プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:萩・下関、史跡巡りの旅
※お知らせ

現在、ファイル使用量が上限付近まで行っています。
そのため、古い記事より順次画像を縮小しています。
大変見づらいと思いますがご了承ください。

もしよろしければ、別館にてVGAサイズで同じ内容をアップしてますのでそちらもよろしくお願いします。

別館はこちらです
↓↓↓↓
松村博司の旅行ブログ


 安徳天皇西市御陵墓からスタートした本日の旅。
P1140173.jpg

 このまま、平安末期ネタを突き進むのかと思いきや・・・
P1140193.jpg

 再び幕末に逆戻りw
P1140200.jpg

 奇兵隊陣屋跡。
P1140201.jpg

 そしてまたもやお墓参り~^^;
P1140212.jpg

 東行庵に到着です。
P1140213.jpg



 とりあえず、東行庵とはなんぞや?
P1140216.jpg

 と疑問を持つ人はそんなに多くないでしょうが、現実にここにいたので説明しておきます。
P1140217.jpg

 前日からさんざん話題に出ている長州維新志士、奇兵隊創始者の高杉晋作のお墓のあるところです。
P1140218.jpg

 東行は高杉晋作の号。
P1140219.jpg

 自ら付けたといわれるこの東行は西行法師にちなんだ物だといわれます。
P1140220.jpg

 西へ行く人を慕いて東行く 心の底で神や知るらむ
P1140221.jpg

 この西へ行く人は西行から取ったものだそうです。
P1140225.jpg

 私はこれを見たとき、
P1140226.jpg

 西へ行く
P1140227.jpg

 つまり海外へ行く人。
P1140230.jpg

 松陰の弟子であった晋作が海外を思い自由に行き来できる世の中を思って東へ。
P1140232.jpg

 新しい世を作るための戦いのために東へ行く。
P1140233.jpg

 そういう意味に取りました。
P1140234.jpg

 どうやら違うようで^^;
P1140236.jpg

 てなわけで高杉晋作の墓に到着です。
P1140237.jpg

 享年27歳。
P1140239.jpg

 肺結核で療養中、大政奉還の直前でした。
P1140242.jpg

 京都の旅でお参りした霊山護国神社の墓、念願叶って高杉晋作本物のお墓をお参りすることが出来ました。
P1140247.jpg

 お隣にあるのは福田公明の墓。
P1140241.jpg

 奇兵隊の参謀だった人で高杉晋作の隣に墓があるのは本人の遺言だそうです。
P1140248.jpg

 そして木戸孝允、井上馨、伊藤博文寄進の燈篭。
P1140238.jpg

 それぞれ名前を変えているところがポイントですがどうポイントなのか私にはわかりませんw
P1140246.jpg

 意外と見所満載の東行庵。

 次回はは奇兵隊員のお墓参りと東行庵、東行記念館を見学していきます~。


 てな訳で短めにつづく~^^;

スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 山口 下関 東行庵 高杉晋作像 高杉晋作墓

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ