プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:萩・下関、史跡巡りの旅
※お知らせ

現在、ファイル使用量が上限付近まで行っています。
そのため、古い記事より順次画像を縮小しています。
大変見づらいと思いますがご了承ください。

もしよろしければ、別館にてVGAサイズで同じ内容をアップしてますのでそちらもよろしくお願いします。

別館はこちらです
↓↓↓↓
松村博司の旅行ブログ


 時間は2時前。
P1140654.jpg

 みもすそ川公園を通り過ぎてしまった私たちは赤間神社に到着。
P1140658.jpg

 平家七盛もちをとりあえず食って、お食事処を探しさまよう私とトド君。
P1140663.jpg

 で、見つけた唐戸市場。
P1140673.jpg

 市場食堂よしで生うに定食を食い・・・
P1140677.jpg

 ついでに屋台でにぎりを食って・・・
P1140678.jpg

 てか食い過ぎだろw
P1140679.jpg



 てなわけで赤間神宮です。
P1140692.jpg

 地図はこれ。
赤間神宮%%http://maps.google.co.jp/maps?q=33.959756,130.948558+(%E8%B5%A4%E9%96%93%E7%A5%9E%E5%AE%AE)&hl=ja&ie=UTF8&z=17%%33.959756%%130.948558%%17

 インパクトがありますね。
P1140698.jpg

 竜宮城をイメージして昭和33年に作られたそうですが世界で唯一の竜宮造りと呼ばれるそうです。
P1140699.jpg

 世界で唯一・・・そりゃそうだろ^^;
P1140701.jpg

 こちらは水天閣。
P1140702.jpg

 で、奥が披露宴会場などに使われる竜宮殿。
P1140703.jpg

 なんだか、あまり神社っぽくありませんね。
P1140705.jpg

 しかもここで思わぬ事態発生。
P1140708.jpg

 ドキュメンタリーの撮影でしょうか、テレビ局の撮影クルーと遭遇^^;
P1140707.jpg

 この赤間神宮ではさして影響はなかったのですが、この後私たちは散々な目に遭うことになります。
P1140709.jpg

 てか観光客の集まる日曜日なんかになにやってんだか・・・
P1140712.jpg

 ちなみに巫女さん達の後の建物が大安殿。
P1140713.jpg

 そして内拝殿。
P1140710.jpg

 で、その奥に本殿があるのですがちょっと見えませんね。

 水を張っているのが特徴、竜宮城をイメージしているのでしょうか。

 回り込めば見えるんでしょうが、家に帰って資料を見るまでこの建物が本殿だと思ってました^^;
P1140714.jpg

 今度は平家塚へ行ってみましょう。
P1140715.jpg

 いきなり雰囲気が変わりました。
P1140718.jpg

 華やかな拝殿周辺からほんの数メートルなのですがなんだか空気が違います。
P1140719.jpg

 平家一門の墓、七盛塚です。
P1140736.jpg

 壇ノ浦で戦死した平家一門を祀っています。
P1140722.jpg

 耳なし芳一の伝承地としても有名な場所です。
P1140723.jpg

 しかし・・・花とか線香じゃなくて塩を盛ってるってどうよ^^;
P1140724.jpg

 お墓の並びです。
P1140735.jpg

 そして、これが芳一堂です。
P1140737.jpg

 盲目琵琶法師の芳一が平家の亡霊に連れて行かれそうになるのを防ぐため、全身にお経を書いたのですが耳にだけ書き忘れたため、耳だけ引きちぎって持って行かれたという怪談話です。
P1140732.jpg

 神社なのにお坊さん? ということで明治までは阿弥陀寺という名のお寺でしたが道国教化の影響で赤間神宮となりました。
P1140734.jpg

 さすがに天皇陵があるのにお寺ではまずかろうということでしょうが、その名のなごりで阿弥陀寺陵という形で残っています。
P1140739.jpg

 そしてこの後、すぐ隣にある宝物館へ。
P1140740.jpg

 入場料は100円、撮影禁止でした。
P1140742.jpg

 平家や源平合戦に関する物がいろいろと展示されていました。
P1140743.jpg

 珍しい物は特に無かったように思います。
P1140744.jpg

 安徳天皇縁起絵図や長門本・平家物語も複製でしたし。
P1140745.jpg

 最後に安徳天皇陵へやってきました。
P1140749.jpg

 陵墓ということで、貧乏旅行としてブログを始めてからは白峯御陵以来、二カ所目となります。
P1140752.jpg

 「浪の下にも都の候ぞ」と二位尼、平時子に言い聞かされ抱きかかえながらわずか8歳で入水、崩御した安徳天皇。
P1140750.jpg

 これにより栄華を極めた平家は滅亡し、源頼朝による本格的な武家社会に突入していきます。
P1140751.jpg

 海の下に都があるからと言い聞かされて入水した安徳天皇は今、竜宮城を摸して作られた赤間神宮で静かに眠っているのでしょうか。
P1140757.jpg


 つづく・・・
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 山口 下関 赤間神宮 阿弥陀寺陵

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ