プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:東海・中山道、上洛の旅
 いよいよ始まったGW、上洛の旅。
P1250741.jpg

 最初の目的地、法蔵寺に到着です。
P1250750.jpg

 徳川家康が人質生活の前、幼少の頃に勉学に励んだ寺。
P1250757.jpg

 そして家康の父、広忠のお墓のあるお寺ですが。
P1250761.jpg

 が、実はお墓参りを忘れていました。
P1250771.jpg

 その理由がこれ・・・
P1250776.jpg

 新撰組局長、近藤勇首塚です。
P1250774.jpg

 井の中の蛙大海を知らず、されど空の高さ知る!
P1250768.jpg

 上洛の旅、いきなり幕末からスタートですw
P1250766.jpg


 法蔵寺を後にして次に到着したのは滝山寺。
P1250825.jpg

 地図。
滝山寺駐車場%%http://maps.google.co.jp/maps?q=34.987227,137.206009+(%E6%BB%9D%E5%B1%B1%E5%AF%BA%E9%A7%90%E8%BB%8A%E5%A0%B4)&hl=ja&ie=UTF8&z=17%%34.987227%%137.206009%%17

 そして、ここまでのルートです。
P1320708.jpg

 朝、6時半。
P1250826.jpg

 もちろん宝物館は開いていませんし、これでインターホンを押せばただの嫌がらせでしょう。
P1250830.jpg

 それを理解した上で早朝に来ているのでサクッと先へ進みましょう。
P1250831.jpg

 宝物館は少し離れた場所にあるのですが、先ほどやってきた道路までいったん降りて、少し戻ります。
P1250832.jpg

 すぐそばには川が流れていて、沢音が辺り一面を包み静かな朝を演出していました。
P1250834.jpg

 そしてバス停留所。
P1250835.jpg

 我が家の前も知らないうちに電光板になってしまい、こういうのを見るとなんだか逆に新鮮に感じます。
P1250836.jpg

 正面入り口に到着です。
P1250837.jpg

 それでは階段を上って本堂を目指しましょう。
P1250839.jpg

 この滝山寺。
P1250840.jpg

 天武天皇の命で役小角の創建です。
P1250845.jpg

 吉野では使役したと伝わる鬼神、前鬼後鬼より厳つい顔の銅像が並んでいた役行者ですが残念ながら、ここでは見ることができませんでした。
P1250847.jpg

 浅野長直寄贈、忠臣蔵で有名な浅野内匠頭の祖父です^^;
P1250848.jpg

 そして本堂。
P1250851.jpg

 これはまた、きれいな本堂ですね。
P1250854.jpg

 檜皮葺の美しい建物ですが国重文に指定されています。
P1250857.jpg

 とりあえず、お参りお参り・・・
P1250867.jpg

 本堂の左手に鬼塚と書かれた不思議な場所を発見しました。
P1250858.jpg

 この滝山寺は県の有形文化財に指定されている鬼祭りが有名です。
P1250859.jpg

 厄年の男達が鬼の面をかぶって逃げ回るという物ですが昔、浄めを行わずに面をかぶって祭りに参加した男二人が、祭りが終わっても面が取れずそのまま死んでしまい、哀れに思った人々がその場所に埋めて祀ったと言われるのが鬼塚だそうです。

 本来は5つの面があったそうですが、そんな事情から現在では3つしかないとのこと・・・

 そして五代将軍綱吉が寄贈した鐘。
P1250863.jpg

 本堂の右脇には滝山東照宮がありますので、そっちに行ってみましょう。
P1250868.jpg

 一時は日光、久能山と並んで三大東照宮と言われた時代もありましたが明治の神仏分離のあおりを受け、無格社にまで社格を落とすことになります。
P1250871.jpg

 現在では社殿鳥居など5つが国重文に指定されています。
P1250873.jpg

 昭和44年に復元・修理が行われているため、社殿も色鮮やかに残っています。
P1250874.jpg

 鮮やかですね。
P1250876.jpg

 こちらが本殿。
P1250880.jpg

 近くへ行くことはできないので遠目からしか見られないのが残念ですが。
P1250882.jpg

 実際、非常に小さな本殿ですが、東照宮と名乗るだけあって色鮮やかですね。
P1250883.jpg

 実はここでトラブル発生。
P1250884.jpg

 いやな感じの空だったのですが、ついにパラパラと雨が降り始めたのです。

 てなわけで離脱!
P1250885.jpg

 雨は小雨のまま、すぐにやんだので事なきを得ましたが、一時はどうなることかと思いました^^;

 さて、登ってきた正面の階段とは反対側にある車道を降りていくと、先ほどの宝物館を発見。
P1250892.jpg

 駐車場まで戻ってきました。
P1250893.jpg

 そして車で数分移動すると・・・
P1250895.jpg

 バス停に到着! ではなくw
P1250896.jpg

 滝仁王門に到着です。
P1250897.jpg

 滝山寺から少し離れたところにある三門です。
P1250904.jpg

 岡崎市最古の建物でここも国重文。
P1250906.jpg

 実は行きがけに見かけていたので後から寄る予定でした。
P1250912.jpg

 楼門のそばにある塚は藤原光延の墓と言われます。
P1250910.jpg

 工事にあたり、垂木を逆さに打ったのを恥じて自殺したとの伝承があります。
P1250899.jpg

 てなわけでさっそく見上げるも・・・
P1250900.jpg

 どれよ^^;
P1250901.jpg

 わかったのはあまのじゃくが頑張っていると言うことぐらいです^^;。
P1250898.jpg

 てなわけで次へ向かいましょうw
P1250915.jpg

 結局どれだよ・・・


 つづく~><
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 岡崎 滝山寺 滝山東照宮

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ