プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:龍野・加古川の旅
※お知らせ

現在、ファイル使用量が上限付近まで行っています。
そのため、古い記事より順次画像を縮小しています。
大変見づらいと思いますがご了承ください。

もしよろしければ、別館にてVGAサイズで同じ内容をアップしてますのでそちらもよろしくお願いします。

別館はこちらです
↓↓↓↓
松村博司の旅行ブログ


 播磨灘の海岸線から一気に北上。
P1160538_1.jpg

 この旅、本来の目的地。
P1160553_1.jpg

 龍野に到着です。
P1160556_1.jpg

 てなわけで一年前に行くことができなかった龍野城。
P1160582_1.jpg

 ついに入城です。
P1160591_1.jpg



 二時半過ぎ、龍野城本丸御殿に到着です。
P1160593.jpg

 龍野城の地図はこちら。
龍野城%%http://maps.google.co.jp/maps?q=34.868796,134.544837+(%E9%BE%8D%E9%87%8E%E5%9F%8E)&hl=ja&ie=UTF8&z=17%%34.868796%%134.544837%%17

 本丸御殿は木造再建です。
P1160594.jpg

 このお城、前回紹介したとおり後ろの山に旧龍野城がありました。
P1160595.jpg

 本多政朝が5万石で入封したのをきっかけに麓に移設して平山城となりました。
P1160596.jpg

 1672年、脇坂安政が5万3千石で入封してから、城は再建。
P1160597.jpg

 山城部分は機能を失い、現在の形になったそうです。
P1160598.jpg

 で、この本丸御殿は1979年に再建されました。
P1160604.jpg

 でもやっぱり五万石だなって感じる小さなお城ですね。
P1160605.jpg

 どう考えても長府屋敷の方が大きかった^^;
P1160608.jpg

 櫓門が本丸御殿内から見えています。
P1160606.jpg

 後で行ってみましょう。
P1160609.jpg

 しかし1979年といえば約30年前。
P1160611.jpg

 その割にすごくきれいですね。
P1160612.jpg

 この部屋の障壁画は龍野といえばうすくち醤油!
P1160615.jpg

 ・・・のヒガシマル醤油さんの寄贈だそうです。
P1160618.jpg

 脇坂老中時代の豪華さを再現しているとのこと。
P1160620.jpg

 そしてオーパーツ発見! ステンレス流し台と蛇口ですw
P1160625.jpg

 馬鹿言ってないで先に進みましょう・・・
P1160626.jpg

 センセー、読めませーん><
P1160627.jpg

 それにしても築30年とは思えませんね。
P1160628.jpg

 もっと新しいかと思ってましたけど、驚きです。
P1160629.jpg

 窓から見える風景。
P1160631.jpg

 正面側はガランと広場になっているのですが、裏手は結構渋い感じです。
P1160632.jpg

 こぢんまりしているなりにいい雰囲気を醸し出しています。
P1160633.jpg

 そして本丸御殿脱出。
P1160635.jpg

 せっかくなので資料館の方へ行ってみましょう。
P1160636.jpg

 途中、駐車場を発見。
P1160638.jpg

 これだったらわざわざ遠い観光駐車場に止める必要はなかったですね^^;
P1160645.jpg

 そしてこれが資料館。
P1160641.jpg

 なぜか石棺が並んでいました。
P1160643.jpg

 ここ、元々古墳だったようで4世紀前半のもの。
P1160644.jpg

 中からは埋葬された人骨が発掘されたそうです。

 で、資料館へ突入。

 入場料は300円。

 内容は原始時代から近世までの龍野にまつわる資料の展示。

 よくある内容ですが、このあたりは弥生時代の住居跡や関連遺跡が出土しているんですね。

 ちょっと興味w

 近くにあるようですし、時間があったらよってみましょう。

 てなわけで撮影禁止だった資料館を脱出。

 櫓門へ!
P1160647.jpg

 本来の入り口はこっちのようですね。
P1160648.jpg

 門跡って再建されると、本当に見栄えがいいですね。
P1160649.jpg

 元々石垣の上に建物を建てていたのだから再建すれば見栄えがよくなるのは当然なんですがね^^;
P1160650.jpg


 さーて、これにて龍野城終了。

 駐車場へ戻りましょう!


 つづく><

スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 播磨 龍野城 龍野 龍野歴史文化資料館

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ