プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:冬の高千穂・神話の旅
※お知らせ

現在、ファイル使用量が上限付近の990MBまで行っています。
そのため、古い記事より順次画像を縮小しています。
大変見づらいと思いますがご了承ください。

もしよろしければ、別館にてVGAサイズで同じ内容をアップしてますのでそちらもよろしくお願いします。

別館はこちらです
↓↓↓↓
松村博司の旅行ブログ


 時間が許せば他にも廻ってみたかったのですが・・・
P1040744

 明日は仕事、しかも800キロ以上の帰り道がこれから待っています^^;
P1040740

 まあ、この原尻の滝がみれただけでも充分です。
P1040733_1

 さて、時間は3時です。
P1040792.jpg

 さあ、帰りのインターチェンジに向かって一路進路を東へ!
P1040796.jpg



 転がる岩・・・
P1040798.jpg

 断崖絶壁・・・
P1040799.jpg

 やっぱり石巡りの旅だよね~^^;
P1040800.jpg

 は~い、目的地の看板発見!
P1040804.jpg

 とりあえず臼杵石仏は後。インターチェンジのすぐそばですしこの旅最後の訪問地にします。
P1040805.jpg

 てなわけでもう一つの目的地へ~。
P1040807.jpg

 臼杵方面に走っているとだんだん街っぽくなってきたのですが、ここで一端ルートを離脱。
P1040809.jpg

 再び山の中へ突入です^^;
P1040811.jpg

 さ~て見えてきました。
P1040814.jpg

 原尻の滝から1時間、到着しました国指定・天然記念物、風連鍾乳洞。
P1040819.jpg

 ちょっと斜陽気味のおみやげ屋さん、閉まってた様な気がします・・・
P1040815.jpg

 思ったより車も多く止まっています。
P1040818.jpg

 駐車場の奥を2~3分登っていくと、
P1040820.jpg

 入り口に到着です。
P1040824.jpg

 最終目的地は臼杵ICなのですがこうして地図で見てみると、ずいぶんルートをはずれていたんですね^^;
風連鍾乳洞%%http://maps.google.co.jp/maps?&q=33.010462,131.735612+(%E9%A2%A8%E9%80%A3%E9%8D%BE%E4%B9%B3%E6%B4%9E)&hl=ja&ie=UTF8&z=12%%33.010462%%131.735612%%12

 私としてはあくまでもちょっと寄り道でしたが隣に座っていたトド君は「どこが・・・」なんて思っていたでしょうw

 振り返ると入り口の建物はこんな感じ。
P1040826.jpg

 高感度モードでも手ぶれになってます^^;
P1040827.jpg

 大正15年、地元青年団によって発見されたのですがその探検の入り口になったのがこれ。
P1040829.jpg

 地下水の関係で現在は入れないとのことです。
P1040830.jpg

 さ~て、現在の入り口から中に入ってみましょう。
P1040831.jpg

 ちなみに大人800円です。
img041.jpg

 入り口付近はコンクリートでこのように整備されています。
P1040832.jpg

 久々の鍾乳洞、ちょっとわくわくw
P1040834.jpg

 奥へ~
P1040836.jpg

 昔の探検道の案内がありました。
P1040840.jpg

 もちろん進入禁止です。

 なんだか今一つ拍子抜け? ところがどっこいこの先に凄いのが待っていましたw
P1040841.jpg

 亀さんといわれとも・・・と亀山工場製の液晶テレビにつっこみを入れる私ですw
P1040843.jpg

 お、それっぽくなってきた!
P1040844.jpg

 高感度モードなら意外と綺麗に撮れますね。
P1040847.jpg

 でも実際には普通に撮影したら手ぶれします。
P1040849.jpg

 ですので悪天候続きの今回の旅で身につけた技。
P1040850_1.jpg

 2秒セルフタイマーで息を止めて撮影です!
P1040852.jpg

 片手、歩きながらでは絶対に手ぶれになります。
P1040854.jpg

 これも光学式の手ぶれジャイロがあるからなんですがね。
P1040855.jpg

 でも鍾乳石が生々しく写りすぎ?
P1040857.jpg

 滝がつづくぜ!
P1040858.jpg

 まあ、薄暗い鍾乳洞の中で、
P1040861.jpg

 これだけ取れれば充分かな。
P1040865.jpg

 でもやっぱり500メートルはちょっと短いですね。
P1040866.jpg

 一番奥に到着!

 この鍾乳洞が日本一美しいといわれる由縁。
P1040867.jpg

 この竜宮城と呼ばれるこの鍾乳洞の一番奥の広場。
P1040868.jpg

 一カ所にこれだけの鍾乳石が連なっている場所は他にないそうです。
P1040869.jpg

 なるほど、確かにこの広場に入った瞬間、
P1040870.jpg

 私たちも声を失いました。
P1040871.jpg

 でもこうやって写真でじっくり見るとちょっと気持ち悪いですねw
P1040873.jpg

 この鍾乳石の白さも美しさのポイントだそうで。
P1040875.jpg

 この鍾乳洞の石は特別白いそうです。
P1040876.jpg

 それにしても何とも・・・
P1040878.jpg

 実は深く考えずに何となくよったのですが・・・
P1040879.jpg

 旅の終わり近くになってこんなダークホースが控えていたとは^^;
P1040880_1.jpg

 高さ10メータほどの広場に螺旋の階段が設置してあり上に上にと上がっていけます。
P1040881.jpg

 ほとんど頂上近くまで来ました。
P1040882.jpg

 なんかすごw
P1040883.jpg

 そして最上階から見た風景です。
P1040886.jpg

 探検隊の人たちがこの竜宮城に到着したときどれほどの驚きと感動があったでしょうか。
P1040887.jpg

 いやはや、全く凄いです。

 実際にはかなり短いコースのため20分ほどで出口へ到着しました。
P1040896.jpg

 鍾乳洞の余韻に浸りつつ私たちは駐車場へと戻ります。
P1040897.jpg

 とは言え、のんびりしている暇はありません。

 速くしないと拝観時間が終わってしまう><
P1040900.jpg

 最終目的地、臼杵石仏へ急げ~!
P1040901.jpg


 つづく^^;
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 九州 大分 臼杵 風連鍾乳洞

コメント

Excuse meさん、いらっしゃいませ。
現在、月末&年度末でかなり忙殺状態な私です。
落ち着いたらじっくり見させていただいて検討
させていただきます。

相互リンクしませんか?

http://takored.blog97.fc2.com/
ページはまだ少なめですが相互リンクしていただける場合はコメントの「SUBJECT」の欄に「相互リンク」と書き、「URL」の欄にブログのトップページのアドレスを書いてコメントしてください。

*リンク数が30を超えた場合は打ち切りとさしていただきますのであらかじめご了承ください。
またリンク数が30を超えた場合古いリンクから順に削除さしていくのでその辺もお願いします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ