プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:萩・下関、史跡巡りの旅
※お知らせ

現在、ファイル使用量が上限付近の990MBまで行っています。
そのため、古い記事より順次画像を縮小しています。
大変見づらいと思いますがご了承ください。

もしよろしければ、別館にてVGAサイズで同じ内容をアップしてますのでそちらもよろしくお願いします。

別館はこちらです
↓↓↓↓
松村博司の旅行ブログ


 出発直後、国道2号線が工事中だったことを失念して渋滞に巻き込まれるハプニングがありましたがその後は順調に流れていきました。
P1120752.jpg

 新しいナビも細かいところでは変わっている部分があるのですが、やはり同じメーカーの同じシリーズ。
P1120764.jpg

 正常進化ということで基本的には代わりありません。
P1120767.jpg

 特に高速では変化がわかりにくいかもしれませんね。
P1120785.jpg

 ぱっと見のビジュアル以外、変わっていないので。
P1120788.jpg

 そうこうしているうちに最初の目的地瑠璃光寺へ到着。
P1120810.jpg

 仕事が終わってほとんどそのままの状態でここまで来ている私とトド君。

 この後ハードなスケジュールが待っています。

 ナビで今後の立ち寄り地点を設定後、とりあえず仮眠に入る二人でありました。
P1120811.jpg



 朝5時20分。
P1120816.jpg

 現在瑠璃光寺の駐車場にいます。
瑠璃光寺%%http://maps.google.co.jp/maps?q=34.189831,131.471800+(%E7%91%A0%E7%92%83%E5%85%89%E5%AF%BA)&hl=ja&ie=UTF8&z=15%%34.189831%%131.471800%%15

 もそもそと動き出す私とトド君^^;
P1120812.jpg

 朝だー!
P1120814.jpg

 てな訳で今日は長い一日になりそうです。

 気合いを入れていきましょう!

 広々とした駐車場の先に国宝の五重塔の先っちょが見えてます。
P1120813.jpg

 お寺と神社は早朝が一番いい。
P1120819.jpg

 なにより、晴れですよ晴れ!
P1120820.jpg

 雲は少々多めですがそれでも晴れ!

 前日まで天気予報は雨。
P1120821.jpg

 現在も曇り時々雨、みたいな予報で予断を許さない状況です。
P1120823.jpg

 明日も雨の予報になっていますし。

 この旅の前に会社の先輩から当日は雨を降らせてやるというと本当に週間天気予報が雨になったり逆にかわいそうだから晴れにしてやるといえば本当に晴れになり、そんな感じで毎日週間天気予報に振り回されていました^^;
 
 そもそも現在梅雨真っ盛りですし。

 ですのでこの天気はちょっと感動ものです。

 さあ山口の旅一発目、大内文化の最高傑作であり日本三名塔の一つ、瑠璃光寺五重塔です。
P1120825.jpg

 屋外の五重塔としては10番目の古さで室町時代の建立です。

 私としては旅ブログを始めて以来福山の明王院、奈良の室井寺に続く3つめの五重塔です。

 どれも国宝ということで非常に美しいのですが個人的にはやはり檜皮葺がいいですね~。

 室井寺の五重塔もそうですがここも檜皮葺の屋根、メッチャ渋いっす。
P1120830.jpg

 とりあえず境内を見て回りましょう。
P1120831.jpg

 瑠璃光寺鎮守の石殿です。
P1120833.jpg

 その昔、瑠璃光寺が吉敷郡仁保にあった時代、寺の鎮守に造立されたものです。

 瑠璃光寺が現在の場所に移転した後も、この石殿はそのまま残っていたそうです。

 現在はこの地に移され再び寺の鎮守としてここにあるそうです。

 振り向くと日出直前。
P1120841.jpg

 ああ、旅に来たんだって強く実感、旅情に浸って感傷的になってる自分がいたりします。

 そして資料館発見。
P1120840.jpg

 五重塔に特化した資料館で全国の五重塔55基の100分の1の模型があったりするそうです。
P1120844.jpg

 55基の五重塔の模型・・・

 といくら眺めても現在時間は朝の5時半。
P1120843.jpg

 開いているはずもなく・・・;;

 大内弘世の銅像です。
P1120848.jpg

 南北朝時代の大名で本拠地をここ山口に移し都市整備を進めた人です。

 西の京と呼ばれる山口の基礎を築きました。

 そしてその息子が義弘。

 この瑠璃光寺がある場所にかつて香積寺を建立した人です。

 その後、応永の乱を起こして戦死、弟の盛見が兄の追悼のために建てたのが五重塔というわけです。

 トボトボと奥へ歩いていくと香山墓地発見。
P1120849.jpg

 お寺なんだから墓地があるのは当然なんですが、ここは萩から山口へ移転して来た十四代(十三代)敬親からの藩主毛利家の墓所にもなっています。
P1120858.jpg

 とはいえ敬親は倒幕と大政奉還を実現し廃藩置県となったわけですので、藩主毛利家墓所というよりは毛利家本家墓地という呼び名の方が正しいのかもしれません。
P1120859.jpg

 墓所正面の通路には綺麗に石畳がしかれています。
P1120851.jpg

 うぐいす張りの石畳とよばれ、手を叩いたり強く足踏みをすると美しく反響するとのこと。

 さっそくやってみました。
P1120854.jpg

 パチンと手を叩いたのですが、まるで金属音のようなカチンという音が聞こえてきます。

 なるほど、おもしろいじゃんw

 調子に乗ってパンパン柏手を打っていました。

 墓所で眠る歴代毛利家の皆さん、朝っぱらからお騒がせしてすいませんでした^^;
P1120855.jpg

 夜明け近し~。
P1120868.jpg

 てなわけで? 再び瑠璃光寺の方へ戻ってきました。
P1120870.jpg

 今度は本堂の方へ行ってみましょう。
P1120871.jpg

 この旅で思ったのですが長州藩主は毛利家だったわけですが、実際には毛利家よりもその毛利に滅ぼされた大内家に対する人気の高さを感じました。
P1120872.jpg

 おもしろいなと思うのは安芸。
P1120875.jpg

 こちらは江戸時代、浅野家が12代で維新を迎えています。
P1120876.jpg

 が安芸といえば毛利元就の毛利家。
P1120878.jpg

 関ヶ原の合戦から後、長州藩主だった毛利家ですよね。
P1120880.jpg

 でもやっぱり安芸の毛利。
P1120887.jpg

 こんなイメージを持っているのは私だけ?
P1120889.jpg

 岡山では宇喜多直家、秀家親子により岡山城下町の整備と岡山城の築城を行いました。
P1120890.jpg

 秀家は秀吉の寵愛を受けたことにより五大老の一人に数えられたりもしたのですが、父の直家が謀略家で人気も今一つですし、秀家もボンボンですし。
P1120892.jpg

 岡山では圧倒的に藩主として維新を迎えた池田家に人気が集中しています。
P1120893.jpg

 家は現存していて京山の動物園などを経営しているのですがいまだ地元では池田のお殿様と呼ばれています。
 現在ある広大な岡山平野の多くはこの時代の埋め立てと干拓ですし都市整備や教育事業やら色々熱心に取り組んでたお家柄ですので。
P1120895.jpg

 熊本でも歴代藩主は細川家ですが、あそこは神様仏様、清正様でしたね。
P1120900.jpg

 檜皮の屋根、この反り、いい感じです。
P1120901.jpg

 長州は、いい塔をもっている by司馬遼太郎。
P1120902.jpg

 そのいい塔です。
P1120903.jpg

 街道をゆくを行く旅、そろそろ本気で企画したい。
P1120904.jpg

 で、気が付いたら日出となりました。
P1120905.jpg

 時間は6時。

 もう少しゆっくりしたかったのですが、まだ一発目。

 この後予定が詰まってますので、先に進みましょう!


 つづく!
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 山口 瑠璃小寺 大内弘世像

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ