プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:龍野・加古川の旅
※お知らせ

現在、ファイル使用量が上限付近まで行っています。
そのため、古い記事より順次画像を縮小しています。
大変見づらいと思いますがご了承ください。

もしよろしければ、別館にてVGAサイズで同じ内容をアップしてますのでそちらもよろしくお願いします。

別館はこちらです
↓↓↓↓
松村博司の旅行ブログ


 龍野城本丸御殿!
P1160593.jpg

 中は無料で見学可。
P1160612.jpg

 再建された櫓門もあります。
P1160649.jpg

 そして隣接の資料館。
P1160641.jpg

 ここで見つけた観光案内の冊子によってこの後の予定が決定することになりました^^;
P1160650.jpg



 龍野城を出た私たちは再び駐車場まで歩いて戻ることに。
P1160652.jpg

 5万石ということで町自体もこぢんまりとしています。
P1160656.jpg

 播磨の小京都。
P1160659.jpg

 いろいろ思うところはありますが、きちんと整備された清潔感のある町並みになっています。
P1160662.jpg

 散歩するのも結構楽しいですね。
P1160669_20090624201013.jpg

 薄口しょうゆ饅頭・・・食ってみたいけど閉まってた?
P1160660.jpg

 そしてここは赤とんぼの町、詩人三木露風の生誕地でもあります。
P1160663.jpg

 こんなとこにも。
P1160666.jpg

 薄口しょうゆの代名詞、ヒガシマル醤油の工場です。
P1160665.jpg

 学生時代、一人暮らしを始めたばかりの頃、ふつうの醤油と間違えて買ってしまい、よくわからずに料理に使って大失敗した経験があり、それ以来自分では決して使わない調味料となってしまいました^^;
P1160670.jpg

 すげぇ、ちゃんと機能しているみたいです。
P1160671.jpg

 で、どこかで見たような風景が見えてきました。
P1160676.jpg

 スタート地点にようやく到着。
P1160677.jpg

 駐車場のそばにあった自販機でコーヒーを補充し再び出発。
P1160679.jpg

 当初の予定ではこの後、觜崎磨崖仏を見に行く予定でした。
P1160680.jpg

 しかし、穴が開くくらい地図をチェックし、googleやYahoo!の航空写真地図で何度チェックしても周辺に車を止められそうな場所は無し。
P1160681.jpg

 一か八か、行くだけ行ってみる予定だったのですが・・・
P1160682.jpg

 あの山の麓あたりに石仏があるそうです。
P1160683.jpg

 てか、山に縦の白い岩の筋が見えますが、これ国の天然記念物の觜崎の屏風岩です。
P1160684.jpg

 それに気がついてあわてて写真を撮ったのですがかろうじて写っていました^^;

 で、石仏があそこにあるのがわかっていながら、そのままスルーです。

 実は龍野城の資料館に並べてあった観光案内の小冊子を節操もなくもらいまくっていたのですが、その中に気になるものが。
P1160685.jpg

 それが新宮宮内遺跡です。
P1160686.jpg

 本当は野見宿禰神社や龍野神社にも行ってみる予定だったんですがね。
P1160687.jpg

 思わぬ予定変更でした。

 そして到着。
P1160688.jpg

 新宮宮内遺跡です。
新宮宮内遺跡%%http://maps.google.co.jp/maps?q=34.923572,134.545944+(%E6%96%B0%E5%AE%AE%E5%AE%AE%E5%86%85%E9%81%BA%E8%B7%A1)&hl=ja&ie=UTF8&z=14%%34.923572%%134.545944%%14

 ここまでのルート。
P1230939.jpg

 この遺跡、何かといいますと弥生時代の集落遺跡です。
P1160690.jpg

 これだけ見ると大変わかりにくいですね^^;
P1160691.jpg

 とりあえず弥生時代の竪穴式住居跡の復元です。
P1160692.jpg

 ぐるりと周りを溝が掘ってあるんですよね、わかりにくいですけど。
P1160694.jpg

 甕棺が多数発見されたのかな?
P1160696.jpg

 現地にいると立体的で結構わかりやすかったんですが、写真で見ると平面的でわかりにくいですね。
P1160700.jpg

 土盛りをしているところから甕棺が発見されたようです。
P1160701.jpg

 そしてこの遺跡の一番の見所かもしれません、弥生戦士の墓です。
P1160703.jpg

 19もの石鏃を打ち込まれてなくなった人のお墓と言うことでその様子が上のように保存されていました。

 そしてこちらは国内最大級の弥生時代の円憤です。
P1160708.jpg

 先ほどからちらちらと写真に写っていたやつです。

 あとはこんなのとか。
P1160712.jpg

 ようわかりませんな・・・^^;
P1160713.jpg

 てなわけですぐそばにある埋蔵文化財センターへ。
P1160718.jpg

 地図はこちら、本当にすぐそばですが車では大回りしなければなりません^^;
たつの市立埋蔵文化財センター%%http://maps.google.co.jp/maps?q=34.926255,134.547865+(%E3%81%9F%E3%81%A4%E3%81%AE%E5%B8%82%E7%AB%8B%E5%9F%8B%E8%94%B5%E6%96%87%E5%8C%96%E8%B2%A1%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC)&hl=ja&ie=UTF8&z=17%%34.926255%%134.547865%%17

 ここは新宮宮内遺跡発掘された品々を展示しています。
P1160719.jpg

 で、その中心にあるのがこのディオラマ。
P1160721.jpg

 先ほど見てきた遺跡の後がなるほどよくわかります。
P1160722.jpg

 そしてこの日は特別展示期間として播磨の中世山城城郭の再現というのをやっていました。
P1160723.jpg

 遺跡だけを見ただけでは今ひとつわからなかったのですが、先に遺跡をざっと見て、ここに来てみると、なるほどとてもよくわかります。
P1160724.jpg

 なかなか最後に楽しい場所に来ました。
P1160725.jpg

 てなわけでこれがきっかけで正月の九州の旅で吉野ヶ里遺跡に行くことが決定したのはここだけの話・・・

 時間は4時30分。

 もう少し寄りたいところがあるのでそこに行ってみましょう!

 
 つづく・・・
 
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 播磨 新宮宮内遺跡 龍野 新宮 たつの市立埋蔵文化財センター

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ