プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:北房・鍾乳洞探検の旅
※お知らせ

現在、ファイル使用量が上限付近の990MBまで行っています。
そのため、古い記事より順次画像を縮小しています。
大変見づらいと思いますがご了承ください。

もしよろしければ、別館にてVGAサイズで同じ内容をアップしてますのでそちらもよろしくお願いします。

別館はこちらです
↓↓↓↓
松村博司の旅行ブログ


 新見で目的の箇所を一通り回った私たちは、プロ野球のシーズン終了間際、消化試合のようなノリで次なる目的地を選定。
P1110335.jpg

 とりあえず、自然物がつづいているのでせっかくなので今回の旅はそのままそのテーマを貫こうということで、新見からさらに北上。
P1110381.jpg

 落差110m、西日本屈指の規模を誇る神庭の滝へ到着です。
P1110462.jpg

 沢山の猿と、
P1110459.jpg

 一匹のオオサンショウウオに迎えられて、
P1110477.jpg

 奥へ突き進んでいきますw
P1110478.jpg

 そして私たちの前に姿を現した神庭の滝の迫力。
P1110504_1.jpg

 出来ればもう少し近くまで行きたかったのですが無念><
P1110484.jpg

 そして気が付けば一時間。
P1110525.jpg

 お腹がすいたのでどこかで食事をして帰りましょう!
P1110528.jpg



 何はともあれ、まずはお食事処を探すためにナビ検索スタート。
P1110533.jpg

 こういう時、ナビでグルメスポットを探してもなかなかいいところが見つかりません。
P1110535.jpg

 成功したなと思ったのは一度だけ。
P1110536.jpg

 インプレッサの頃、当時H9のサイバーナビを自分で取り付けそのシェイクダウンと称して百君と行った和歌山、紀州徳川の史跡巡りで立ち寄ったそば屋。
P1110537.jpg

 和歌山城のすぐ近くで白いそばを食べさせてくれる紀州徳川御用達のそば屋をナビで発見。
P1110539.jpg

 行ってみて大変美味しかった思い出があります。
P1110543.jpg

 でもそんなもんですね^^;
P1110547.jpg

 ラーメン屋はまずかったし。
P1110548.jpg

 何より入ってみるとメッチャ高かったりいい思い出はあまりありません^^;
P1110550.jpg

 てな訳で検索は道の駅でw
P1110556.jpg

 検索にヒットしたのは醍醐の郷。
P1110558.jpg

 NHK大河ドラマの宮本武蔵ロケ地で一躍有名になった・・・のか? 醍醐桜のすぐそばにある道の駅です。
醍醐の里%%http://maps.google.co.jp/maps?q=34.991296,133.725221+(%E9%86%8D%E9%86%90%E3%81%AE%E9%87%8C)&hl=ja&ie=UTF8&z=14%%34.991296%%133.725221%%14

 醍醐桜を模したモニュメントですが、怪しい色のキノコに見えるのは私だけでしょうか^^;
P1110559.jpg

 で、レストランで食事~と勢いよく入っていったのですが、時間が悪かったみたいでほとんどが売り切れ状態。
P1110560.jpg

 現在17時、閉店まであと1時間で普通ならオーダーストップ30分前。

 まあ、仕方ないですよね^^;

 残っているのはうどんくらい。

 諦めよう><

 とりあえず外に出るとソフトクリーム屋があったのでバニラをゲット。
P1110561.jpg

 よく見るとジャージーソフトがあった・・・トド君うまそうに食ってます。

 ガッデム><

 しかし腹減った・・・
P1110562.jpg

 お昼を食べたのが10時30分ごろ。
P1110564.jpg

 それから後は自販機のコーヒーと満奇洞の冷やしあめくらいしか口に入っていません。
P1110565.jpg

 てか飲み物ばっかりじゃん><
P1110566.jpg

 で、移動しながらもミーティング。
P1110567.jpg

 トド君とは以前からよく食事に行っていたのですが、しばしば行ってたのがミスターバーグというハンバーグとアメリカンステーキの店。
P1110568.jpg

 岡山を中心に展開しているチェーン店で知らないうちに三重県や長野県、果ては埼玉県にまでFC店を出してるよ^^;
P1110569.jpg

 しばらく行ってなかったので久しぶりにそこのステーキが食べたいと言うことで、帰る途中にある津高店へ寄ることにしました。
P1110570.jpg

 肉!

 肉!

 肉!

 ってなんだあれ!
P1110572.jpg

 ということで肉は後回し、とりあえず寄ってみることにしますw
P1110573.jpg

 備中鍾乳穴、かなちあなと読むそうです。
備中鍾乳穴%%http://maps.google.co.jp/maps?q=34.955269,133.678894+(%E5%82%99%E4%B8%AD%E9%8D%BE%E4%B9%B3%E7%A9%B4)&hl=ja&ie=UTF8&z=14%%34.955269%%133.678894%%14

 時間は5時20分。
P1110574.jpg

 営業時間は5時まで。
P1110576.jpg

 多分駄目だろうと思いつつ、訪ねてみると・・・

 いいですよ~と快く入場させていただきました。

 一人700円。
P1110578.jpg

 入り口付近ではヒメボタルの生息地ということで7月上旬には大発生することで有名だそうです。
P1110579.jpg

 また、記録に残る日本最古の鍾乳洞とうことで1200年前、平安朝廷の薬源として日本三代実録などに記載されている由緒正しき鍾乳洞です。
P1110581.jpg

 また、吉備津彦命によって評定所と定めたとの伝説もあります。
P1110582.jpg

 って・・・存在すら知らなかったw
P1110584.jpg

 入り口到着!
P1110587.jpg

 洞内は800m以上あるそうですが、現在観光地帯として解放されているのは300mまで。
P1110590.jpg

 その先は現在開発中とのこと。
P1110591.jpg

 ここの見所はやはりちょっと入ったところにある夢の宮殿。
P1110595.jpg

 その中央に鎮座する洞内富士。
P1110599.jpg

 高さ3m、直径5mとの事。
P1110604.jpg

 そしてこの五重塔。
P1110611.jpg

 洞内富士と五重塔のツーショット。
P1110614.jpg

 てかすごすぎません?
P1110596.jpg

 たまたま通りがかって、たまたま入った鍾乳洞なのですが、まさか最後にこんなすごい物にお目にかかれるとは。
P1110602.jpg

 司馬遼太郎は言った。
P1110606.jpg

「長州はいい塔をもっている」(瑠璃光寺にて)

 松村博司はいった><
P1110609.jpg

「備中にもいい塔があったw」(備中鍾乳穴にてww)

 確かにここは短く、まだ開発途上ではありますが、それでもここは素晴らしいです。
P1110617.jpg

 大分県臼井市の風連鍾乳洞も素晴らしく、その感動があったからこそ今回の旅の企画やこの後控えている山口の旅での秋芳洞につながっていくわけですが、ここはちょっと驚きでしたね。
P1110625.jpg

 途中でUターン。
P1110649.jpg

 再び元の場所に戻ってきます。
P1110655.jpg

 所要時間は約20分。
P1110657.jpg

 距離が短いので実際にはあっという間です。
P1110660.jpg

 将来的には未公開部分の開発が終了すれば公開されるんでしょうね。
P1110661.jpg

 楽しみです。
P1110663.jpg

 時間は6時前。
P1110664.jpg

 行きは下りだったので気が付きませんでしたが、帰りは100mの高低差のある上り坂。
P1110667.jpg

 歩き続けた私たちに最後の試練です><

 そして再び入り口に戻ってきました。
P1110668.jpg

 営業時間5時までなのに遅くまですいませんでした。
P1110669.jpg

 料金所はすでに閉まってました。
P1110671.jpg

 さあ、お腹も極限まで減っています。
P1110672.jpg

 ミスターバーグに向けて最後のひとっ走りです!
P1110673.jpg


 つづく~><
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 岡山 上水田 備中鍾乳穴 醍醐の里

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ