プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:東海・中山道、上洛の旅
 本日のメイン。
P1260697.jpg

 犬山城到着。
P1260772.jpg

 丸岡城と共に日本最古と呼ばれる天守閣。
P1260699.jpg

 そして平成16年まで個人所有だったお城です。
P1260692.jpg

 今まで行ったお城の中で一番階段が急でした。
P1260765.jpg

 多くの人がひしめく中、正直怖かったです・・・
P1260735.jpg


 犬山城を脱出した後、もう一つの国宝である如庵を目指して移動を開始。
P1260797.jpg

 イラストマップを見る限りわかりやすそうな場所だったのですが、実際行ってみるとよくわかりません。
P1260798.jpg

 いったり来たりを繰り返し、最後には携帯電話のナビ、EZナビウォークを使用してもやっぱりわからず^^;
P1260799.jpg

 そういえば、犬山城でチケットを購入するときにおじさんが言ってたな。
P1260800.jpg

 ホテルがあるからその中に入っていって、そうすれば入り口があるからって。
P1260801.jpg

 で、そのホテルがこの名鉄犬山ホテル。
P1260802.jpg

 そしてやっと見つけた如庵のある有楽苑の入り口が見えました。
P1260805.jpg

 やれやれです^^;
P1260806.jpg

 地図はこちら。
有楽苑%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.387992,136.941984+(%E7%8A%AC%E5%B1%B1%E5%B8%82%E8%A6%B3%E5%85%89%E9%A7%90%E8%BB%8A%E5%A0%B4)&hl=ja&ie=UTF8&z=18%%35.387992%%136.941984%%17

 拝観受付で頂いた冊子、イラストマップになっています。
img275.jpg

 さて、ここにある如庵は信長の実弟、織田有楽斎により1618年頃に建設された茶室で国宝に指定されています。
P1260808.jpg

 で、面白い事にこの如庵。
P1260811.jpg

 元々は京都にあったものが明治41年に東京に移設されました。
P1260812.jpg

 さらに昭和に入って横浜へ。
P1260814.jpg

 そこから名鉄に買い取られて47年に現在の位置に移されたそうです。
P1260816.jpg

 だから入り口が名鉄ホテルの敷地内な訳ね^^;
P1260817.jpg

 苑内はそれほど敷地面積が広いわけではないはずなのですが、歩いて回ってみるとけっこう時間がかかります。
P1260818.jpg

 写真も後で整理してみると、犬山城の倍以上撮影していました^^;
P1260822.jpg

 似たような写真が多かったのでほとんどボツになってしまいました。
P1260825.jpg

 さて見えてきました。
P1260827.jpg

 国重文、旧正伝院書院です。
P1260830.jpg

 ここに来てわかったのですが、書院と如庵は棟続きになっていたんですね。
P1260832.jpg

 上の写真は書院から如庵を、そして下の写真はその如庵の中です。
P1260835.jpg

 で如庵そのものを撮影したかったのですが、回りの樹木が迫りなかなか建物全体を撮影するだけの距離が取れませんでした。
P1260837.jpg

 ですので、かぶりつきでの撮影です。
P1260838.jpg

 こんな感じで。
P1260839.jpg

 離れて撮影すると・・・樹木が邪魔ですね^^;
P1260840.jpg

 左が書院、右が如庵です。
P1260841.jpg

 と言いながら実はここ、非常に気に入ってたりします。
P1260843.jpg

 徳川園の後だからよけいというのもあるのですが。
P1260847.jpg

 徳川園は庭園の中央に巨大な池があるのですが、結果としてそれが大味な印象をあたえてしまっています。
P1260848.jpg

 雄大なと言えばその通りですし、その辺りは好みになってくるので何ともいえませんが。
P1260849.jpg

 私としては小さくてもいいので、細部までしっかり作り込んでる庭園が好みだったりします。
P1260850.jpg

 そういった意味ではこの有楽苑。
P1260851.jpg

 細かい資料がないのでよくわかりませんが苑自体は比較的新しいものではないかと。
P1260853.jpg

 如庵を誘致してこの犬山に移設するに辺り、日本庭園に整備されたのではないかと勝手に予想するんですがどうでしょう。
P1260854.jpg

 しかし、この庭園は整備が行き届いていて細かいところまで心配りをしているなと印象づける造りになっていました。
P1260855.jpg

 同じような印象を姫路城に隣接している好古園にも感じる事が出来ました。
P1260856.jpg

 好古園は平成になって作られた庭園ですが、とても美しく素晴らしい庭園でした。
P1260857.jpg

 そしてここもいいですね。
P1260858.jpg

 ただ、ちょっと撮影しにくいですね。
P1260859.jpg

 建物と樹木が迫っていてなかなか建物全体を撮影することが出来ません。
P1260862.jpg

 それに歩いて実際に目にすると、とてもいいのですがいざ撮影しようとするとなかなかポイントが見つかりません。
P1260863.jpg

 何なんでしょうか、撮ったらイメージと違うというのはいつもの事なのですがw
P1260864.jpg

 なんだか写真を撮りにくい庭園ですね。
P1260865.jpg

 撮影ポイントが見つけにくいというか。
P1260867.jpg

 とこんな事を書きながら今にして思うと、撮影する上で中心となる部分がなかったように感じます。
P1260869.jpg

 まあ、如庵が中心となるのでしょうが、先ほども言ったように樹木に囲まれ今ひとつですし、国宝といっても見栄えのいい美しい建物でもないですし(失言><)
P1260871.jpg

 てか、無かったのか?
P1260872.jpg

 見つける事が出来なかっただけ?
P1260873.jpg

 時間は2時半を過ぎました。
P1260874.jpg

 深く考えるのはやめて次の場所へ向かいましょう!
P1260876.jpg


 つづく・・・
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 犬山 有楽苑 如庵

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ