プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:春吉野・千本桜一人旅
吉野山に到着しました。
P1240206.jpg

 最初に向かったのは登はじめてすぐの場所。
P1240212.jpg

 吉野神宮です。
P1240219.jpg

 後醍醐天皇を祀る神社です。
P1240232.jpg

 そしてここが吉野でなければおそらくこれだけで充分満足したでしょう。
P1240214.jpg

 見事な桜です。
P1240215.jpg

 この先楽しみになってきました。
P1240243.jpg


 驚くべき事に下千本駐車場に到着した私を待ち受けていたのは満車直前の駐車場。
下千本駐車場%%http://maps.google.co.jp/maps?q=34.374860,135.851740+(%E4%B8%8B%E5%8D%83%E6%9C%AC%E9%A7%90%E8%BB%8A%E5%A0%B4)&hl=ja&ie=UTF8&z=15%%34.374860%%135.851740%%15

 舗装された正規駐車場はすでに満車で私の車は未舗装の臨時駐車場に誘導されました。
P1240255.jpg

 そこも後数台駐車すれば満車。
P1240256.jpg

 てか、現在9時。
P1240268.jpg

 ここに来るまでにほとんど車を見ませんでした。

 どっからわいてきたんだよ、この車達は^^;

 とりあえず気を取り直して村上義光の墓へ行くことにします。
P1240259.jpg

 下千本駐車場からは歩いて数分、すぐの所にあります。
P1240262.jpg

 護良親王の家臣で鎌倉後期の武将です。
P1240261.jpg

 護良親王を逃がすため、自らが親王と名乗り自害しました。
P1240263.jpg

 その首級が捨てられていたのがこの辺り。
P1240266.jpg

 そしてそれを哀れに思った里人が葬ったのがこの墓と言われています。
P1240264.jpg

 里人は親王だと思って葬ったのだとか。
P1240265.jpg

 手を合わせ写真を撮った後、再び駐車場方面へ戻ります。
P1240269.jpg

 で、この駐車場から南、吉野山を登っていく方角は現在歩行者天国になっていて車では行けなくなっていました^^;
P1240267.jpg

 車で移動しながら奥千本まで行く野望が・・・
P1240271.jpg

 松村、スタート5分で夢やぶれる・・・無念><
P1240272.jpg

 とりあえず、行けるとこまで行って時間を見ながら適当なところでUターンすることにしましょう。
P1240273.jpg

 さすがに下千本から奥千本、地図を見ても歩いていくのは無理っぽい^^;
P1240270.jpg

 しかし下千本というわりには桜がありません^^;
P1240282.jpg

 事前調査では散り始めと言うことで桜吹雪が見えるかと思っていたのですが^^;
P1240283.jpg

 葉桜ばっかりなんですよね^^;
P1240284.jpg

 なんて思ってテクテク歩いていると、左手に並んでいた建物が切れて景色が見渡せる場所に出てきました。
P1240285.jpg

 山が白い・・・いやピンク?
P1240274.jpg

 デジカメを構えて望遠してみると・・・全部桜?
P1240276.jpg

 山の色が違う・・・
P1240279.jpg

 すごい、なんじゃこりゃ^^;
P1240291.jpg

 ほとんど散り、葉桜になりかけているのですがそれでもすごい^^;
P1240293.jpg

 しばし圧倒。
P1240296.jpg

 といいつつ、やはりそこは私・・・花より団子ですが屋台は準備中でした;;
P1240288.jpg

 で、ちらちらと建っているこれは句碑?
P1240297.jpg

 こっちにも。
P1240298.jpg

 なるほど、芭蕉ですね。
P1240299.jpg

 ちなみにこの次の旅で松尾芭蕉のお墓参りをしてきましたのでちょうどいいつながりかも。

 本当の目的は義仲だったのですが^^;
P1240301.jpg

 すごい、子供が書いた絵のように華やいでる。
P1240300.jpg

 20分ほど歩いただけで一気に桜が広がってきました。
P1240304.jpg

 でも朝飯食べてないんだよな、お腹空いたな・・・
P1240302.jpg

 そして朱色の欄干を持つ橋を発見。
P1240305.jpg

 吉野三橋の一つ大橋です。
P1240307.jpg

 親王が北条幕府に対して吉野城で立て籠もったのですが、この橋はその城の空堀に掛かっていたそうですが現在は見ての通りコンクリにアスファルトの橋になっています。
P1240308.jpg

 まあ、当然ですね。

 こちらはケーブル乗り場、吉野山駅です。
P1240310.jpg

 本当はこれに乗りたかったのですが、ここから乗っても下って吉野駅に降りるだけです。

 吉野駅に降りようかとも思っていたのですが、先ほど写真にちらりと写っていた七曲がりを歩いてくだらなければならないと考えたら、その瞬間乗るのをやめました><

 だめじゃん;;

 そして黒門までやってきました。
P1240312.jpg

 金峯山寺の総門です。
P1240313.jpg

 さあ、ここから本格的に吉野だって感じですね。
P1240314.jpg

 そして今度は銅の鳥居です。
P1240317.jpg

 室町時代の再建で国重文です。
P1240318.jpg

 そして日本三鳥居の一つにもなっています。
P1240319.jpg

 鳥居を抜けると行者堂。
P1240320.jpg

 そして風情ある土産ロードが続きます。
P1240322.jpg

 そして、きたキタ来た~
P1240323.jpg

 金峯山寺の国宝、仁王門・・・でけぇ・・・
P1240324.jpg


 つづく・・・
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 吉野山 村上義光墓

コメント

simple-pさん、いらっしゃいませ。
書き込みありがとうございます。
>日本の美しいところがいつまでも
>あるといいなあ・・
そうですね。
そのためにも、私たちビジターもやるべき事、できることがあるんでしょうね。
>写真、すばらしいです。
ありがとうございます。
そういっていただけるととてもうれしいです。

美しい日本

静謐と謹厳とさくら
日本の美しいところがいつまでも
あるといいなあ・・
写真、すばらしいです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ