プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:北房・鍾乳洞探検の旅
※お知らせ

現在、ファイル使用量が上限付近の990MBまで行っています。
そのため、古い記事より順次画像を縮小しています。
大変見づらいと思いますがご了承ください。

もしよろしければ、別館にてVGAサイズで同じ内容をアップしてますのでそちらもよろしくお願いします。

別館はこちらです
↓↓↓↓
松村博司の旅行ブログ


 文字通り、雲一つ無いGW初日。
P1100615.jpg

 4月29日、新見へと出発した私たち。
P1100594.jpg

 吉備路を抜け~
P1100619.jpg

 総社を抜け~
P1100620.jpg

 高梁を抜け~
P1100662.jpg

 最初の目的地、井倉洞は間近です。
P1100687.jpg

 が!

 きぬがけって何よ?
P1100692.jpg



 で、私たちを迎えてくれたのは滝でした。
P1100695.jpg

 ここはミニドライブインのような感じでおみやげ屋やお食事処、コンビニやトイレなどもあります。
P1100730.jpg

 そんなこんなで休憩も兼ねてます。

 途中、コーヒーを買うためにコンビニによって以来の休憩。

 この道は以前からよく通っていたのですが、こんな滝が180号線の道沿いにあるとは知りませんでした^^;
P1100696.jpg

 地図はこちら。
絹掛の滝

 Google Mapに滝が載っていなかったので久々にちず窓にて。

 落差は60メートルの三段。

 岸壁に白い絹を垂らしたように見えることから絹掛の滝と呼ばれるようになったそうです。
P1100699.jpg

 一般的に絹掛と呼ばれているのは写真でもわかるように一番下の高さ50メートルの第一の滝。

 上にちょこっと見えるのが中の滝。
P1100704.jpg

 写真では見えませんがこの上には高さ28メートルの奥の院があるそうですが上に上がらないと行けないそうなのでパスパス><
P1100707.jpg

 滝壺を見ても解るようにとても穏やかな滝です。
P1100700.jpg

 そして奥へ歩いていくと・・・
P1100710.jpg

 お社なんかがあったりします。
P1100711.jpg

 お参りお参り~
P1100713.jpg

 岸壁沿いに奥に進んでいきます。
P1100714.jpg

 間近に見える第一の滝。
P1100715.jpg

 そして見えてきた岩屋。
P1100718.jpg

 ここには不動尊の石仏が安置されています。
P1100717.jpg

 それがこれ。
P1100716.jpg

 このため、この滝は別名不動の滝とも呼ばれているそうです。

 滝壺から鯉が滝上りをしていますw
P1100719.jpg

 見上げると・・・まさに落石注意^^;
P1100721.jpg

 秋には紅葉がすばらしいでしょうね。
P1100724.jpg

 今は4月の終わり(9月執筆)なので新緑がまぶしいです。
P1100725.jpg

 本当に糸のようにすっと伸びた滝の筋はとても美しいですね。
P1100727.jpg

 向かいには伯備線と高梁川。
P1100732.jpg

 ローカルやね~。
P1100734.jpg

 もう一度、絹掛の滝を遠目に見てから再出発。
P1100738.jpg

 井倉洞へ向かいましょう!
P1100739.jpg

 しかし・・・
P1100741.jpg

 のどかな風景ですね。
P1100745.jpg

 井倉洞の看板発見!
P1100746.jpg

 実はちょっと行き過ぎてUターンしていますw
P1100752.jpg

 この辺りまで来れば思い出す、子供の頃から何度か来たことがありますので。
P1100757.jpg

 歓迎、井倉洞!
P1100758.jpg

 久々に来たぜ!

 ってなわけで?

 つづく・・・

スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 岡山 新見 絹掛の滝

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ