プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:北房・鍾乳洞探検の旅
※お知らせ

現在、ファイル使用量が上限付近の990MBまで行っています。
そのため、古い記事より順次画像を縮小しています。
大変見づらいと思いますがご了承ください。

もしよろしければ、別館にてVGAサイズで同じ内容をアップしてますのでそちらもよろしくお願いします。

別館はこちらです
↓↓↓↓
松村博司の旅行ブログ


 無明谷を脱出した私たち。
P1110238.jpg

 思ったより短くあっという間に終了でした。
P1110243.jpg

 それに加えて対向車が来ればかわせない細い道の連続であまりゆっくりと風景を楽しむ余裕はありませんでした。
P1110246.jpg

 途中、車を路肩に止めて写真を撮っていた老紳士を見かけました。
P1110243.jpg

 一気に車で走り抜けるドライブコースではないようです。
P1110248.jpg

 では次なる目的地、神庭の滝へ~
P1110270.jpg



 無明谷を脱出した時点で、次はどこへ行こうかとトド君と作戦会議です。
P1110275.jpg

 今回の旅、結局羅生門は諦めることになってしまいましたが、それ以外は予定通り。
P1110276.jpg

 当初予定していた場所はこれにて終了です。
P1110278.jpg

 で、それだけだと時間が余るのがわかっていたのでとりあえず準備していたのが北上コースと南下コース。
P1110279.jpg

 南下コースであれば、これから高梁の吹屋ふるさと村、矢掛の本陣と脇本陣、さらに時間があれば吉備路の予定。
P1110280.jpg

 北上であれば勝山の神庭の滝へ。
P1110281.jpg

 ただし北上ならば帰りの時間もあるため、他の場所には寄れそうにありません。
P1110282.jpg

 さてどちらにしましょうか。
P1110283.jpg

 行きがけ通行止めだった場所です、大回りをして同じ場所へ出てきました^^;
P1110284.jpg

 でトド君の一言。
P1110288.jpg

 せっかくこれだけ自然の物がつづいているのだから最後まで人工の物は避けて見るのもおもしろいのでは?
P1110289.jpg

 その案、乗った!
P1110290.jpg

 てな訳で北上コースへ。
P1110291.jpg

 時間は2時過ぎ。
P1110292.jpg

 岡山県民でありながら初めての神庭の滝。
P1110293.jpg

 今日は何度も同じ所を行ったり来たり。
P1110294.jpg

 そして細い山道をくねくねと通り過ぎ・・・
P1110295.jpg

 途中こんな遊びをしつつ。
P1110299.jpg

 意外とおもしろい写真が撮れました。
P1110301.jpg

 それにしても強烈な山道を通らされます。
P1110304.jpg

 先ほど立ち寄った満奇洞入り口を通過。
P1110318.jpg

 普通に幹線道路を回れば何の問題も無いはず。
P1110313.jpg

 ナビの示すまま、なすがまま~。
P1110315.jpg

 ショートカットの山中山奥コースを選択していただいたようです><
P1110316.jpg

 そしてその山中を一時間さまよい続け~
P1110335.jpg

 この間撮影した100枚近い写真も根こそぎスルーして~
P1110381.jpg

 午後3時、到着しました神庭の滝入り口。
神庭の滝%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.116819,133.680181+(%E7%A5%9E%E5%BA%AD%E3%81%AE%E6%BB%9D)&hl=ja&ie=UTF8&z=14%%35.116819%%133.680181%%14

P1110405.jpg

 さすがに西日本随一の規模といわれるだけの滝だけあって結構な車の数。
P1110406.jpg

 先ほど満奇洞で見たライダーの方々のバイクも発見。
P1110408.jpg

 みんな通るコースは同じなのね。
P1110416.jpg

 今日はGW初日、彼らはこの連休何日も旅を続けるのでしょうがどこまで行くのでしょう。

 てかうらやましい~><

 私たちは日帰りです;;

 玉垂の滝です。
P1110418.jpg

 ぽたぽたと落ちる水滴がそうです。

 案内書きを見ると水滴が水晶の玉を思わせ、また草葺き屋根の軒先から落ちる雨だれにも見えることからそのような名前が付いたそうです。
P1110421.jpg

 で、しばらく歩くと料金所が見えてきました。
P1110424.jpg

 てか金取るのかよ! てなわけで300円也。

 そして出迎えてくれたのは猿の大群w
P1110459.jpg

 回りは猿と猿の糞だらけ^^;
P1110428.jpg

 ただ、ここの猿は餌くれ餌くれと集まってこないので助かりますが。
P1110431.jpg

 こういうところの猿ってよく観光客の荷物などに襲いかかってきたりするイメージがあるので。
P1110433.jpg

 そしてついに見えてきました。
P1110462.jpg

 ・・・でけぇ・・・
P1110460.jpg

 こんな大きな滝が岡山にあったんだ^^;
P1110461.jpg

 知らなかった。

 落差110mだそうです。
P1110463.jpg

 そして国の特別天然記念物、オオサンショウウオです。
P1110475.jpg

 これは50cmほどで小振りでした。
P1110477.jpg

 さらに奥へ。
P1110478.jpg

 どのくらいまで滝に近づけるのか楽しみにしながら歩いていったのですが。
P1110480.jpg

 ・・・
P1110484.jpg

 だったらせめて無料にしようよ?
P1110483.jpg

 金取ってこれはないんでないの?
P1110481.jpg

 しかもここまで来ると逆に見にくくなったりして^^;

 先に道が続いているので以前は行けたんでしょう。

 台風の影響なのか、残念無念><
P1110485.jpg

 案内板を見ると上の方には洞窟もあるそうです、ちなみにこれは違いますよ。
P1110488.jpg

 少し離れたところからの撮影。
P1110492.jpg

 可能な限り接近すると木に阻まれてよく見えないのですがこのくらいですと綺麗に見えますね。
P1110493.jpg

 迫力もあり、大きさも伝わってきます。
P1110494.jpg

 しかしすごい迫力ですね。
P1110500.jpg

 かなり離れているのですが音も半端ではありませんでした。
P1110504.jpg

 300円ですか。
P1110505.jpg

 まあ仕方ないっすかね・・・
P1110508.jpg

 日がかげり通常撮影では手ぶれが発生。
P1110509.jpg

 景色が綺麗なのであまり高感度モードで撮影したくないのですが、悩むところです。
P1110510.jpg

 時間は4時12分。
P1110519.jpg

 なんだかんだいいながら結局ここに1時間いたことになります。
P1110522.jpg

 そんなに長居したつもりはなかったのですが^^;
P1110523.jpg

 お昼ご飯がかなり早かった事もあり、お腹がすいてきました。
P1110525.jpg

 帰りに道の駅にでも寄って何か食べますか。
P1110526.jpg

 さらば神庭の滝!
P1110528.jpg



 つづく・・・
 
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 岡山 勝山 神庭の滝 玉垂の滝

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ