プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:萩・下関、史跡巡りの旅
※お知らせ

現在、ファイル使用量が上限付近まで行っています。
そのため、古い記事より順次画像を縮小しています。
大変見づらいと思いますがご了承ください。

もしよろしければ、別館にてVGAサイズで同じ内容をアップしてますのでそちらもよろしくお願いします。

別館はこちらです
↓↓↓↓
松村博司の旅行ブログ


 萩、最後の訪問地である東光寺。
P1130920.jpg

 黄檗宗と言うことで中国様式のお寺となっています。
P1130923.jpg

 いつもと違う雰囲気に少々感動。
P1130938.jpg

 そして毛利家墓所その2。
P1130970.jpg

 さて、時間は5時。
P1130988.jpg

 宿泊先となる長門湯本へ向かいましょう!
P1140001.jpg



 萩から長門湯本まで移動開始です。
P1230879.jpg

 最初、5時に予約していたチェックインの時間。
P1140004.jpg

 結局、時間が足らなくなり6時に変更してもらいました。

 とはいえ、季節は6月。
P1140006.jpg

 一年で一番日が長い時期。
P1140009.jpg

 7時過ぎまでは明るいので色々回ることも可能なのですが・・・
P1140013.jpg

 さすがにそれをすると到着が8時頃にまでなってしまうので残念ながらあきらめるしかありませんでした。
P1140016.jpg

 今にして思うと初日に下関を回って二日目に萩に行けばよかったかも。
P1140021.jpg

 さて湯本温泉。
P1140023.jpg

 本日宿泊する湯本温泉枕水です。
P1140024.jpg

 地図はこちら。
湯本温泉枕水%%http://maps.google.co.jp/maps?q=34.331206,131.172283+(%E6%B9%AF%E6%9C%AC%E6%B8%A9%E6%B3%89%E6%B2%88%E6%B0%B4)&hl=ja&ie=UTF8&z=17%%34.331206%%131.172283%%17

 話には聞いていたのですが、入り口。
P1140027.jpg

 歩道を通って入ってきます。

 結構ギリギリです^^;

 時間は5時40分、予定より20分ほど早かったですね。
P1140025.jpg

 そしてチェックイン、良くも悪くもトラブルはありませんでしたw
P1140028.jpg

 でお茶のサービス。
P1140029.jpg

 茶請けのこんぺいとうですがすごい久しぶりです。

 部屋はこんな感じ。
P1140033.jpg

 洗面所。
P1140035.jpg

 お風呂は露天風呂に高野槙の桶風呂もあるのでこちらに入ることはないでしょう。
P1140034.jpg

 そして部屋からの風景です。
P1140030.jpg

 まあ、風光明媚というわけではありませんが。
P1140031.jpg

 癒し系?
P1140032.jpg

 美祢線、長門湯本駅に列車が到着。
P1140036.jpg

 そして鯉もいっぱい。
P1140037.jpg

 てなわけで・・・
P1140039.jpg

 とりあえず仮眠!
P1140040.jpg

 そして、7時。

 夕食タイム!
P1140042.jpg

 てっちりにてっさのふぐ料理~、季節はずれですが美味しかったです。

 そして高森牛のミニステーキ・・・忘れててちょっと焼きすぎた^^;
P1140043.jpg

 ふぐの唐揚げに揚げ出し豆腐、そして茶碗蒸しとそば~。
P1140045.jpg

 仕上げはお粥です。
P1140048.jpg

 満足満足~。

 てな訳でお休みなさい~

 ってちょっと待て!

 金子みすず似の仲居さん曰く、9時から源氏ボタル鑑賞のマイクロバスが出るとのこと。

 ぜひ、行こうというわけで眠いのを我慢して夜九時ロビーに集合。

 群生地に出発です。
P1140049.jpg

 そしてこの辺りは国の天然記念物として保護されている地帯。
img219.jpg

 到着してみると辺りは真っ暗。

 目が慣れてくるといましたいました!
img218.jpg

 前も横も下も上も・・・

 一面ホタルの光が!

 光の中に自分がいる、まさにそんな感じ。

 あの辺りにホタルがいる~って感じではありません。

 本当に一面ホタルの光。

 すごい・・・

 あまりのすごさに声を失います。

 写真が撮れないかと挑戦しましたがやはり無理でした。

 この日、ピークの数日前というタイミング。

 また天気が悪かった前後にたまたま出来た無風の曇り。

 月明かりもなく最高のコンディションだったようです。

 源氏ボタルは寿命が尽きる寸前に空高く舞い上がるそうです。

 ですから上から下まで一面ホタルの光に囲まれるなんて普段では絶対にお目にかかれない体験をすることが出来ました。

 いや、マジでメッチャ感動しました!

 そして感動的な時間はあっという間に終了。

 9時半、ホテルに帰還です。
P1140065.jpg


 てなわけで今度こそおやすみなさい!


 つづく・・・

スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 山口 長門湯本 ホテル枕水 源氏蛍原生地

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ