プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:冬の高千穂・神話の旅
※お知らせ

現在、ファイル使用量が上限付近の990MBまで行っています。
そのため、古い記事より順次画像を縮小しています。
大変見づらいと思いますがご了承ください。

もしよろしければ、別館にてVGAサイズで同じ内容をアップしてますのでそちらもよろしくお願いします。

別館はこちらです
↓↓↓↓
松村博司の旅行ブログ


 ホテル四季見では急な団体客が入るというハプニングのお陰で私たちは、予約した部屋の料金のまま1万円近く高い部屋に泊まることが出来ました。
P1040147

 ありがたや、ありがたや。
P1040148

 夕食。
P1040158

 そして朝食と満足満足な私たち。
P1040185

 1月4日、旅の最終日。
P1040198

 今日は大分県への大移動、気合いを入れていきましょう!
P1040204



 チェックアウトは前日と同じ8時半、旅の最終日にしてやっと晴れです!
P1040201

 ナビに表示された宮崎県高千穂町の文字、これで見納めかと思うとちょっと寂しいです。
P1040202

 チェックアウトの時に頂いたお弁当。
P1040203

 今日はお焦げのおむすびです。

 いい天気です、本当にうれしいです;;
P1040205

 今日、昨日と同じコースを廻ればさぞいい写真が撮れたことでしょうが、もちろん先に進みます!
P1040208

 ルートは昨日最後に訪れた竜ヶ岩滝へのアクセスと同じ道。
P1040207

 その滝の帰りに発見したトンネルの駅。
P1040209

 お土産を買うために寄ることにします。
トンネルの駅%%http://maps.google.co.jp/maps?&q=32.732129,131.298980+(%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%81%AE%E9%A7%85)&hl=ja&ie=UTF8&z=14%%32.732129%%131.298980%%14

 元々ここは延岡から熊本までの九州中部横断鉄道になるはずだった場所です。
P1040211

 トンネルの難工事のため昭和55年に工事が中止、結局幻の計画となってしまいました。

 さらに哀れなことに台風により延岡・高千穂間も廃線になったのだから結構悲しい話ですね。

 トロッコ列車として復活した暁にはぜひもう一度高千穂に訪れたいです。

 さて、その鉄道のトンネルを使ってお酒の貯蔵庫にしているのがここです。

 高千穂町がこのトンネルを購入、今は神楽酒造株式会社の貯蔵庫となっているわけです。
P1040212

 そう、麦焼酎・日向の黒馬で有名な会社です。(ピンぼけでごめん><)
P1040214

 お酒の駄目な私は飲んだことがありませんが、子供の頃からしょっちゅうテレビのCMで見ているのでよく覚えています。

 こんな所で出会えるとは思っていなかったのでちょっと感動。
P1040218

 こうやってLSや列車も展示しています。
P1040219

 明治29年、計画スタート。昭和47年に高千穂まで開通したようです。49年、高森トンネルで出水事故発生、55年に予算凍結。その後国鉄民営化、三セクでの存続など色々あり現在に至ります。
P1040220

 こうやって再利用されているのが唯一の救いでしょうか。
P1040222

 高千穂最後の場所、ここによってよかったなと思いました。
P1040223

 またいつか、高千穂に戻ってきたいですね。

 でも旅はまだまだつづきます!
P1040225

 気合いを入れて進みましょう!
P1040226

 大分へは国道325号線から県道8号線を抜けていく予定です。
P1040228

 当初、このルートは峠越えがあり、地図を見てもかなりの山間部を越えなければ行けないルートで今の季節は難しいだろうと予想していました。
県道8号線%%http://maps.google.co.jp/maps?&q=32.797375,131.269111+(%E7%9C%8C%E9%81%93%EF%BC%98%E5%8F%B7%E7%B7%9A)&hl=ja&ie=UTF8&z=12%%32.797375%%131.269111%%12

 代案に延岡ルートを考えて、現地に行ってから決めるということにしていました。
P1040229

 実際にはどこを見ても雪はないですし旅館の仲居さんに聞いても問題ないとのこと。
P1040231

 ならばということで最初の案のこのルートを取ることにしたわけです。
P1040232

 そしてだんだん山道に・・・
P1040234

 目的地、竹田まで38キロ。
P1040236

 これから行くのは竹田市にある荒城の月で有名な岡城です。
P1040237

 石垣のみ残っている有名な山城なのですが、実は兵庫県にある山城が竹田城ということで・・・
P1040238

 意識していないとよく言い間違えてしまいます。
P1040239

 竹田の岡城、和田山の竹田城・・・わけわからんw
P1040240

 どちらも大変素晴らしい山城址ですが竹田城の方は後日但馬の旅にてご紹介します。
P1040244

 それにしても凄い道。
P1040247

 そして凄い山の中。
P1040245

 ここを何事もなく越えられるのは結構ラッキー?
P1040249

 地もティーではないのでわかりませんが、九州に旅をするならぜひと思っていたところに寄れるのですから満足です。
P1040252

 あんまり進んでいませんね^^;
P1040255

 でも運転していて凄く楽しかったです。
P1040256

 ペースは凄くゆっくりでしたが風景を楽しみ納車されたばかりのレガシィを堪能し、いい旅だ。
P1040258

 さあ、大分県竹田市に突入です! 目的地、岡城まで後21キロ!
P1040259

 でも道がよくなるわけではないようで^^;
P1040260

 雪が降っていたら突破は不可能でした。
P1040261

 ずいぶんスピード感がありますがただ単にシャッタースピードが遅いだけです。
P1040264

 9時50分、やっと道がまともになってきました。
P1040265

 竹田名物、国内最大規模の明正井路橋ですが・・・通過w
P1040267

明正井路橋%%http://maps.google.co.jp/maps?&q=32.914913,131.366389+(%E6%98%8E%E6%AD%A3%E4%BA%95%E8%B7%AF%E6%A9%8B)&hl=ja&ie=UTF8&z=18%%32.914913%%131.366389%%18

 つづいて住吉橋。
P1040269

 竹田の石橋巡りは有名だそうで市内には56もの石橋が存在します。

 時間があれば石橋巡りもいいですが今日の目的は別にあるのでそのまま突っ切ります><
P1040270

 しかし、いい風景ですね。
P1040272

 竹田は石橋の町であると共に日本名水100選に選ばれた名水の町でもあります。
P1040273

 河宇田湧水、いっぱい水を汲みに来ていました。
P1040274

 我々の目的は水汲みではなく、放水なのでそのポイントへ歩いて移動w
P1040278

 ついでにコーヒーをゲッツしましたが。

 さあ、先を急ぎましょう!
P1040281

 目的地まではあとわずか。
P1040282

 入り口が見えてきました。
P1040286

 城下町独特の風景ですね。
P1040287

 それにしても凄い道だな。
P1040289

 到着~。
P1040292

 本日最初の目的地,
岡城%%http://maps.google.co.jp/maps?&q=32.969067,131.408157+(%E5%B2%A1%E5%9F%8E)&hl=ja&ie=UTF8&z=15%%32.969067%%131.408157%%15

 岡城址です。
P1040294

 難攻不落の山城址、探索探索スタート!
P1040295

 つづく・・・
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 九州 大分 宮崎 竹田 高千穂 トンネルの駅 明正井路橋

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ