プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:淡路・鳴門うずしおの旅
※お知らせ

現在、ファイル使用量が上限付近の990MBまで行っています。
そのため、古い記事より順次画像を縮小しています。
大変見づらいと思いますがご了承ください。

もしよろしければ、別館にてVGAサイズで同じ内容をアップしてますのでそちらもよろしくお願いします。

別館はこちらです
↓↓↓↓
松村博司の旅行ブログ


 かずら橋離脱~。
P1070950.jpg

 さあ、岡山に戻りましょう!
P1070955.jpg

 時間は5時前。
P1080013.jpg

 季節は忘れそうですが2月半ば。
P1080019.jpg

 5時過ぎには真っ暗になってきます。
P1080020.jpg

 毎度おなじみ、翌日には仕事。
P1080023.jpg

 とっとと帰って、
P1080024.jpg

 さっさと寝ましょう!
P1080028.jpg

 てか、国宝・薬師堂ってなんですと!
P1080032.jpg



 あわててUターン。
P1080033.jpg

 少々わかりにくい入り口ですが・・・
P1080035.jpg

 すげ~道^^;
P1080038.jpg

 ・・・
P1080041.jpg

 おいおい、大丈夫か?^^;
P1080049.jpg

 車がレガシィに変わってから、道があればなにも考えずに突っ込んでいくようになってしまった><
P1080055.jpg

 何時かしっぺ返しが来そうですが7月19日現在、まだ車に傷は付けていません^^;
P1080057.jpg

 てなわけで駐車場へ到着。
P1080059.jpg

 無事到着、マジでドキドキしました><
P1080061.jpg

 で到着したのは豊楽寺。
P1080064.jpg

 すざましい山の中、車がなければ行けそうにないですね。
P1080066.jpg

豊楽寺・薬師堂%%http://maps.google.co.jp/maps?q=33.791880,133.727989+(%E8%B1%8A%E6%A5%BD%E5%AF%BA%E3%83%BB%E8%96%AC%E5%B8%AB%E5%A0%82)&hl=ja&ie=UTF8&z=14%%33.791880%%133.727989%%14

 そしてこれが四国最古の建物。
P1080068.jpg

 平安後期、724年建立の薬師堂です。
P1080069.jpg

 本当の入り口はこっちね、四国に来て思ったんですが多いですね、寺に鳥居。
P1080070.jpg

 神仏分離が行き届いてなかったということなんでしょうか。
P1080071.jpg

 ここは思いっきり寺っぽいですがw
P1080074.jpg

 実際ここは、度重なる天災にもかかわらず薬師堂だけは無事ここまで現存することが出来ました。
P1080078.jpg

 別名は「柴折薬師」、日本三大薬師の一つということでこの時知らなかったです。
P1080080.jpg

 そのお隣はお社。
P1080087.jpg

 若一王子宮、すごい名前なので気になります^^;
P1080088.jpg

 主祭神は天照大神。
P1080089.jpg

 紀州熊野からの分霊、それらしい歴史はないようです。
P1080092.jpg

 本殿、中をのぞいてみるとこんな感じでした。
P1080094.jpg

 さあ、今度こそ帰るぜ!
P1080098.jpg


 つづく・・・
スポンサーサイト

テーマ : 史跡巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 四国 大豊 豊楽寺 薬師堂

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ