プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:萩・下関、史跡巡りの旅
※お知らせ

現在、ファイル使用量が上限付近の990MBまで行っています。
そのため、古い記事より順次画像を縮小しています。
大変見づらいと思いますがご了承ください。

もしよろしければ、別館にてVGAサイズで同じ内容をアップしてますのでそちらもよろしくお願いします。

別館はこちらです
↓↓↓↓
松村博司の旅行ブログ


 長門を脱出した私たち。
P1130502.jpg

 後は残り時間をフルに使って萩を回る予定。
P1130509.jpg

 時間的には予定通りなのですが、旅館のチェックインの時間と移動時間から逆算すれば、萩を回る時間は2時間しかありません。
P1130512.jpg

 無理w
P1130519.jpg

 てな訳で旅館に連絡、チェックインを6時に変更。
P1130520.jpg

 さあ、先ほど西円寺で見た十二脚門は元々大聖院の楼門を移設した門でした。
P1130527.jpg

 てなわけで萩で一番最初に訪れたのは大照院。
P1130530.jpg

 期待もふくらみます!
P1130533.jpg



 鳴門から萩への道のりです。
P1200449.jpg

 そして大照院です。
大照院%%http://maps.google.co.jp/maps?q=34.395419,131.391377+(%E5%A4%A7%E7%85%A7%E9%99%A2)&hl=ja&ie=UTF8&z=16%%34.395419%%131.391377%%16

 長州藩主毛利家墓所、その一です。
P1130535.jpg

 さて、大照院楼門です!! 

 ~ん?
P1130536.jpg

 こ・・・工事中ですか^^;

 無念><
P1130539.jpg

 ま、とりあえず先に進みますか^^;
P1130541.jpg

 拝観料は200円。
img213.jpg

 ここは初代秀就、そして2代目から12代目までの偶数代藩主と婦人のお墓が並んでいます。
P1130542.jpg

 そこでふと疑問に思うのが初代秀就?
P1130543.jpg

 戦国の大大名、父の隆元、祖父の元就が亡くなって家督は輝元が継いだわけですが、関ヶ原の合戦でのあれやこれやいろいろあってw
P1130545.jpg

 萩に大減封されたわけですが、世間では輝元が初代藩主となっています。
P1130546.jpg

 実際、政は輝元が行っていたわけですが体面上は関ヶ原の責任を取って隠居した形になっています。
P1130548.jpg

 よって萩では当時6歳だった秀就が初代とされているようです。
P1130550.jpg

 なるほど~。
P1130551.jpg

 これも国重だそうで、経蔵です。
P1130553.jpg

 ちなみに大照院の名は秀就の法号から来ているそうで、名付けたのは子である2代綱広による命名です。
P1130552.jpg

 そして墓所へ到着。
P1130555.jpg

 灯籠が見えてきました。
P1130561.jpg

 お~。
P1130562.jpg

 墓前です、まずは一つずつに手を合わせていきましょう。
P1130564.jpg

 適当に写真を撮ってしまったためにどれが誰の写真かわからなくなってしまいました^^;
P1130566.jpg

 二つ並んでいるのは夫婦墓だからです。
P1130567.jpg

 たぶん手前から10代、2代、6代、4代、8代が一番向こうで写真が切れて写っていません。
P1130571.jpg

 そしてこの灯籠。
P1130573.jpg

 家臣やゆかりの深い人々により献上されたもので603基あるそうです。
P1130576.jpg

 こちらが初代秀就。
P1130583.jpg

 そして回りに並んでいるのが8人の殉死者のお墓です。
P1130585.jpg

 毎年8月13日は灯籠すべてに迎え火を灯す万燈会が行われます。
P1130596.jpg

 そして15日、萩にあるもう一つの墓所、東光寺にて同じく灯籠に送り火を灯すそうです。
P1130597.jpg

 東光寺は本日、時間があれば訪問する予定です。
P1130598.jpg

 墓所を出て今度は本堂の裏へ回ってみましょう。
P1130599.jpg

 本堂と共に国重の書院です。
P1130600.jpg

 よく見ると大照院の建物はすべて国重になっていました^^;

 赤童子立像です。
P1130604.jpg

 こちらが庫裏。
P1130607.jpg

 わかりにくいですが本堂、書院、庫裏はすべて繋がっています。
P1130609.jpg

 国の重要文化財としては全体的にずいぶん建物が傷んでいたように感じます。
P1130615.jpg

 まあ、だからこそ楼門が修復中だったのでしょう。
P1130616.jpg

 楼門が終われば順次修復されていくと思います。
P1130617.jpg

 さて、この花は何でしょう。トド君どうぞ~
P1130619.jpg

 大照院をぐるりと一周しました。
P1130620.jpg

 少々痛みが目立つ部分がありましたがなかなか見応えがありました。

 さて、それでは萩中心街。

 城下町一体を見て回りましょう!
P1130621.jpg



つづくよん~

スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 山口 大照院 毛利家墓所

コメント

解答ご苦労!

トド君、解答ありがとう~。
さすがホームセンター勤め、元園芸担当(今も?)。
次もまたよろしくです!
今日は夜から九州の旅。
天気は大荒れのようです。
先ほど、乗船予定のフェリー会社へTELしてみましたが現在の所、まだ運休はしていないとのこと。
明日はどうなるでしょう。
高速道路もスタッドレス装着の規制と速度規制が出ているようで、夜になればどうなるか。
さて、到着まで何時間かかるのか。
こんな状態ですがのんびり楽しみながら行きましょう。
多分、雪に阻まれ大変でしょうが臨機応変に行きましょう!
それではよろしくお願いします!

追伸

結構、綺麗にとれてるじゃ~ないですか。
そう言えば、この旅ってけっこう花咲いてて良い感じでしたな~

解答

日本原産ガクアジサイの仲間でヤマアジサイ
と思われます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ