日は高千穂牛のカルパッチョ~。
P1040164

 よく解りませんがこんなものもw
P1040165

 そして昨日に続き本日もオプションを頼みました!

 本日のオプションは、高千穂牛のステーキだ!
P1040167

 ごちそうさまでした・・・

 写真取り忘れました、ごめんなさい^^;

 そして古代米の赤飯です、これ結構美味しいし香りもいいです。
P1040168

 我が家のお土産にも買いました、赤飯作るの苦手な母が綺麗な赤飯が作れると喜んでいましたw

 そして最後はぜんざいと豆乳のヨーグルト。
P1040169

 満足満足、いや昨日に続き素晴らしい夕食でした。

 旅館のロビーはこんな感じです。
P1040173

 旅館の本館は山の斜面に建てられています。道路に面した地下1階の駐車場がこんな感じ。
P1040175

 私のレガシィは一番奥なので多分見えないと思います。

 離れに戻る私たち。
P1040178

 一緒にいるのが野郎ってのが最大にして唯一の不満です・・・
P1040179

 戻ったらこんなものが。
P1040180

 我々男同士なんですが^^;
P1040181

 お腹いっぱいなのでこのパンは翌日、車の中で食べました。
P1040182

 塩分効いてとても美味しい高菜パンでした。

 ちゃんとLANもあるんですね~。
P1040184

 とりあえず明日に備えて寝ましょう!

 で、昨日に引き続き今日もワイド版に付きそのままつづきます。

 6時起床、早々に朝風呂に入った私。

 トド君は昨日に引き続きギリギリまで寝ています^^;

 私は朝の身支度を調え準備OK。

 私も几帳面な性格ではないのですが、トド君と一緒にいるともの凄く几帳面な人間のような気になります。

 夏に旅した百君はこんな私の十倍くらい几帳面な人ですが^^;

 さあ、朝食だ!

 昨日と同じ場所、朝7時30分に朝食スタートです。

 昨日の朝食にそっくりですが元祖はこちらだそうです。
P1040185

 同じ地域の旅館に泊まっているのだから似たようなものになるのは当然ですね。

 何がうれしいっててんこ盛りの漬け物!
P1040186

 具だくさんのみそ汁。
P1040187

 細やかな心遣い。
P1040188

 離れには喫茶・バーもあり食後にコーヒーのサービスもありました。
P1040191

 結構ゆっくりしています、時間はすでに8時過ぎ。
P1040190

 これってアリスの谷村新司、本人が書いたものでしょうか?
P1040189

 サインがあるんだから本物でしょうね。

 旅館から見た高千穂二日目の朝、今日が最終日です。
P1040198

 今日はこれから大分まで移動が待ってます。

 気合いを入れていきましょう!

 つづく~
スポンサーサイト

テーマ : 世界遺産・遺跡・名所 - ジャンル : 旅行

タグ : 九州 宮崎 高千穂 杜の宿・ホテル四季見

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ