プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:淡路・鳴門うずしおの旅
※お知らせ

現在、ファイル使用量が上限付近の990MBまで行っています。
そのため、古い記事より順次画像を縮小しています。
大変見づらいと思いますがご了承ください。

もしよろしければ、別館にてVGAサイズで同じ内容をアップしてますのでそちらもよろしくお願いします。

別館はこちらです
↓↓↓↓
松村博司の旅行ブログ


 2月18日。
P1070093.jpg

 四国の旅、二日目スタート!
P1070098.jpg

 考えてみるとすごく前の話なんですね。
P1070110.jpg

 てか、この旅からすでに半年たってんのかよ^^;
P1070118.jpg

 とりあえず、二日目最初の立ち寄り場所。
P1070124.jpg

 伊弉諾神宮に到着です!
P1070125.jpg



 何の仕切もない無料駐車場。
P1070127.jpg

 車が一台も駐めてなかったのでどこに駐車していいのか少々迷ってしまった小心者です^^;

 駐車場から直に境内へは行けるのですがせっかくなので表に回ってみます。
P1070128.jpg

 昨日からいろんな所を回っていますが、やっぱり神社の凛とした空気が一番好きですね。
P1070130.jpg

 しかし、でかい神社だ。
P1070131.jpg

伊弉諾神宮%%http://maps.google.co.jp/maps?q=34.460003,134.852483+(%E4%BC%8A%E5%BC%89%E8%AB%BE%E7%A5%9E%E5%AE%AE)&hl=ja&ie=UTF8&z=17%%34.460003%%134.852483%%17

 遠くに香りの碑が見えます。
P1070132.jpg

 拝殿の目前に小川があり、橋が架かっています。
P1070135.jpg

 そして池。
P1070136.jpg


 おもしろい造りになっていますね、見ていて楽しいです。

 反対側は社務所。
P1070138.jpg

 菊花紋入りの馬・・・白峰宮にもあったな^^;
P1070139.jpg

 表神門をくぐって。
P1070137.jpg

 拝殿です。
P1070141.jpg

 まずはお参り。
P1070140.jpg

 少し間が空いて幣殿中門があります。
P1070142.jpg

 そして本殿。
P1070145.jpg

 写真だけ見ると幣殿中門に突入できそうですが、写真に写っていないだけで塀があり近づけません。
P1070146.jpg

 こんな感じ。
P1070147.jpg

 ここにもありました、夫婦大楠。
P1070149.jpg

 まあ、ここはイザナギとイザナミを祀っているわけですから、ある意味自然ですが。
P1070150.jpg

 根本が一つになっているので夫婦楠だそうです。
P1070152.jpg

 菊花紋入りの馬をアップで。
P1070156.jpg

 拝殿側から表神門を見るとこんな感じです。
P1070157.jpg

 アップように撮影した写真です。このアングル、私って好きね~^^;
P1070159.jpg

 池の周りを散策してみました。
P1070160.jpg

 霧雨程度の小雨がパラパラ。
P1070161.jpg

 晴れてりゃいい絵が撮れただろうに。
P1070162.jpg

 香りの碑、香木伝来の石碑です。
P1070163.jpg

 淡路島に香木が漂着した記憶が残っているそうですが、それが沈香に関する日本最古の記録だそうで。

 先輩がすごく好きだと言うことがこの後4月の京都の旅で発覚するのですがそれはまた別のお話で。

 拝殿では丁度、これから朝のお勤めが始まる時間でした。
P1070171.jpg

 ちなみにこの神社、伊弉諾尊と伊弉冉尊を祀っています。
P1070172.jpg

 国生みの儀式を終えた伊弉諾尊は最初に生まれたこの淡路の地に幽宮を構えて余生を過ごしたと言われています。

 てなわけでここは伊弉諾尊の幽宮遺跡と伝わる場所の一つだそうです。

 結局、伊弉諾神宮で40分から時間を潰してしまいました。

 さあ、次へ向かって出発です!
P1070174.jpg


 つづく・・・
スポンサーサイト

テーマ : 史跡巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 四国 淡路 伊弉諾神宮

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ