プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:淡路・鳴門うずしおの旅
※お知らせ

現在、ファイル使用量が上限付近の990MBまで行っています。
そのため、古い記事より順次画像を縮小しています。
大変見づらいと思いますがご了承ください。

もしよろしければ、別館にてVGAサイズで同じ内容をアップしてますのでそちらもよろしくお願いします。

別館はこちらです
↓↓↓↓
松村博司の旅行ブログ


 10時30分、屋島有料道路の料金ゲートを通過。
P1060400.jpg


 往復610円って高いかなとも思うんですが1日定額の駐車料金込みと考えれば無難な値段かと。
img044.jpg

 さて、屋島ってなにがあるんだろうと言うことで、料金所で頂いたパンフレット。
002

 この裏の地図を使って回ることにします。

 てか古戦場が一望できるという以外、ここになにがあるのかよく知らなかったりして^^;
P1060399.jpg



 いきなり見えてきました檀ノ浦古戦場。
P1060402.jpg

 よく間違われるのが下関の壇ノ浦古戦場。

 でも下関は土、屋島は木です。

 お間違えないようにと言いつつ、屋島のパンフレットを見ても普通に間違ってる^^;

 実は写真の切れた左側が古戦場になります。

 でこの古戦場、本当はゆっくり見たかったのですがこの時、前を走っていたハイヤーがいきなりウィンカーも無しに止まり、追い抜こうとしたら急に走り出し待避所に入ろうとしたら幅寄せされてとむちゃくちゃな事をされました。

 さすがに頭に来たのですが、ここでけんかをして旅を台無しにしてもつまらないです。

 まだ出発して3時間ちょっと、先は長い。

 何枚か写真を撮ってすぐさまその場を離れます。
P1060404.jpg

 相変わらず交通マナーの悪いところだ^^;

 過去、ローソンのトラックがクラクションを鳴らしながらウィンカーも出さずにレーンチェンジをしてきたことは今でも忘れません。

 ミステリーゾーンですw
P1060406.jpg

 強烈な下り坂・・・って登っています。

 天気は相変わらず、回復の兆しも無しです。
P1060407.jpg

 さて、頂上付近。
P1060408.jpg

 有料の割には短くそれほど見所もありませんでした。
P1060409.jpg

 で駐車場に到着。
P1060411.jpg

 駐車料金と割り切ろう。
屋島%%http://maps.google.co.jp/maps?q=34.358742,134.102715+(%E5%B1%8B%E5%B3%B6)&hl=ja&ie=UTF8&z=13%%34.358742%%134.102715%%13

 ちなみに地図に載っている屋島ケーブルカーは平成16年で運休となっています、残念無念・・・

 無料休憩所、右半分はおみやげ屋。
P1060413.jpg

 左半分は机と椅子が並んでいる休憩所。

 屋島と言えば源平合戦、那須与一の扇の的ですな。
P1060414.jpg

 こうやって絵巻のパネルが私たち観光客を迎えてくれます。
P1060415.jpg

 とぼとぼ歩き始めて数分、いきなり突き当たったのが瑠璃宝池。
P1060418.jpg

 別名、血の池と言われ屋島寺創建時に作られた人工池です。
P1060419.jpg

 源平合戦の時には義経など源氏の兵が血刀を洗ったところで池が真っ赤に染まったとのこと。
P1060420.jpg

 どこに出もある古戦場やお城にある逸話ですね。大松山城にもありましたな同じ名前の池が。
P1060421.jpg

 しかし疑問、血刀を洗うのにわざわざ山を登ってきたの? 

 池の真ん中には小島があり宝珠を埋めたお堂があります。
P1060423.jpg

 その周りに堀を作って池にしたようです。
P1060424.jpg

 さらに歩くと四国霊場84番札所、屋島寺。
P1060426.jpg

 なんとこのお寺、宝物館があり屋島合戦ゆかりの品々が展示してあるとのこと。
P1060443.jpg

 是非行かなければ!

 つづく・・・
スポンサーサイト

テーマ : 史跡巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 四国 高松 屋島 檀ノ浦 瑠璃宝池

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ