プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:有明一周・正月の旅
※お知らせ

現在、ファイル使用量が上限付近まで行っています。
そのため、古い記事より順次画像を縮小しています。
大変見づらいと思いますがご了承ください。

もしよろしければ、別館にてVGAサイズで同じ内容をアップしてますのでそちらもよろしくお願いします。

別館はこちらです
↓↓↓↓
松村博司の旅行ブログ


 天草・島原の乱。
P1210709.jpg

 島原南部、そして天草諸島のほとんどの農民が参加したと言われる一揆。
P1210710.jpg

 三ヶ月の篭城の末、12万人以上の幕府軍による総攻撃で3万7千人いた一揆軍は女子供を問わず、皆殺しにされました。
P1210729.jpg

 結果として二つの地域では乱後、住民がいなくなり廃墟になったそうです。
P1210740.jpg

 その最後の戦いの場となった原城。
P1210717.jpg

 今なお、発掘調査では犠牲となった多くの人々の遺骨が大量に出てくるそうです。
P1210723.jpg



 原城を離脱した私たち。
P1210765.jpg

 時間はすでに4時を過ぎています。
P1210766.jpg

 もし時間があれば最後に天草・島原の乱のきっかけになったともいえる島原城に行きたかったのですが、時間的にどう考えても厳しいのであきらめることにしました。
P1210767.jpg

 島原城は明日の朝、立ち寄ることにします。
P1210768.jpg

 で、旅館の予約も5時ですし、夜中ぶっ通しで走り極寒の中で1時間ほど仮眠を取っただけなので、早めに旅館に入ってゆっくり休むことにしましょう。
P1210769.jpg

 と、その前に一カ所だけ休憩に寄ることにしましょう。
P1210770.jpg

 もう少し早ければ、お昼はここでと思ってた場所ですが、旅館は目前ですしお腹いっぱいごちそうを食べたいので、軽く休憩のみでおやつも無し。
P1210771.jpg

 てなわけで4時30分。
P1210772.jpg

 道の駅「みずなし本陣ふかえ」の駐車場にてレガシィと平成新山のツーショットです。
P1210773.jpg

 地図はこれ。
みずなし本陣ふかえ%%http://map.google.co.jp/maps?q=32.739588,130.367380+(%E3%81%BF%E3%81%9A%E3%81%AA%E3%81%97%E6%9C%AC%E9%99%A3%E3%81%B5%E3%81%8B%E3%81%88)&hl=ja&ie=UTF8&z=15%%32.739588%%130.367380%%15

 原城からのルートです。
P1310577.jpg

 ここに来てずっと雲の傘に隠れていた平成新山が姿を現してくれました。
P1210774.jpg

 去年、高千穂の旅で熊本に寄った際は、大雨のため全く見ることができませんでした。
P1210778.jpg

 そして今年は大雪のため見れないと思っていたのですが、きれいに雪化粧の平成新山をここに来てやっと見ることができました。
P1210791.jpg

 ちょっと雲が気になりますが。
P1210793.jpg

 てなわけで、考えてみると本日まともに営業している場所としては熊本北SA以来のような気がします^^;
P1210797.jpg

 で、ここに寄ったのは食事をするためでもつまみ食いをするためでもありません。
P1210798.jpg

 島原に来てもう一つ、見ておかなければならない物があります。
P1210800.jpg

 それは雲仙普賢岳噴火に伴う、被災地の爪痕。
P1210801.jpg

 ここには噴火後、平成4年8月に発生した土石流で被災した家屋をそのまま保存している公園でもあり、これがここに訪れた本来の目的地というわけです。
P1210802.jpg

 平成2年11月、198年ぶりに噴火をした雲仙普賢岳は平成3年5月に初めての土石流が発生して以来、平成6年までに繰り返し火砕流と土石流が発生して、この辺り一帯はすべてを押し流されたような状態でした。
P1210804.jpg

 平成3年6月3日、死者行方不明者43人を出した大火砕流の映像は今でも心に焼き付いてます。
P1210805.jpg

 そして時は流れ平成20年1月1日。
P1210806.jpg

 島原の乱の史跡を回る目的とは別に、復興した島原の今を見てみたかったという、この二つの理由が2年連続九州の旅、そして他にもいろいろ行きたいところがあったにもかかわらずこの地を選んだのでした。
P1210808.jpg

 先ほどは屋外の被災家屋を見て回りましたが、今度はドーム内の被災家屋を見ていきましょう。
P1210810.jpg

 この災害は、今更私が説明する必要がないでしょう。
P1210812.jpg

 長期間にわたり、繰り返し発生した火砕流と土石流は町を飲み込んでしまい、島原はしばしば孤立状態になったそうです。
P1210816.jpg

 経済は麻痺し、多くの住民がこの地から離れてしまい人口も激減したそうです。
P1210819.jpg

 私たちは先ほど、一揆を起こし皆殺しにされてしまったために人口が激減してしまったという原城を見てきました。
P1210820.jpg

 約400年前の出来事です。
P1210821.jpg

 そして今度は自然災害により、住む所を流され、職場を流され、生活の場を破壊されてしまったためにこの地を去らなければならなくなった多くの人々がいたということ。
P1210823.jpg

 実はそのちょうど中間地点である200年前。
P1210824.jpg

 島原大変により1万5千人の人たちが亡くなり町は土砂に埋もれ、津波に流された日本噴火災害史上最大の被害がでたそうです。
P1210825.jpg

 それにしてもなんで、こうも続くんでしょうか。
P1210827.jpg

 こうやってこの地で起きたことを見聞きして、実感します。
P1210829.jpg

 私は岡山市の住民ですが、いかにこの土地が恵まれた場所だったかということを。
P1210830.jpg

 子供の頃、台風が来ても岡山だけは避けて、警報もでずに学校が休みにもならずに他県がうらやましいなんて思ったこともありました。
P1210832.jpg

 しかし、これを見て同じ事がいえるでしょうかね?
P1210833.jpg

 この旅、初日で人間の恐ろしさというか狂気というか嫌と言うほど見てきました。
P1210835.jpg

 そして、本日旅の締めくくりは、
P1210836.jpg

 それでも自然の力というか、恐ろしさというか、どんなに権力を持って力をふるっても、やっぱり自然の前では無力なんだと実感させられます。
P1210838.jpg

 しかし、これは災害のほんの一部に過ぎません。
P1210840.jpg

 翌日、私たちはこの大災害がいったいどのように町を変貌させたかというのを直接この目で見ることになります。
P1210846.jpg

 その話題はまた明日と言うことで。
P1210847.jpg

 なんだかんだといいながらすでに5時になろうとしています。
P1210851.jpg

 考えてみれば私たちはまだお昼ご飯を食べていません。
P1210852.jpg

 とってもお腹が空きました。
P1210853.jpg

 てなわけで旅館へ向かいましょう!
P1210859.jpg


 つづく~
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 九州 島原 みずなし本陣ふかえ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ