プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:東海・中山道、上洛の旅
 早朝神社仏閣参り、最後の訪問地。
P1260060.jpg

 六所神社に到着です。
P1260064.jpg

 華やかな装飾を施された社殿。
P1260080.jpg

 そして、やはり岡崎は門がいい!
P1260075.jpg

 とはいえ安産に御利益があるとわかり・・・
P1260068.jpg

 独り身の私には縁遠い神社であると感じ、その場を後にするのでした^^;
P1260087.jpg


 はい、てな訳で岡崎城です。
P1260117.jpg

 昨日の更新で地図などを載せていなかったのでここで。
岡崎城%%http://maps.google.co.jp/maps?q=34.956311,137.158806+(%E5%B2%A1%E5%B4%8E%E5%9F%8E)&hl=ja&ie=UTF8&z=16%%34.956311%%137.158806%%16

 ルートはこれ。
P1320712.jpg

 ちなみに駐車場は1時間100円の上限1日1500円です。
P1260119.jpg

 時間は8時30分、ちょっと早すぎたかな^^;
P1260121.jpg

 発掘調査中、二の丸御殿の井戸跡。
P1260123.jpg

 開店30分前、旅はまだまだこれからですしおみやげはいいや^^;
P1260126.jpg

 こちらは三河武士のやかた、つまりは資料館ですな。
P1260128.jpg

 9時になるのを待って天守閣と資料館を見て・・・
P1260129.jpg

 離脱は何時?
P1260130.jpg

 なんて書いてあるのか読めませんが、これは私にだってわかります。
P1260131.jpg

 鹿角脇立兜に蜻蛉切、そして肩からかけた大数珠、文句なし本多平八郎忠勝ですね。

 てか、ブログに張るために画像を縦にしたら普通に読めた・・・

 こちらもわかります、三方ヶ原の戦で大敗した時、自分への戒めとして書かせたしかみ像が元になった像ですね。
P1260132.jpg

 名前はカンニングしました、徳川家康三方ヶ原戦役画像w

 どんどん奥へ行きましょう。
P1260134.jpg

 能舞台を見つけました。
P1260135.jpg

 翌日に琴の演奏会があるようで準備の真っ最中、入ることはできませんでした。
P1260136.jpg

 なんだか不思議な写真になりました。
P1260137.jpg

 私にとっての岡崎城のイメージは桜の名所ですかね。
P1260138.jpg

 この時は5月の頭、GWのまっただ中なので当然桜のさの字もありません。
P1260139.jpg

 てか、どちら様?
P1260140.jpg

 この方は?
P1260141.jpg

 殿、一大事でござる!
P1260144.jpg

 顔に鳥の糞が・・・殿~!
P1260146.jpg

 花時計ですね。
P1260147.jpg

 旅をしている最中はあまり意識していなかったのですが、跡から写真で見る驚くべき事実が。
P1260148.jpg

 けっこう、花を写真に撮ってるんですよね。
P1260150.jpg

 以外ですね~。
P1260152.jpg

 でも、今の季節花を撮るには一番いいのかな?
P1260155.jpg

 なんて脱線している内に岡崎城天守発見。
P1260154.jpg

 今更説明する必要はないでしょうが岡崎城。
P1260162.jpg

 徳川幕府、初代将軍家康の生まれた場所です。
P1260163.jpg

 そして人質時代、家無き子ならぬ城無き大名として今川の人間にからかわれてた彼が、桶狭間の混乱で空になっていた岡崎城に帰還、今川から独立したした記念すべき場所でもあります。
P1260165.jpg

 実際には人質生活が長く、大名として今川から復帰した後も浜松や駿府を居城としていたため驚くほど、岡崎にいた期間は少ないです。
P1260167.jpg

 私は戦国シミュレーションの信長の野望なんてゲームをいまだに時々やっているので、どうしても家康イコール岡崎ってイメージが定着してしまっていますが^^;
P1260168.jpg

 うっそうとした場所を抜け、突如開けた場所に出ました。
P1260171.jpg

 そして天守閣が見えてきました。
P1260174.jpg

 華がない、地味だなどけっこう言われていますが私はけっこう好きです。
P1260178.jpg

 江戸時代、5万石だったことを考えても、無難な天守閣だと思うのですが。
P1260179.jpg

 正月に見た島原城が異常なだけで^^;
P1260180.jpg

 いや、実際去年マンションの建設現場から石垣が発見され、江戸、大阪、姫路に次ぐ国内4番目の規模だったことがわかりました。
P1260182.jpg

 狸め、太閤が九州征伐しているうちに、せっせと勢力を拡大して守備を固めておったのかw
P1260183.jpg

 家康が秀吉に臣下の礼をとり北条征伐が終わった後、江戸へ転封させた理由がわかるような気がします。
P1260188.jpg

 しかし2本の松が非常に邪魔です・・・
P1260192.jpg

 時間を見ると8時50分。
P1260193.jpg

 ふと考えます。
P1260197.jpg

 この後名古屋城へ行き、時間があれば徳川美術館に行く予定。
P1260198.jpg

 てか、本日のスケジュールの中で一番行きたい場所は文句なしで徳川美術館。
P1260200.jpg

 本物の源氏物語絵巻は見れなくともレプリカは見ることができるでしょうし。
P1260201.jpg

 お宝満載でしょうし。

 岡崎城や三河武士のやかたも蜻蛉切のレプリカや本多忠勝の甲冑もあるそうで楽しみにしていたのですが・・・・悩む><

 岡崎から名古屋は約1時間。

 ならば!

 ここは潔く岡崎公園の資料館類をガッツリパスして名古屋城へ向かうことにしましょう!

 てな訳で岡崎城離脱、いよいよ上洛目指して出陣です!
P1260203.jpg


 つづく~
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 岡崎 岡崎城 徳川家康像 本多忠勝像

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ